« Windows VISTAのインターネット高速化 | トップページ | スモールループアンテナ MK-3の特性 »

2009年6月13日 (土曜日)

DXエンジニアリングのHEXXAGONAL BEAM

性能の高いバランで人気のあるDXエンジニアリングから回転半径の小さいHEXXAGONAL BEAMが発売されました。
HEX-BEAMと言えばTraffie Technology社の製品ですが、フルサイズということもあって短縮2エレよりも良いという評判のようです。

今回はDXエンジニアリングからもHEX-BEAMが発売された・・・と思いましたが、HEXXAGONAL BEAMはDXエンジニアリング社が独自に開発した製品でTraffie Technology社とは無関係のようです。
Hexxbeam
スプレッダーの形は変わらないですが、エレメントの取りまわしが少し異なるようです。これで5バンド(14/18/21/24/28)で、サイズも回転半径が3m程度とコンパクトなのは一緒。

HEX-BEAMを使っている方はサイズと2エレを考慮すると、良く聞こえて飛んでいるように思います。もちろん設置条件で変わりますが、サイズとパフォーマンスの比率は非常に高いように感じます。
5バンドビームでこれ以下のサイズとなると僕が使っていたHF-5B バタフライしかないと思います。(バタフライは18だけRDPですが)

ゲインは3dBd程度と低いですが、3dBdあればビームアンテナの醍醐味を十分味わえますし、もう少しコンディションがあがれば不自由は感じないと思いますし、このアンテナで1サイクル頑張れば300エンティティー程度は交信できるでしょう。

今回は価格もかなりお手頃になっていて5バンドHexxBeamはフルセットで$600となっています。Traffie Technology社の同等の製品HX-5Biが$1129ですから半額sign03
写真やマニュアルを見る限りDXエンジニアリング製のHexxBeamの方が頑丈そうですし、信頼性がありそう・・・に思います。

DXエンジニアリングの製品を使っていて思うのですが、このHexxBeamは作りも良くて、性能も誰が組み立てても所定のスペックであることは間違いないと思います。
他のアンテナと比較して2エレで3dBdってゲインはちょっと少ないように感じますが、2エレだとそんなモンなんじゃないかなぁ。

それと東京近辺の住宅地では、フロントゲインよりも綺麗なヌルのあるビームパターンの方が使い勝手が良かったりします。
ヌルをノイズ源に向けて使うわけですが、ヌルがないと360度回してもノイズが消えないので使いにくいです。
2エレだとビームパターンもシャープじゃないので、カスカスの信号は上手にヌルを使ってS/Nをあげると聴きやすくなることも多かったです。

DXエンジニアリングのHexxBeam、あげる場所があればすぐにクリックするのですが・・・・残念sign03

|

« Windows VISTAのインターネット高速化 | トップページ | スモールループアンテナ MK-3の特性 »

コメント

ご無沙汰しております。本家Traffieの5バンドユーザーです。上を見ればキリがありませんが、JAの住宅事情を考えると都市部においては極めてパフォーマンスの優れたアンテナだと思います。使用感はざっくり、耳<飛びといった印象です。価格面で躊躇されていた方にとっては今回のリリースは朗報ですね。

投稿: JE1RZR | 2009年6月14日 (日曜日) 21時35分

RZRさん
こちらこそご無沙汰しております。HexBeamは快調のようですね。飛びが良いのはやはりフルサイズ・・ということでしょうか?
耳に関しては都市部ではどうしても周辺の影響でノイズレベルが高いので耳>飛びはしかたありませんね。
ご指摘のように価格的にはかなり衝撃的な価格で、5バンドフルサイズ2エレとしては現在の他のアンテナと比較検討できる価格だと思います。
一番の問題は・・・組み立てる場所でしょうか?
回しながら組み立てれば屋根の上でもなんとかなりそう・・・ですけど。
DXは個人輸入も安心してできるので、これでユーザーが増えると嬉しい(困る?)ですね。

投稿: JI1ANI/福井 | 2009年6月15日 (月曜日) 12時59分

こんにちは。
この手のアンテナはとてもいいと思うんですが、常設となると耐久性はどうなんでしょうかね。強風でワイヤーや糸が切れるということはないのでしょうか。このあたりは普通のヤギの方が強いのかなというきもします。
もっともクワッドに比べれば受風面積が小さいのでましかなとも思いますが。

投稿: OE1ZKC | 2009年6月15日 (月曜日) 21時00分

ZKCさん
こんにちは。ご無沙汰しています。
構造的には大変安定した形ですのでヤギよりも風に強いと思いますがワイヤー切断はどうなんでしょうか?
恐らくフラフラと動く部分が少ないように思うので、案外丈夫でデルタループやクワッドよりも断線しないように思うのですけど・・・。

投稿: JI1ANI/福井 | 2009年6月15日 (月曜日) 21時49分

とりあえず1年経ちましたがトラブルは皆無です。当地(三浦)は年中かなりの強風(20m/s以上)が吹きます。もっとも昨シーズンは台風の直撃(30m/s以上)を受けていませんが。HPによるとブーベの悪天候でも実証済みだそうです。本家はタワーのマストにアンテナのマストをかぶせるような構造で、ボルトで締め付けて固定します。人によっては貫通させるようですが、強風時にローテータに負担が大きいからと言って、拙宅のケースでは業者さんはオリジナルの固定方法にしました。そのせいか、一度強風でアンテナの方向がずれたことがありましたが、増締めして以来OKです。
廻しながらの組み立ては、グラスファイバーのスプレッダーアームを弓のように引く必要がありますので、かなりテクニックが要りそうです。

投稿: JE1RZR | 2009年6月15日 (月曜日) 23時18分

RZRさん
スプレッダーアームを弓のように引く・・・

ああ・・・そうですね。センターポールが頑丈なら、センターポールとアームの先端を引っ掛けるように先にロープで固定して弓なりにしてからエレメント張るような工夫が必要かも知れません。
確かに屋根の上だと・・・難しいかも。
難しいというよりも、キケンですね。屋根から落ちそう・・・・

その昔、友人がアンテナ工作中に二階の屋根から落ちました。幸い擦り傷だけでしたが、落ちたところがやわらかい土でした。
ラッキーでした。

投稿: JI1ANI/福井 | 2009年6月16日 (火曜日) 12時19分

RZRさん
そうそう、移動時にスパイダービームやHEXビームを組み立てたことがあるのですが、スプレッダをかなり引っ張って組み立てた記憶があるので、ワイヤーや紐(糸?)が張力でくたびれて強風で切れることがないのかなというのが疑問だったのです。でも予想以上に強いみたいですね。
移動用に自分でも3年くらい前にスパイダービームは1つ買ったのですが新品未開封のままです…

投稿: OE1ZKC | 2009年6月17日 (水曜日) 17時35分

ZKCさん
スパイダービームを購入済みなんですね。Hexもスパイダーも考え方が似ていてパフォーマンスにも大差はないと思っています。
ぜひぜひ組み立ててあげられてはいかがでしょうか?

断線については、デルタループの経験から、ワイヤーにある程度張力がかかっていて、風などでフラフラしないと断線しにくく、張力がゆるくてワイヤーが風で揺れると、ワイヤーとスプレッダーの接点で金属疲労でワイヤーが断線しました。

投稿: JI1ANI/福井 | 2009年6月18日 (木曜日) 12時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/494/45325779

この記事へのトラックバック一覧です: DXエンジニアリングのHEXXAGONAL BEAM:

« Windows VISTAのインターネット高速化 | トップページ | スモールループアンテナ MK-3の特性 »