« AD変換基盤PCM1804のクロック安定化(その2) | トップページ | V31TB 7/RTTY »

2009年2月15日 (日曜日)

YN2S 14/RTTY

やっとコンディションも上向いて来たように感じる今回のWPX RTTYですが、北米はイリノイ州アタリまでベランダアンテナで交信できました。
これは結構楽しめます。

でも昨日の方がコンディションが良かったですね。K5Dも昨日は聴こえましたが今日は聴こえません。
今朝の一番の大物はYN2S 14メガの上の方で出ていますが信号は結構強いのですが、それ以上にパイルが大きい。

クラスターにアップされて暫くは凄いパイルアップでした。信号もSメーター振るか、振らないか程度に落ちてきて250HzフィルターにTPFを入れて聞いていました。YN2Sは耳も結構良いみたいで期待が持てます。
耳が悪い局は弱小信号プリントしてもらえませんからね。

ASIA向けにCQを出しているんですが、これがなかなか・・・・。ワッチしながら、ときどき信号が強くなったところでコールみたいな感じ。
フト、エアポケットみたいに誰も呼ばない瞬間ができて僕がコールすると、フルコールで応答ありsign01
ニカラグアの14/RTTYはモードニューです。

|

« AD変換基盤PCM1804のクロック安定化(その2) | トップページ | V31TB 7/RTTY »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/494/44066058

この記事へのトラックバック一覧です: YN2S 14/RTTY:

« AD変換基盤PCM1804のクロック安定化(その2) | トップページ | V31TB 7/RTTY »