« ベランダアンテナ取り付けポールPAX-NB | トップページ | 同軸引き込みボックスの防水対策 »

2009年5月31日 (日曜日)

サッシ窓からの同軸引き込み

雨が降りだしそうな中、アルミサッシの窓から同軸を引き込みました。今回は極細同軸(RG188A/U)を使っていますが、特別に加工したのではなく、実はモービル基台用の引き込み同軸です。
同軸を通したいアルミサッシ窓に3mm径の固めの電線を通してから窓を開閉して、開閉に問題がなく、また、電線にも問題が発生しないアルミサッシ窓ならばこの方法が使えます。
ただし、耐久性については注意が必要ですし、窓の開閉数はなるべく減らした方がいいと思います。

同軸を通した室内側です。この後、窓枠の金属に両面テープで極細同軸を固定して、窓を開閉しても同軸がフラフラしないようにします。
Hikikomi_shitsunai
窓の外には極細同軸M型メスコネクターの変換ボックスを両面テープで固定しました。極細同軸を伝って雨水が変換ボックスに侵入するのを防ぐため、変換ボックスへの引き込み口は接着剤で固めてあります。
Hikikomi_sotogawa
変換ボックスには50メガ用の同軸が既に接続してあります。

下から見るとこんな感じです。
変換ボックスに接続したコネクターが露出していますが、そのうちビニールテープで防水処理する予定です。
Hikikomi_sotogawa2
本当は出窓の下(裏側)に変換ボックスを設置したかったのですが、極細同軸の長さが足りませんでした。
極細同軸部分は余裕を持って1m程度必要ですね。
変換ボックスに接続した同軸はそのまま地面まで引き下ろして、地面の上をベランダまで伸ばしています。
Hikikomi_sotogawa3
引き下ろした同軸がフラフラするとマズイので、ブロックを同軸の上に置くようにして同軸を固定しました。
同軸は少し地面を掘って埋めたいと思っています。本当は直接埋めるのはマズイのですけど、数年で交換前提なら問題ないでしょう。

このような配線を行なった後、引き出した同軸の先端に50Ωのダミーロードを接続してSWRを計測しましたが、無線機にダミーロードを装着した時と同で、窓の部分で同軸を折り曲げてもSWRは悪化しませんでした。

今後は気温があがる夏など、サッシ窓で強い圧力を受けている同軸が変形して伝送インピーダンスが変化、SWRが悪化することも予想して注意して運用していきます。
テフロン同軸は熱や圧力に強いので変形しにくい・・・・とは思っていますが油断は禁物です。

|

« ベランダアンテナ取り付けポールPAX-NB | トップページ | 同軸引き込みボックスの防水対策 »

コメント

2番目の写真。

そこを伝わって、雨が逃げるように、
途中に、紐を結ぶと良いです。

投稿: わかめ | 2009年5月31日 (日曜日) 20時20分

わかめさん
なるほどぉ~。良いアイデアをありがとうございます。
紐というのは親水性も考えて・・・ということなんでしょうかね。取りあえず簡単なタイラップで試してみることにします。

投稿: JI1ANI/福井 | 2009年6月 1日 (月曜日) 12時07分

> 取りあえず簡単なタイラップで試してみることにします

実は、私の車は、
ドアの隙間から引き込むのに、タイラップ を使っています!

投稿: わかめ | 2009年6月 3日 (水曜日) 21時56分

タイラップでも効果あり!ですね。良かった。

投稿: JI1ANI/福井 | 2009年6月 6日 (土曜日) 00時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/494/45192462

この記事へのトラックバック一覧です: サッシ窓からの同軸引き込み:

« ベランダアンテナ取り付けポールPAX-NB | トップページ | 同軸引き込みボックスの防水対策 »