« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月28日 (水曜日)

ラッシュカレント(突入電流)対策

DC電源を作る時にRコアやトロイダルコアのトランスで、大きな平滑コンデンサーを入れると突入電流が発生しやすくなる・・・と言われています。
僕はまだ経験していませんが、M3専用の自作電源ではトロイダルトランスと大きな容量の平滑コンデンサーを予定しています。

パワーサーミスターでの対策がありますが、サーミスターの動作原理から、短時間でON-OFF-ONを行った場合、2度めのON時にサーミスターの温度が高いままで突入電流が止められない・・・という弱点があります。

また微小とはいえ常に電源ラインに抵抗が入った状態になります。正直に言えば、信号ラインに入る抵抗で音が変わる・・・なんて感じるような気がしているのに、電源ラインとはいえこれは対策として除外。

やはり遅延回路で突入電流が発生する間は電源ラインに抵抗を直列に入れて電流を制限し、平滑コンデンサーがチャージされた頃合いで抵抗をバイパス(ショート)してあげる方法が一番確実なようです。接点が一個増えますけど・・・・しかたありませんね。

トロイダルトランスではなくてEIコアの普通のトランスにしてもいいのですが、やはりトロイダルトランスの利点も捨てがたいので、突入電流を遅延回路で防ぐようにしようと思います。
ところが、これだけ自作のアンプ(当然電源回路も付いてる)回路があるのに、突入電流防止回路はネットでなかなか見つかりません。

平滑コンデンサーにそんなデカイ容量入れる人には簡単すぎる回路なのかもしれませんし、良く見かけるのはヒューズをデカクした・・・とか、遅延ヒューズに交換した・・・など対策ではなく対処が多いようです。

検索してやっと見つけたのがココ。なんのことはない、以前からチェックしている方のサイトにある回路図にちゃんと突入電流制限回路が入っていました。いままでは増幅回路ばかり見てたから、ぜんぜん気づきませんでした。

続きを読む "ラッシュカレント(突入電流)対策"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月25日 (日曜日)

和真 全視界メガネ

もともと近視で乱視の僕は最近老眼が酷くなり、手元がかなり辛くなってきました。本格的
な老眼対策をしなければ・・・・というのが2009年の目標の一つ。
最近の老眼対策を調べていくと、和真メガネがなかなか面白いメガネを作っています。

全視界メガネというもので特許取得の機構を使ったメガネです。TVCFで「カチャ」って切り換えるのをご覧になった方も多いハズ。
これはなかなか面白い・・・ということで、早速試してみることにしました。近くの和真におじゃまして、先週全視界メガネを作ってきました。

検眼なども非常に丁寧にやってくれて、正直驚きました。今までの検眼って結構いい加減だったんじゃないかなぁ・・・・って思うくらい。価格的な面も含めて満足度は高く、次も和真にしよう・・・と思いました。

で、肝心の特許機構はコレ
Washin
これはメガネのノーズパッドの部分ですが、このように上下に動きます。
普通は固定されて上下には動きません。写真は差異がわかるようにわざと左右の高さを変えていますが、実際の使用時には左右は同時に動かします。

老眼鏡は手元と遠くを如何に自然に切り換えるのかというのが永遠の課題だと思うのですが、この特許機構によって手元だけ見る場合の視野が広くなります。
したがってPC作業や読書などは上にスライドした状態だと、下に視線を落とす姿勢ではなく顔自体を下に向けて作業できるので姿勢が楽になります。

高さを切り換えなくても普通の全視界メガネ。この特許機構を使うと手元作業が今まで以上にラクになる・・・ということで、切り換えないと手元が見えない・・・ということではありません。念のため。

もちろん、普段の生活は通常の位置で充分で、累進屈折力レンズは視野の端の方もかなり自然に矯正してくれます。

続きを読む "和真 全視界メガネ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月24日 (土曜日)

BU2AI 1.8/CW

CQWW160mコンテストに参加していますが、コンディションはいま一つ・・・・のように感じます。もちろん、各局がコールしている局のほんの一部しか聞こえませんので、僕の聞いた感じでは・・・ということです。

ワッチしていたらBU2AI局をキャッチ。近場なんですが、以前から数回チャレンジして未交信なんです。
今回は何度コールしても他に呼ぶ局があって、もってかれてしまいます。

暫くしてから誰もコールせず、QSBの山でコールしてなんとかコールバックをいただきました。コンテストナンバーの交換時に谷に入ってしまいましたが、なんとかQSOできた・・・ように思います。
これで160mで1エンティティー増えました。なにはともあれボウズじゃなくてよかった。

でも、これからお風呂タイムで給湯器ノイズが多くなります・・・・。ノイズの谷間でコンテストするような感じですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

売ります:ASUS AH3650 SILENT/HTDI/512M 5K

Asus_ah3650
Asus_ah3650_set
ASUS AH3650 SILENT/HTDI/512M
仕様  AGP 8X
        VRAM 512MB
        エンジンクロック 725MHz /メモリクロック1 GHz
        デュアルDVI 出力対応
        DirectX10.1対応
        Shader Model4.1対応
        HDCP(著作権保護技術) 対応
付属品 購入時のまま全て付属します(欠品なし)
価格:5K(送料はご負担ください)

購入直後に売りますへ掲載することになった経緯についてはディスプレイカードの故障とトホホな結末をご覧ください。
デュアルDVI出力については動作確認済happy01です。
通常の拡張バス2スロット分のスペースを使いますので、AGPスロットの隣は使えなくなります。ファンレスですので全く音がしません。

購入のご希望・質問はメールでご連絡ください。

売れました。ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月23日 (金曜日)

RSDA302PとLME49710相性バッチリ

昨年暮れにRSDA302Pのライン入力バッファのオペアンプをLME49710に変更しましたが、その結果をご報告。

結論  とってもワイドでしっかりした音がでてきます。

低域も非常にタイトでブーミーになりません。中高域もいいバランスで音がでて、全体的にフラットで広帯域に聞こえます。
艶かしさの点ではOPA627BPに譲りますが、テレビの番組や映画・ドラマというソースを考えるとLME49710の方を好む人の方が多いのではないかと思います。

それにしてもLME49710はエージングに時間かかりますねぇ~。年末の29日から電源入れっぱなし状態ですが「あれ? やっぱいいじゃん」って思ったのは先週です。
ドラマとか映画の効果音には結構重低音が含まれているんですけど、その重低音がいままではちょっとボヤけた感じで聞こえていました。
Rsda302p_49710

続きを読む "RSDA302PとLME49710相性バッチリ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月21日 (水曜日)

BOSE M3 の外部電源

登場と同時にそのサイズからは信じられない低音の再生と、高い解像度でニアフィールドリスニングという新しいジャンルを切り開いたボーズM3。
結構人気商品だったと思いますが、昨年夏の突然の発売中止に「しまった!」と思った方も多かったはず。

そのM3が23日から限定600台で発売再開です。オンラインストアでは10時から発売開始とのことです。
発売が中止になった理由はわかりませんが、米国ではBOSEはハーマンカードン相手に苦戦中のようですからこのチャンスを逃すとM3は手に入らないかもしれません。

BOSE M3は小口径の一発ですし、ニアフィールドですからとっても解像度が高い音を再生してくれます。気合を入れて聴く場合にはいいのですが、ちょっと疲れた時なんかは音が見えすぎてキツイ感じがします。
もうちょっと音が丸くなるといいんだけどなぁ・・・・・ってのが正直な僕のM3評。

んな矛盾していることを・・・・って酷な要求であることは充分承知していますけど、やはり欲がでる程M3はよく出来ているわけです。
アマチュア無線機で言えばFT-817みたいな感じ?
先日、机の下を掃除した時にM3の電源アダプターを良く見てみましたが、少し大きめのDC19V 3Aのスイッチング電源です。

スイッチング電源かぁ・・・・・・

ふと、昨年の実験電源で変調が変わるを思い出しました。そうだsign01BOSE M3も電源で音が変わるのではないか???
19VのDC電源は・・・・・ありません。手元にあるのは無線機用の安定化電源だけ・・・・。電圧を上げても16V程度です。
BOSE M3は乾電池でも使えるようになっています。ということは6Vでも動作可能・・・・なんでしょうか?
もしかしたら6VをDC-DCコンバーターで昇圧しているのかもしれません。

続きを読む "BOSE M3 の外部電源"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年1月19日 (月曜日)

ディスプレイカードの故障とトホホな結末

昨年から時々不調になったPCのビデオカードがとうとう故障してしまったようです。2003年12月に購入したので・・・・5年間もの間使ったことになります。
Matrox G400Maxという2台のモニターが接続できるビデオカードで、当時としては先端のDVI×2出力で、動画は苦手ですが画像が綺麗でずっと使っていました。

症状はPCが起動しなくなる・・・というもので、ビデオカードを外すと普通に起動することからビデオカードに問題があることが判っていましたが、PCの再起動で殆どの場合使えて安定して動いていましたが、今回何回再起動してもウンともスンとも言わなくなりました。

内蔵ビデオ出力に切り換えて1ディスプレイで使えるものの、一度デュアルディスプレイを使ってしまうと普通の1ディスプレイがとっても狭く感じます。
そこで急遽替わりのビデオカードを調達することにしました。

なんせ古いマザーボードですから不安があったのですが、AGPインターフェースのビデオカードはいまでも何種類か発売されています。
ASUSのAH3650(ファン無し)が相性問題も少なく安定しているとの評判ですので購入しました。
Asus_ah3650

続きを読む "ディスプレイカードの故障とトホホな結末"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月15日 (木曜日)

ロッドアンテナの延長

スクリュードライバーアンテナのトップエレメントはステンレス製のエレメントを取り付けるのが普通なんですが、僕の場合はベランダの内側に倒して格納するため、短くなるロッドアンテナを取り付けています。
1.8メガに同調させるためには3.2m程度の長さが必要なんです。

軽くて水平でも垂れ下がりが少ないロッドアンテナはBudダイポール用の長いロッドアンテナなんですが、残念ながら9.5FTで約2.85m。ちょっと長さが足りません。

このロッドアンテナ、黄銅を使っていて軽量。それに黒色に塗装されており、夜な夜なロッドアンテナを伸ばす僕には、目立ちにくくて使いやすいのですが、このままでは1.8メガにでれません。以前はロッドアンテナの付け根にキャパシティハットを追加したりしていましたが、結局、22インチの延長マストを継ぎ足して長さを補っていました。

強度的にも心配があるため、細くて軽いアルミ線をロッドアンテナの先端に取り付けて、延長ロッド無しで160mに出たい・・・と思っていましたが、黄銅とアルミ線をどのように接続するか?で悩んでいましたが、先日、帰宅途中の電車の中でアイデアが閃きました。

1mmΦのアルミ線に圧着端子を圧着、ロッドアンテナの先端の塗装をヤスリで剥がして黄銅を剥き出しにして、ロッドアンテナに圧着端子をハンダでべた付け・・・って方法です。
これならアルミと黄銅を直接接触させずに済みますので、ハンダ付けができるようになります。
Buddipole_long_rod_mod

続きを読む "ロッドアンテナの延長"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年1月12日 (月曜日)

SENNHEISER e602-II

ゼンハイザーのEvolutionシリーズにe602というマイクがあります。無線用としてはCQ誌で紹介されたこともあるマイクですが、モデルチェンジされて現在ではe602-IIとなっています。
先日E609を購入したローカル局がE609と一緒に購入されました。
E602ii
バスドラム用のマイクですが、その周波数特性から無線用として使うと良い感じで聞こえると評判のマイクです。
周波数特性を見れば「向いているなぁ~」というのはご理解いただけると思います。でも以前と比べてモディファイされたIIは周波数特性が変わっています。
E602ii_freq
低域で200~300Hzで一回持ち上がって160Hzで下がっています。こんな谷間、以前のモデルではありませんでした。

続きを読む "SENNHEISER e602-II"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月11日 (日曜日)

4:1小型バランの製作 その3

コアに密着して巻くためにはパッチンコアの外側のプラスチックが邪魔です。外して中身のコアを取り出し、接着剤でチクワの形にしました。
フェライトが剥き出しですので、セロテープで養生したのが下の写真です。
41_balun_zcat1518core
前回試作した赤い被覆線をそのまま使い、上のコアに同じ回数巻いてみます。外側のプラスチックケースが無くなった分、特性が良くなる筈です。
ところが同じ巻き数だとSWR1.0だったHFがSWR1.1へ50メガでもSWR2.2へとSWRが悪くなってしまいました。

ふむ・・・・。

コアに密着したことでインダクタンスが増えることが想像されますので、巻き数を減らしてみることにしました。
8回巻から巻き数を減らしつつSWRを測定していくと・・・・6回巻が一番特性が良くなりましたがHFでSWR1.1、50メガでSWR1.5とHFでSWR1.0の試作品以下レベル。
巻き数が減ったもののこの結果では不本意です。

そこで0.2mmのエナメル線2本を軽くツイストして巻いてみました。巻き数を調整すると5回巻で素晴らしい特性になりました。
Freq.   1.8    2  --- 40   60   76   91   100(Mhz)
SWR    1.1  1.0      1.1  1.2  1.3   1.4   1.5
1.8~40MhzまでSWR1.1以下です。バランとしては素晴らしいのですが0.2mmのエナメル線ではすぐに断線しそうで強度の点で不安です。
そこで0.2mmを4本ツイストして2本ペアにして強度を出すように巻いて試したのですが0.2mm2本ツイストとは似つかない改悪となりボツ。

うーん。難しいものです。

バイファイラのバランは、巻き方でできるインダクタンスとキャパシタンスが一定の比率のときに良い特性になるような感じです。

続きを読む "4:1小型バランの製作 その3"

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2009年1月10日 (土曜日)

4:1小型バランの製作 その2

実験で予想外の良い結果になったものの50Mhzで実用とするためには広帯域にする必要があります。
もうちょっとマジメに電線を巻いてみることにしました。細いビニール線2本を束ねてドリルでツイスト線に加工してコアに巻いてみました。
41_balun_test1
前回の実験ではコードの長さが足りずに巻数が増やせませんでしたので、今回は9回巻にして上限周波数を伸ばすつもり。
この状態で1.8MhzでSWR1.0(変わらず)50MhzでSWR1.5と一応使えそうなバランになりましたが、巻数が多いとロスが心配です。9回巻だとなんとな~~くロスが多い気がします。
「やったぁー」ってなるハズだったんですけどねぇ・・・・。

数回巻いてテストしただけですが、もっと広帯域なバランが作れそうな感触がありますし、本当にこの小さいコアで大丈夫なのか?など確認しなければならないことがいくつかあります。
そこでバラン製作のコツを求めてネットで先達の方々のお知恵を拝借しようとしたのですが、肝心な部分は公開されていません。

一番参考になったのはFCZの寺子屋キットスーパーアンテナバランの製作でした。
電線をコアに巻く時点でインダクタンスが増えるのは理解できますが、ツイスト線を使うのはキャパシタンスの確保という説明を読んで目から鱗。
この説明なら単線だと巻数が増えて、ツイスト線だと巻数が減る事象が理解できます。これバラン製作のキモとなる部分です。さすがFCZ研究所sign03


コアのサイズ(耐電力)
コアに関してはやはり「トロイダル・コア活用百科」が一番参考になりました。コアの耐電力について同調させるのなら1.8Mhzから50MhzでFT-50-43(20W)、FT-80-43(50W)、FT-114-43(100W)、FT-140-43(200W)と書かれています。
耐電力はコアの大きさで決まるようで、耐電力20WとされているFT-50フェライトコアのサイズは外径12.7mm内径7.15mm厚さ4.9mmです。
もっともバラン用途なら上記の10倍程度まで大丈夫のようですからQRPなら小さいコアでもかなり余裕があるはずです。(テレビの受信用では小さすぎ・・・ですが)

今回利用するZCAT1518の内部のコア自体のサイズは外径11mm内径7mm厚さ3.7mmということろです。ドーナツ型のFT-50に対してZCAT1518は短めのチクワ型ですから、コアの容量はFT-50よりもかなり大きくZ-817の耐電力20Wはクリアできそうです。

続きを読む "4:1小型バランの製作 その2"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年1月 9日 (金曜日)

4:1小型バランの製作 その1

FT-817とZ-817で使う4:1バランとしてTV用の4:1バランを流用することができましたが、残念ながらローバンドでSWRが悪く、ロングワイヤーが活躍する(?)7メガでは0.5W程度でしか使えません。
ロングワイヤーとATUの組み合わせはローバンドでこそ使う機会が多そうなので・・・・ちょっと残念。

問題はコアの材質のためかローバンドでSWRが悪いこと、コアが小さすぎるため耐電力が低いことの2点。
この問題を解決できればそれなりに小さいコアでもQRP用の小型軽量バランになりそうです。そこで手持ちの一番小さいTDKのZCAT1518-0730を使って小型の4:1バランを試してみることにしました。
Zcat15180730
Zcat15180730_freq
このパッチンコアは入手が容易なため、コモンモードフィルター用として買い置きしていたものです。@250円程度で入手できます。

辺りを見回すとテスト用の蓑虫クリップ付のコードが細くていい塩梅です。早速2本を軽く縒って5回巻で作ってみました。パッチンコアですから巻くのは簡単。
まぁ、とにかく、このちっこいパッチンコアがバランとして使い物になりそうか、試してみないことにはね。

続きを読む "4:1小型バランの製作 その1"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 7日 (水曜日)

SENNHEISER E609 Silver

ゼンハイザーのEvolutionシリーズにE609というマイクがあります。このE609は卓球のラケットのような形で、数あるマイクの中でも特徴のある形をしています。
Sennheiser_e609
この形でセットして正面から話す感じになるわけですが、声を面で受け止めてくれそうで安心できる形かもしれません
happy01
このマイクをローカル局が購入してIC-7800にマイクプリアンプを通して接続してテストしていただいたのですが、とってもイイ感じ。

50hz以下まで周波数特性が伸びているマイクと比較すれば80hz以下がちょっと弱い感じですが、無線用として低域と高域のバランスが非常に良くて、ハリのある低域とヌケる高域でハギレの良い変調になります。

聞いた感じではSM-58などのボーカルマイクにイコライジングした場合よりも、E609だけで「イイ」感じなんです。
マイクプリアンプを通して無線機に接続するだけで、イイ感じの変調になる・・・・と言えばいいのかな?もちろん、無線機や声との相性もあるとは思いますが、マイクそのものの素性が良いと思います。

100hz以下はマイクで拾えても無線機の帯域でカットされて送信できないことが多いし、SSBフィルター帯域幅が2.7~2.6Khz程度であれば、マイクの周波数特性は100hzまで伸びていれば問題になりません。
周波数特性はこんな感じです。
 

続きを読む "SENNHEISER E609 Silver"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 4日 (日曜日)

OPA627BP x 2をバランスバッファに投入

年賀状と一緒にOPA627BPとOPA627AUが届きました。627BPは製作中のマイクプリアンプのADコンバーターのアナログ回路(バランスバッファ+LPF)に入れました。
いままではOPA627AUですので大きく変わることはありませんが、ADコンバーターまではOPA637BP→OPA627BPとBPで使っていますのでオペアンプは全部BPで揃えたいな・・・と思っていました。
Opa627bp_geta_geta
まぁ、なんやかんや言ってBPで揃えるのは僕の趣味ですね。でも選別品のBPの方が良いのですから仕方ありません。
そのうちキャンパッケージのSMになったりして・・・。

早速ADコンバーター基板のアナログバッファーのデュアルオペアンプ用DIP8Pinソケットにシングルx2の変換基板を使ってOPA627BP*2個を載せました。

ところが変換基板をソケットに挿してみると、ADコンバーター基板のDIPソケットの回りにある電解コンデンサーと変換基板の裏側が干渉してしまいます。

「困った・・・・」

続きを読む "OPA627BP x 2をバランスバッファに投入"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月 3日 (土曜日)

フィンエレメントの実験(その2)

お正月の室内実験、フィンエレメントの測定結果です。共振周波数は102.8メガでした。MFJ-258Bだと測定誤差が+-百khz程度ありますが、皆さんのご想像よりも低いのではありませんか?

周波数(Mhz)         SWR
132.0                   3
122.5                   2
107.6                   1.5
102.8                   1.1
97.5                    1.5
93.7                    2
89.4                    3

SWR1.5以下の帯域幅は10Mhzも取れています。102.8Mhzの波長は約2.9mですから1/4λのホイップ長は70cm程度。幅が広くなりますが長さでは約29%短縮されることになります。
アルミ線の長さを短くして追試することにしました。

水平・垂直エレメントを40cmにした場合

周波数(Mhz)         SWR
160.0                   3
145.3                   2
136.4                   1.5
132.4                   1.3
127.9                   1.5
123.4                   2
107.6                   3

SWR1.5以下の帯域幅は8.5Mhz程度、132.4Mhzの波長は約2.3mですから1/4λのホイップ長は54cm程度。約26%短縮されます。
このサイズの実験結果はエレメント長が少し不揃いだったため、誤差が大きくなっているようです。

続きを読む "フィンエレメントの実験(その2)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月 2日 (金曜日)

フィンエレメントの実験(その1)

以前のアパートでは蝶ネクタイのような形をしたHF-5Bをハイバンド用として愛用していました。コンディションが良かったとはいえ5年間で300エンティティーと交信できたのは、やはり小型・軽量のHF-5Bのお蔭です。
Hf5b
このアンテナの形は独特で水平エレメントに加え、垂直エレメントと、垂直エレメントの両端から給電点に斜めのワイヤーエレメントで構成されています。
ちょうど、ツインデルタループに水平エレメントを加えたような形です。

この形状はARRLのアンテナハンドブックに「フィンダイポール」という名前で広帯域アンテナとして紹介されています。
垂直や斜めのエレメントが存在することで、グランドウェーブでのモービル局相手でも交信距離が伸びることから垂直成分もかなり多く編波の乱れには強いと推測しています。

このフィンダイポール、広帯域であることは形状から想像できるのですが、各バンドのマッチング回路を取り付けてしまったため、エレメントのみの状態で共振周波数を計測する機会はありませんでした。

実は最初から「ずーーーーーっと」このアンテナ本来の共振周波数がドコなのか?疑問だったのです。
MMAMAで調べようと思ったのですが、使い方がマズイせいか頓挫しておりました。やはりスケールダウンしてテストしてみる方が簡単です。

続きを読む "フィンエレメントの実験(その1)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 1日 (木曜日)

今年も宜しくお願いいたします。

明けましておめでとうございます。
今年もアマチュア無線に関するいろいろなことに挑戦していきたいと思います。最近の住宅状況、インバーターやPLCの普及でどんどんアマチュア無線を楽しみにくくなっていると思いますが、視点を変えると別の楽しみ方が増えているようにも感じています。

これからも新しい楽しみ方を模索しつつ、アマチュア無線を楽しもうと思っています。サンスポットも長い低迷期から少し明るい兆しが見えて来たようです。
今年も物欲と興味のおもむくままに、変な実験や失敗を繰り返していくつもりです。よろしくお願い致します。

さて、新年早々には米国からOPA627のBPが2個、AUが4個届く予定になっています。円高を利用した個人輸入ですが、OPA627BPが27ドルですから約2400円。
OPA627BPは普通にお店で購入すると@4000円以上ですからOPA627に興味のある方、今が個人輸入のチャンスです。

OPA627BPは自作のマイクプリアンプのA/DコンバーターのバランスバッファーのOPA627AU*2と交換予定。
交換すると自作のマイクプリアンプはOPA637BP*1、OPA627BP*3+その他という豪華版になります。

AUでも充分じゃないかと思うのですが、やっぱりBPで揃えてみたい・・・・というこの男心heart02は・・・・今年も治りそうにありませんcoldsweats01

| | コメント (11) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »