« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月31日 (火曜日)

7メガ開放初日の夜

日曜日の深夜零時(30日00:00JST)から7.100~7.200まで開放されました。
折しもWPX PHONEコンテストの真っ最中。拡張直後の7メガを寝る前にちょっとワッチしてみました。
Midnight_40m_band_mar2009
バンドスコープは7.000~7.200Mhzまでの200Khz幅になっています。つまり新7メガバンド全体がスッポリ表示される形になっています。

驚いたのが7.105にいつも聞こえている強力な放送局が停波していたこと。日曜日だから・・・のようで、その後はチャント聞こえています。
7.150Mhz付近に静かなウィンドウが存在して、多数の局がQRVしていました。

続きを読む "7メガ開放初日の夜"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月29日 (日曜日)

VK9LA 21/RTTY

いゃぁ、苦労しました。一時間くらいコールしました。
信号がそれほど強くないので、アンブッシュが成功しても他の局にもってかれて・・・・・
コンディションが良くならないと、やはりベランダアンテナだとハイバンドは苦しいなぁ~。

でも、なんとかKQQさんの次にQSOできました。パイルアップが少なくなったことが勝因かな?
21でのモードニューでした。
WPXのフォーンの信号も多数聞こえていますので、これでもコンディションは最近にしてはマァマァな感じもしますが、最近の設備の進化が理由で、コンディション自体は悪いと思っています。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

3.5メガ帯 RTTY運用周波数追加

7メガのバンド拡張に隠れてあまり話題になっていませんが、各バンドプランも見直しされています。3.5メガもRTTYが従来の5Khzから10Khzに拡大されるようです。
昨年春に3.5メガは歯抜けではありますが、大幅にバンド拡張されましたが、デジタルモードには変化がありませんでした。

3月25日の官報で確認してみたら80/75mバンドの拡大で見送られた80mバンドのRTTY運用周波数の国際標準での割り当てが実現してるじゃありませんかsign03
割り当ての方法は昨年の拡張時に付いていた、あの忌ま忌ましい「付記(2)」が3.599~3.612Mhzの間で「無くなる」という形です。
この開放って既報でしょうか?僕は全くの寝耳に水だったのですけど・・・・

13Khz広がった・・・・とはいうものの実質的には3.599~3.600Mhzのわずか1Khz幅のみが最も効果的に使えて3.600Mhz以上はRTTYが割り当てられていない国も多いようです。
実質1Khzということになりそうですが、アリとナシはかなり違いますね。この限られた1Khzのウィンドウを使ったコンテストでのランニングについては周囲状況の確認が必要でしょうね。

ただ、現在3.599~3.612Mhzは国内ラグチュー周波数として使われることが殆どで、夜遅くまで利用されていることが多いようです。当分の間は譲り合いでの運用が必要になりますし、今回の裏技(?)的なモード開放についての周知が必要だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月28日 (土曜日)

10Mhz基準周波数発振器 その6

今日はDC電源ラインを見直しました。電解コンデンサーから2芯シールド線で配線していましたが、配線が少し長いのと、ちょっと細いのが気になっていました。
最初に配線した時にはこれで良いと思ったのですけど、ちょっと低域の迫力が不足しているのはこのアタリかなぁ~って。

それとメイン基盤の電源コネクタにEIコネクタを使ったのですけど、配線を太くできるネジ端子に変更しました。
基板上の電解コンデンサーの位置もOCXOの近くにお引っ越しです。
Ocxo_10mhz_power_line
DCラインが太く短くなったのがお判りでしょうか?
電解コンデンサーも向きも逆にしてマイナスが上向きになるように変更しています。見た目は以前のようにEIコネクタを使って配線した方が「カッコいい」のですけど・・・

モニターして、少し低域の出かたが少ない気がしましたので、基本的には低域が出やすくなるように工夫したつもりです。
過去の経験則の積み重ねなんですけど、低域がでるようになる理由はわかりません。もしかしたら電源インピーダンスを低く保つ・・・ってことなのかも知れません。

続きを読む "10Mhz基準周波数発振器 その6"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月25日 (水曜日)

10Mhz基準周波数発振器 その5

作業が残ったところを少し進めようとしたのですが、気になった点を改造しちゃいました。
最初は+側のみ入れたコイルを-側にも挿入しました。
Ocxo_10mhz_ldomod
また電源ラインの配線を見直して最短でOCXOまで行くようにしました。

LT1764を使ったリニアレギュレーターは一般的な3端子レギュレーターを使ったのと同じ簡単な回路です。KA350との比較で定量的なデータはありませんが、僕の耳ではハッキリと違いを感じることができました。
LT1764で電源を供給したOCXOとKA350で電源を供給した場合ではLT1764の方が受信・送信ともに音質が良くなります。

LT1764には22000μFの平滑コンデンサーを付けたので平滑コンデンサーの容量の差が支配的なのかも知れませんが・・・。
KA350の平滑コンデンサーを4700μFから10000μFに交換した場合に比べて、差が歴然としているので平滑コンデンサーの差だけではないように感じています。

続きを読む "10Mhz基準周波数発振器 その5"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月22日 (日曜日)

KH0/K2JA 3.5/CW

オンフレで少しパイルアップになっていましたが、ちょっと下でコールしてGetできました。
う~む。
80mって調子が良いみたいなんですけど、やっぱりこのHi-Qアンテナが素晴らしいのでしょうね。

今日はエレメントは短い状態なので全長2.7m程度です。4階のベランダから2m程度突き出した形ですので、この水平エレメントが地上高14m程度にあがっているのも好成績の原因かな?
確実に以前のアパートの屋上に張っていた全長14mの短縮インバーテッドVよりも好成績ですね。

3.5~3.8メガまで好きなことにQRVできますし、雨が降って共振点がズレても調整はボタン一つで完了。
Hi-Qは全長は短いですが、効率が良いので、ロスが大きいローディングコイルを使ったアンテナには勝てます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

10Mhz基準周波数発振器 その4

3連休ですので製作が進みますhappy01
今日はOCXO本体が載っているメインボードを試作から本番用に変更しました。OCXOはソケットで受けていますし、ラダーフィルターも子基盤にしていますので、載せ替えは簡単です。
Ocxo_main_bord_v2
以前は220μHのコイルと100μFの電解コンデンサーでLPFを作っていましたが、V2基盤ではDCノイズフィルターをムラタのBNX002-01にしてみました。OCXOのDCinには東伸に変えてOSコンの100μFを入れてあります。

また、過去の経験から電源ラインに入れる電解コンデンサーは容量や種類を変えていくつかパラにすると出てくる音がイイカンジになることが多いので、小型の10000μFを2個パラに追加してみました。
合計だと44000+20000=64000μFになります。

全体はこんな感じになっています。9割程度完成でしょうか・・・・・
Ocxo_10mhz_case3

続きを読む "10Mhz基準周波数発振器 その4"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年3月21日 (土曜日)

10Mhz基準周波数発振器 その3

基準周波数発振器は当初の計画では電源を3端子レギュレーターとLDOリニアレギュレーターの2段構成にする計画でした。
LDOリニアレギュレーターを取り寄せている間、3端子レギュレーターで12V出力していますがレギュレーターが思ったより発熱しません。

LDOリニアレギュレーターが届いたので、当初の2段構成を変更してLDOリニアレギュレーターのみでOCXO用のDC12V電源を作ることにしました。
昨日、3端子レギュレーターの平滑コンデンサーを当初の4700μFから10000μFへ交換したら、音が微妙によくなったように感じました。
やはり少しリップルが減るだけで、基準周波数発振器の出力に影響がでて、音が変わってくるようです。

今回用意したLDOリニアレギュレーターはリニアテクノロジーのLT1764です。5本足ですが、基本的には3端子レギュレーターと同じように使えます。
今回は電圧可変タイプですので抵抗2本で出力電圧を12Vに設定します。平滑コンデンサーは22000μFのデカイ奴の残りを使うことにしました。
Ldo_reg2
最初は普通に小型の電解コンで作るつもりでしたが、今回は練習・・・ってことで、半分冗談で作ってみました。
基盤は電解コンデンサーのネジ端子で固定しました。爆弾と起爆装置・・・みたいな雰囲気bomb

続きを読む "10Mhz基準周波数発振器 その3"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月20日 (金曜日)

ZL3RG 10/PSK31

ZLのPSK31はWARCバンドは全滅状態でした。
夕方3.7メガでQSOが終わってクラスターを見ると10メガでZL3RGがスポットされています。
早速ワッチしてみると、7割程度コピーできるような信号強度。

3回目のコールでコールバックがありましたが、ZL3RGの「QRZ agn agn 」に対して再度コールした人数が少なかっただけ・・・でしょう。
パイルアップでは僕に勝ち目はありません。

久しぶりのPSK31でのQSOで、実は最初の送信の時に送信ボタン(キーボードのPause)をわすれてマゴマゴしちゃいました。

ZL3RGへのQSLはダイレクトとのことですが、どうも30Meter Digital Groupを主催しているようですね。
10メガは伝搬状況も安定しているバンドですので、アクティビィティさえあがればとても面白いバンドだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラダー型クリスタルフィルターの製作(その2)

OCXOを使った基準周波数発振器用のラダーフィルターですが、初めて作ったわりには上手くいったようです。
ただ、帯域を3Khz程度で設定したため、フィルター帯域が水晶発振子の周波数よりもちょっと下になるラダーフィルターの特徴のため、10Mhzだと少し減衰があるようです。

それと・・・試作品とはいえ、見た目が悪いし接続性を考慮していませんでした。
10Mhzの水晶発振子は5個余っていますので、この5個を使って再度挑戦してみました。今度はC=10pFにして8Khz前後の帯域幅を狙っています。
8Khz程度なら中心周波数が4Khz程度下がっても、10000Khzがフィルター帯域内になんとか納まりそうです。

回路はJA4LAOさんのページで紹介されている3素子の両端をパラにしたタイプです。特性図を見て、これならなんとかなりそう・・・と思ったわけです。
(LAOさんみたいには作れないので、似た特性がでるのかは??ですが・・・)
Xtal_filter2_10mhz
最初よりは進歩が見られる・・・のではないかと自画自賛していますcoldsweats01
両端のCは10pF固定ですが、中の2Cは調整用として60pF程度のトリマコンデンサーを使いました。今回は手持ちの関係で60pFと56pFです。

続きを読む "ラダー型クリスタルフィルターの製作(その2)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月18日 (水曜日)

10Mhz基準周波数発振器 その2

10Mhz基準周波数発振器の製作を少しすすめました。半分冗談で入れた44000μFの電解コンデンサーが期待以上に効果を発揮しているようなので、電解コンデンサーを固定する方法を考えていました。

結局2mmx10mmのアルミ平棒を使って固定バンドを作って固定することにしました。このアルミの平棒は電解コンデンサーのネジ端子同士を接続するバーとしても使っています。
出来上がりはこんな感じ。
Ocxo_10mhz_cap_blacket1
電解コンデンサーの間は5mm程度間隔を開けているので3mm厚のゴム板を適当なサイズにカットして、電解コンデンサーの間に詰めてあります。

この電解コンデンサー、結構太くてシャーシーの高さ50mmギリギリです。ノギスで測ったところ48Φでしたので、2mm厚のアルミ製の固定バンドの厚みと合わせると50mmピッタリです。
実際のシャーシー高は鉄板の厚み1mm分が加わって51mmですから、1mmの余裕・・・になりますが、実際に上蓋を当てるとドンピシャsign03

続きを読む "10Mhz基準周波数発振器 その2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月15日 (日曜日)

V63PR 3.5/RTTY

先程自宅に戻ってきました。
ワッチしているとV63PRが3.5のRTTYにQRVしてきました。すぐにスポットされてパイルアップ状態へ。

ベランダのホイップはエレメントが短い状態でしたので、早速全部伸ばして2.7mへ。
受信信号も少し強くなったので、こちらの信号も少し強くなったかな?
暫くはUP1辺りをピックアップしていましたが、団子状態でとても勝ち目はありません。

暫くすると少しずつ上でピックアップするようになりました。そこでちょっと上で待ち伏せコール。
応答ナシ・・・・あれ、200hz下でコールする局でひっかかってる。

作戦はOKsign03

ということで、今度はちびっと上で待ち伏せコール。
今度は見事にコールバックがありました。久々に狙った通りの待ち伏せでゲットできました。ベランダホイップでも結構できるものですね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

V63PR 10/RTTY

久しぶりのモードニューです。V6のRTTYは20/15mではCFMしていますが、WARCバンドでのQSOは初めて。
早い時間はハイバンドにQRVしているようですが、残念ながらベランダアンテナでは入感ナシsign01

ローバンドに降りて来たところを捕まえることができました。
残念ながら今日は夕方から外出なので、80/40mは・・・・・難しいですね。でも1バンドだけでもQSOできましたので・・・。

このコンディションだと、ベランダアンテナではハイバンドは苦しいですね。ゲインが無いので全然聞こえません。
逆にローバンドでは結構聞こえたりして・・・なかなか興味深いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10Mhz基準周波数発振器 その1

OCXOを入手してから少しずつ組み立てて、ここまできました。
AC電源関係はほぼ完成形で、手持ちのトロイダルコアトランスとノイズフィルター&フューズ内蔵ACインレットを使いました。
このACインレットは大型なので、シャーシー加工にハンドニブラーが大活躍sign03これ、ドリルとニッパとヤスリで長方形の穴に仕上げたら手の皮が剥けそうです。
Ocxo_10mhz_case
ケースはオーディオ用の高級感のあるものを香港のオーディオショップから個人輸入しました。
6mm肉厚のアルミパネルに鉄シャーシーで中国製です。でも噛み合わせとか、ネジ穴とか全く問題ありません。

アルミシャーシーよりも鉄シャーシーの方がノイズ対策上有利と考えての選択です。こんな感じのケース、国内製だと1万円はしちゃいますが4千円(送料別)で購入できました。
送料も数千円ですから、2個買えばかなりのお買い得感があります。

右側手前には、購入した時にブログで紹介したけど使っていなかった大きな電解コンデンサー 22000μF 63VDCを2個パラにして、一次定電圧電源の出力側に入れました。
二次定電圧電源はLDOを取り寄せ中で未製作。
テスト運用として、一次定電圧電源の出力電圧を12Vに設定してOCXOに接続しています。

続きを読む "10Mhz基準周波数発振器 その1"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月14日 (土曜日)

秋月 LM350T安定化電源キット

基準発振器の電源としては低ノイズ・低リップルなものを考えていましたが、手持ちに秋月のLM338Tの安定化電源キットがあるのを思い出しました。
LM338TをLM350Tにすればリップルリジェクションも80dBを越える・・・・ハズ。

簡単なキットなので、早速製作してみました。
Ka350_dc_reg_1
ダイオードブリッジ用のパターンにはSBD 4本を入れました。平滑コンデンサーは基盤に納まる範囲で最大の容量にしました。
放熱器が大きいのは、今回の実験はOCXOの消費電力(DC12V 250mA程度)を考えたACトランス選びです。

手持ちにはAC25V AC18V AC15Vと3種類のトランスがあって、本当は在庫処分でAC25Vのトランスを使いたいのですけど、3端子レギュレーターの負荷が大きくなって結構熱になりそうです。
で、大きめの放熱器というわけです

続きを読む "秋月 LM350T安定化電源キット"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月12日 (木曜日)

ラダー型クリスタルフィルターの製作

入手したOCXO NDK 9140A-CEE70の出力はTTLです。基準信号としてIC-7800へ接続するには正弦波に変えてあげる必要があります。
それにTTL出力だと高調波が多くでていますので、高い周波数の校正には便利ですが、基準信号としては高調波はなるべく減らしたいところです。

調べてみると、OCXOのTTL出力にクリスタルフィルターを入れることで、正弦波化と高調波対策が行なえるようです。
皆さんフィルターはラダー型クリスタルフィルターを使っているようですので、僕も挑戦してみることにしました。

10Mhzの水晶発振子は10個ほど安価に入手したものを使います。まずは発振周波数を調べてみることにしました。
JG3ADQさんのページにある「発振周波数チェッカー」を作って、発振周波数を調べてみました。
Xtal_osc_checker
調べた結果はこんな感じで低い周波数と高い周波数で261Hzの中に収まっていて、想像以上にバラツキが少ない。
今回の用途ならどの組み合わせでも大丈夫そう・・・です。

今回は3個使って3段フィルターにしようと思いましたが、発振子が余ってもったいないし、フィルターのピークは10000Khzから数Khzズレたところになって、少しズレたところで使うことになりそうなので、JA4LAOさんのページで紹介されているinとoutの両端の水晶発振子をパラ接続する方法を試して少しでもロスを減らすことにしました。
下記の表の水色の3個に加えて、その上下の2個をパラ用として合計5個使った3段フィルターです。

No.     Khz             周波数差
8       9998.885       
7       9998.890        0.005
2       9998.977        0.087
6       9998.991        0.014
5       9999.023        0.032
3       9999.033        0.010
10      9999.047        0.014
1       9999.056        0.009
9       9999.111        0.055
4       9999.146        0.035

続きを読む "ラダー型クリスタルフィルターの製作"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 8日 (日曜日)

NDK 9140A-CEE70 OCXO

IC-7800にルビジウム発振器LPRO-101の信号を入れて運用すると、周波数の精度や安定度はバッチリですけど・・・・僕は音質マニアですからね。
で、基準信号をLPRO-101と内部のOCXOで切り換えてながら送信音質をモニターすると、ごくわずかな差ですが音質は残念ながら内蔵OCXOに軍配があがります。
購入前からLPRO-101のスペックで想像していた通り・・・・

微妙な差で僕の空耳ear(プラシーボ)だとまずいので、ローカル局に何も言わず送信しながらLPRO-101と内蔵OCXOを切り換えて「どっちがいい?」って訪ねたところ、「後の方(内蔵OCXO)の方がいい」とレポートしてくれました。
位相雑音特性が音の差として第三者にもわかるわけで、僕の空耳ではないようです。

位相雑音の差はダイナミックレンジの差になるような感じで、数百Hz以下の低域で顕著です。
LPRO-101だとフロアノイズレベルが少し上がるような感じで、スイッチング電源のように聞こえます。それに比べて内蔵OCXOはトランス式電源みたいな雰囲気なんです。

やはりLPRO-101の位相雑音特性がIC-7800の内蔵OCXOよりも良くないことが原因と推測されます。逆に考えれば、内蔵OCXOの位相雑音特性よりも良い特性の外部基準発振器を7800に接続すれば音は良くなる・・・ということです。
基準信号だけ綺麗でも、どうせその後のPLL回路で汚れちゃって意味ないか・・・って思いましたが、基準信号の位相雑音特性があがるだけでもある程度の効果は見込めそうです。

ということで位相雑音特性の良い基準発振器を探したところ、測定器からの取り外し品と思われるNDK 9140A-CEE70を運良く購入することができました。
Ocxo_ndk_9140a
周波数の短期安定度は1x10e10で内蔵OCXOよりも更に安定しています。まぁ、安定度は内蔵OCXO程度で十分。ときどきルビジウム発振器で正確に校正できるようになったので心配ありません。
実はこのようなOCXOを校正するための基準として先日ルビジウム発振器を用意した・・・というのが真相なんです。

で、注目は今回の肝である位相雑音特性です。

続きを読む "NDK 9140A-CEE70 OCXO"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年3月 7日 (土曜日)

HOSA ODL276A 光・同軸コンバーター改造

IC-7800(光端子)とオーディオ機材(同軸端子)の接続にはHOSA ODL276Aを使って変換しています。
昨年から着手した自作の光・同軸変換器はケースへの組み込み手前で、製作途中のまま半年近く経過してしまいました。結局、完成せず・・・ってパターンかも。

そこでHOSA ODL276Aの弱点を少し改造して、お手軽に音質の向上を狙うことにしました。僕はどうもケースに入れる、最後の仕上げ作業がとっても面倒に感じるんですねhappy01
Hosa_odl276a_inside
これがオリジナルの基盤。ざっと見たところ、改良点として光モジュール、インバーターIC、電源周りのコンデンサー強化が考えられます。

改造としては光モジュールとインバーターICはより高速な製品へ、コンデンサーはオーディオグレードへ交換して、電源周りは容量増加する感じかな?
光モジュールは手持ちがありませんので、それ以外の部分に手を入れました。

オリジナルの74HCU04を取り外してソケットを取り付け、高速板Hexインバーター74AHCU04に交換。
写真下の3端子レギューレーター前後の電解コンデンサーは入力側を470uFへ容量増加、出力側は100uFのOSコンへ交換します。

手持ちの電解コンデンサーの中から、光モジュールの電源ラインへはマイクプリのデジタルアウトで好成績だった東伸の100uFにして、その他の電解コンは日コンミューズにしました。
抵抗やセラミックコンデンサーも一応交換を検討しましたが、手間と効果のバランスから今回は見送りました。
なんせ今回は無線機の直前、オーディオの最後なんで影響が少ないですからね。

交換後はこんな感じになりました。

続きを読む "HOSA ODL276A 光・同軸コンバーター改造"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年3月 5日 (木曜日)

とても嬉しい報せ

今日、メールでアマチュア無線関係のとても嬉しい報せが届いた。
そのうち皆さんの耳にも入ることになると思いますが、自分のことのように嬉しいですsign03
Kusudama

時間をかけて、相手の事情に合わせて話を進めて、見事に成就されたS氏に、心からお祝いと「やったね~~~fuji」を送ります。

いゃぁ、よかったぁ~~~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月 4日 (水曜日)

安定化電源の修理

その昔、初めてオール半導体(笑)の10W機を購入した時の無線機用の電源として購入した電源です。
電圧は13.8V最大3Aで、この電源のシリーズには電圧・電流計と電圧調整ノブが付いた高級(?)なタイプもありましたが、安価なコチラの電源となりました。

長年の酷使で内部の電圧調整用半固定ボリュームがガリオームになったようで、出力電圧を12Vに設定しても、フト気がつくと10V程度になってたり、15Vsign01になってたりするようになってしまいました。
まぁ電圧が下がるのならいいのですけど、12Vだと思っているのに15Vでは困ります。トラブルにならないうちに修理することにしました。
Dc_power_supply_repair
既に製造から25年近く経過しているので、内部の電解コンデンサーは手持ちの電解コンに全部交換&平滑コンデンサーは容量も少しアップしました。

オリジナルだと電圧調整用半固定ボリュームの位置は、トランスが邪魔で調整のためには毎回基盤を外さないと調整できない位置にありました。今回は基盤から引き出して調整しやすい向きに改造しました。

この電源、パイロットランプはネオン球です。一回も切れていません。今ならLEDでしょうけど、ネオン球ってすごい耐久性ですね。

続きを読む "安定化電源の修理"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 1日 (日曜日)

ルビジウム原子発振器 LPRO-101(その2)

ルビジウム原子発振器LPRO-101の精度は良く判りましたので、変なスプリアスがでていないかを確認してみました。
計測器はありませんが、IC-7800のスペクトラムスコープを使えば高いレベルのスプリアスなどは見つけることができそうです。

LPRO-101の出力レベルは+7dBm程度とのことですから、LPRO-101とIC-7800の間にアッテネーターを入れてレベルを調整しました。IC-7800の内蔵アッテネーターは最大の-21dBで固定にしてあります。
Lpro101_spurious_20db
+-250Khzには目立ったスプリアスはでて無いようで、一安心。AGCがONになっていますが、IC-7800はS9+17dBまではAGCがかかっていなかったと記憶していますので、AGCの影響はあまりでていないと思います。

この状態でAGC OFFとしても、スコープの波形は変わりません。ついでに1~30MhzまでスイープしましたがLPRO-101が原因と思われる強いスプリアスは問題なし。高調波もかなり押さえ込まれていてLPFなどは不要だと思います。

続きを読む "ルビジウム原子発振器 LPRO-101(その2)"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »