« 10Mhz基準周波数発振器 その6 | トップページ | VK9LA 21/RTTY »

2009年3月29日 (日曜日)

3.5メガ帯 RTTY運用周波数追加

7メガのバンド拡張に隠れてあまり話題になっていませんが、各バンドプランも見直しされています。3.5メガもRTTYが従来の5Khzから10Khzに拡大されるようです。
昨年春に3.5メガは歯抜けではありますが、大幅にバンド拡張されましたが、デジタルモードには変化がありませんでした。

3月25日の官報で確認してみたら80/75mバンドの拡大で見送られた80mバンドのRTTY運用周波数の国際標準での割り当てが実現してるじゃありませんかsign03
割り当ての方法は昨年の拡張時に付いていた、あの忌ま忌ましい「付記(2)」が3.599~3.612Mhzの間で「無くなる」という形です。
この開放って既報でしょうか?僕は全くの寝耳に水だったのですけど・・・・

13Khz広がった・・・・とはいうものの実質的には3.599~3.600Mhzのわずか1Khz幅のみが最も効果的に使えて3.600Mhz以上はRTTYが割り当てられていない国も多いようです。
実質1Khzということになりそうですが、アリとナシはかなり違いますね。この限られた1Khzのウィンドウを使ったコンテストでのランニングについては周囲状況の確認が必要でしょうね。

ただ、現在3.599~3.612Mhzは国内ラグチュー周波数として使われることが殆どで、夜遅くまで利用されていることが多いようです。当分の間は譲り合いでの運用が必要になりますし、今回の裏技(?)的なモード開放についての周知が必要だと思います。

|

« 10Mhz基準周波数発振器 その6 | トップページ | VK9LA 21/RTTY »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/494/44499275

この記事へのトラックバック一覧です: 3.5メガ帯 RTTY運用周波数追加:

« 10Mhz基準周波数発振器 その6 | トップページ | VK9LA 21/RTTY »