« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月30日 (火曜日)

三研マイクロホン CU-32

50メガで良くラグチューしている局が、中古のマイクロホンを入手されました。
なんでも放送局の放出品らしくボディに「NHK」と刻印がある・・・とのこと。なんとNHKで使っていたマイクのようです。

三研はプロ向け、特に放送局関連で良く使われていて、テレビのニュースなどでインタビューワーが使っていたり、記者会見の机の上にあるのを発見できます。
三研のマイクを使っている方と何回か交信したことがありますが、いづれも「いいなぁ~~」って感じの変調でした。
入手されたのは音楽用のCU-32というコンデンサーマイクロホンです。
Cu32_2
サイズもとても小さくでØ20.6、全長 121mmですから、無線前の狭いスペースでこのサイズは嬉しい・・・・とローカル局も大喜びsign01
で、早速FT-2000に接続していただき、CU-32の音を聴かせていただきましたが「素晴らしいsign03」んです。

残念ながら巷で人気のB-1やローデのコンデンサーマイクとA/B比較はできませんでしたが、とても情報量が多く自然に聞こえます。
自然に聞こえる理由は、マイクで拾った音を後処理した場合に失われる微妙なニュアンスを、後処理しても失われないように、普通のマイクよりもより細かく微妙なニュアンスをとらえて、後処理に備えるようになっているのではないでしょうか?

特徴である表現力の代償として少し力感(厚み)が不足しますが、三研のマイクロホンは、マイクで拾った音が放送局でリミッターやコンプレッサーを通されることを前提として特性が考えれているように感じます。
無線機にマイクプリ経由で入れると
「このマイク、リミッターやコンプレッサーを通すと、いー感じに化けるぞheart04
って感じる音なんですよ。

続きを読む "三研マイクロホン CU-32"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月28日 (日曜日)

ベランダでのアンテナマスト固定方法 その3

購入した電気ジグソーを使って2x4のSPF材を切断して、ベランダ内にアンテナマストのベースを作りました。
構造はとっても簡単。ベランダ幅ギリギリに切断した2x4材2本を置いて、その上にウッドデッキよろしく2x6材を渡してネジ止めしただけです。
Tankan_ant_base1
ここのベランダは、茶色のアルミサッシの下に高さ40mm・奥行き70mm程度の幅の空洞があって、そこにSPF材を差し込むように採寸して嵌め込んでいます。
マストの根元はとりあえず金具で受けて、仮止めしています。

SPF材は非常に安価で、今回は少し高い(けど近く)お店で購入しましたが、それでも4本で1000円程度。安いお店なら4本で700円程度で購入できます。

このベランダ内ウッドデッキは、かなりの重量がありますし、SPF材とベランダ内壁はピッタリ合うようにゴム板をカットして挟んでいます。
写真の左・上・下方向には突っ張りが効きますが、右は効きません。まぁ、右側に力がかかるのは、アパートと平行にアンテナを振り出した時ですから、なんとか大丈夫ではないかと考えています。

ピッタリと嵌めただけで突っ張っていませんのが、マストを揺すってもビクともしません。
この上にローテーターも乗りますので、ウッドデッキの重さも併せて、アンテナマストをまっすぐに支えることができるのではないかと思っています。

続きを読む "ベランダでのアンテナマスト固定方法 その3"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月27日 (土曜日)

東芝電気ジグソー HJ-50VA2

ベランダにアンテナを設置する計画を色々と建てていますが、最終的には木材を使って土台の部分を作ることにしました。
材料は2x4のスプルス材を使って安価に済ますことにします。スプルス材は腐りやすいとのことですが、たぶん腐るまで使うことは無いと思うので、塗装など一切しない予定。

でも2x4材は頑丈だけど厚みもあります。だいたい38mmx87mm程度でしょうか・・・・。普通のノコギリでギーコギーコするにはちょっと辛い厚さです。
木工・日曜大工のページを見ていると、結構電動ジグソーを使っている方が多いことに気づきました。

電ノコとい うと、丸ノコをイメージして、アパートでは×だな・・・と思っていましたが、ジグソーなら使えそう。それに刃を取り替えれば金属も切断できます。
早速安価な電気ジグソーを物色すると、安いものは4千円程度で購入できるようです。まぁ、そんなに使う機会が多いわけではないので、安価な電気ジクソーでも長持ちするだろう・・・ということで購入しました。
Hj50va2
今回購入したのは東芝の電気ジグソーHJ-50VA2、平行ガイドも付属していて直線にも強そうです。もちろん金属用も含めて替え刃も一緒に購入しました。

続きを読む "東芝電気ジグソー HJ-50VA2"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

売ります:Pen4 3.4G & 2.6G 4K

Pen4_34 Pen426

インテル ペンティアム4 3.4Ghz Prescottコア
◆型番 SL7PP(HT対応)
◆仕様 Socket 478
◆クロック 3.4GHz 1Mキャッシュ搭載
◆FSB  800MHz
付属品:なし

インテル ペンティアム4 2.6Ghz Northwoodコア
◆型番 SL6WH (HT対応)
◆仕様 Socket 478
◆クロック 2.6GHz 512KBキャッシュ搭載
◆FSB  800MHz
付属品:なし

2個セット価格:4K(送料はご負担ください・バラ売り不可)

 ちと古いPCのパワーアップにいかがでしょう。

まずはメールにてご連絡ください。

売れました。ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月21日 (日曜日)

ベランダでのアンテナマスト固定方法 その2

ロケットのベランダ用金具MB7と単管用サドルを組み合わせて単管のマストが上手く固定できそうな金具ができましたので、天気は雨ですが取り付けてみました。
Mb7_mast_clump1
サドルを締めつけた時にマストの単管が回るか心配だったのですが、多少ゴリゴリ感はあるものの、ローテーターの回転力で十分に回せそうです。このサドル、本来は地中に埋められる前提で作られているため、亜鉛どぶ漬けメッキで耐久性もバッチリです。
MB7はベランダとの接触面に3mm程度のゴムが貼ってあって、キズ防止になっています。

ベランダは写真上部に見える焦げ茶色の部分が下のクリーム色部分よりも5mm程度出っ張っているため、MB7の固定金具が焦げ茶色部分の縁に当たって上手く締めつけできません。
そこで適当な木材を金具に当てて嵩を稼いで、木材に傷防止のゴムを貼っています。
Mb7_mast_clump2
嵩上げのために当てた木材が少し下でしたね・・・・。

続きを読む "ベランダでのアンテナマスト固定方法 その2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月20日 (土曜日)

ベランダでのアンテナマスト固定方法 その1

新居でのHFの運用はベランダから振り出したHi-Q AntennasのスクリュードライバーアンテナHi-Q-6/160 RT/MC-3-Hを使おうと思っていますが、問題なのはアンテナがゴツくて重いこと。モービルホイップの比じゃありません。どうみても5kg以上あるんです。

この重たいスクリュードライバーを振り出すためには、頑丈なアンテナマストと固定方法が必要で、突っ張りポールでは強度的に不安で、取り付ける勇気はありません。
アンテナマストは2mの単管にすることにしました。一階ですし落下してもベランダの外側は容易に人が入れない閉鎖エリアですから少し気が楽です。

ベランダに回転可能なマストを建てる方法を色々と考えていましたが、なかなか簡便に固定するアイデアが浮かびません。単管と金具だけだと良い案が浮かびません。
早くHFで(蚊の鳴くような)声だしたいし・・・

単管と金具の組み合わせは中断して、以前にアパートで使っていたロケットのベランダ金具MB7を使って固定する方法を考えることにしました。
Mb7
MB7と組み合わせる単管の金具は、以前紹介したかん太で色々と組み合わせを検討したところ、サドルとMB7の組み合わせが良さそう・・・・なので購入してみました。
先日届いて、さっそく室内で合わせてみると・・・・
Mb7_tankan1
寸法からイケる・・・とは思っていましたが、いい感じです。
ただ、サドルは単管をしっかり固定するため、指定通りにMB7にボルト締めするとマストが回転しません。
そこでワッシャをサドルとMB7の間に噛ませてMB7からサドルを数ミリ浮かせて固定します。この状態でマストは多少抵抗があるものの回転します。

続きを読む "ベランダでのアンテナマスト固定方法 その1"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年6月17日 (水曜日)

IC-7700 Ver. 1.10リリース

一週間ほど前にICOMのページでIC-7700の新ファームウェアが公開されています。バージョンが1.10になりました。
変更点は先日IC-7800のファームウェアでサポートされたのと135kHz対応以外は同じ内容になっているようです。

Ver 1.04からVer 1.10の主な変更点

  1. TXメモリーの送出機能を向上。
    • 外部キーパッドからのRTTY/PSK用TXメモリーの送信機能を追加。
    • 外部USBキーボードからのVOICE/CW用TXメモリーの送信機能を追加。
  2. バンドエッジビープの周波数設定機能、ならびにバンドエッジビープ設定範囲のみで送信を可能とする機能を追加。

メモリ送出は使わない方も多いと思いますが、バンドエッジの方が本当に便利です。でも1.8と3.5に出ない方は・・・今までと同じかな?
このバンドエッジ機能を使っていて、周波数によって自動的にモードが切り替わるのも便利だなぁ・・・って思いました。

まぁ1バンド3メモリー切り換えですから僕の場合はCW→RTTY→SSB(PSK31はV/Mでメモリ運用に切り換える)で事足りていますけど・・・。
IC-7700も135kHz対応だと思っていたのですが・・・・これは7800と7700の差別化なのかな?それとも既に135kHz対応済なんでしょうかね?

■追記■
135kHz対応はIC-7800のみ・・・とのことです。知りませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年6月14日 (日曜日)

スモールループアンテナ MK-3の特性

MK-3を1階のベランダから突き出して地上高2.5mで運用していますが、地上高とサイズを考慮すると素晴らしいパフォーマンスのアンテナであることがわかってきました。
これは地上高2.5m、ベランダから1.5m程突き出して、数メートルの距離で二階建て隣家の壁があるような場所でのSWR値です。
Mk3_swr_2009jun6
50メガで直径60cmですと、定義的には磁界型アンテナとは言えないようですが、SWR特性を見てもわかるように周囲の状況の影響を受けないところを見ると、磁界型としても動作していることは間違いないようです。
タワーの上にでもあげたような綺麗なSWRカープで、SWR1.5以下の帯域も300kHz程取れています。

共振周波数はアルミパイプで作られたトロンボ型のコンデンサーで調整しますが、調整はクリチカルです。でも、一度決めたら共振周波数はフラフラしません。
ただしアンテナが雨で濡れるとズドンと下のバンド外へ共振周波数がズレてしまうので、再調整が必要です。

雨の影響は共振周波数だけで、バンド幅が極端に狭くなったりするようなことはありませんでした。また、周囲の影響を非常に受けにくく、障害物が数十センチ程度のところにあっても、容易にSWR1に調整することができます。
ベランダ狭くて設置場所が限られ、アンテナを建物から離すことが難しいアパマンには大変嬉しい特徴です。

面白いのは輻射方向です。
ループアンテナのようにループ面方向ではなく、下の図のようにエレメントの方向に輻射されるようです。

続きを読む "スモールループアンテナ MK-3の特性"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年6月13日 (土曜日)

DXエンジニアリングのHEXXAGONAL BEAM

性能の高いバランで人気のあるDXエンジニアリングから回転半径の小さいHEXXAGONAL BEAMが発売されました。
HEX-BEAMと言えばTraffie Technology社の製品ですが、フルサイズということもあって短縮2エレよりも良いという評判のようです。

今回はDXエンジニアリングからもHEX-BEAMが発売された・・・と思いましたが、HEXXAGONAL BEAMはDXエンジニアリング社が独自に開発した製品でTraffie Technology社とは無関係のようです。
Hexxbeam
スプレッダーの形は変わらないですが、エレメントの取りまわしが少し異なるようです。これで5バンド(14/18/21/24/28)で、サイズも回転半径が3m程度とコンパクトなのは一緒。

HEX-BEAMを使っている方はサイズと2エレを考慮すると、良く聞こえて飛んでいるように思います。もちろん設置条件で変わりますが、サイズとパフォーマンスの比率は非常に高いように感じます。
5バンドビームでこれ以下のサイズとなると僕が使っていたHF-5B バタフライしかないと思います。(バタフライは18だけRDPですが)

続きを読む "DXエンジニアリングのHEXXAGONAL BEAM"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年6月11日 (木曜日)

Windows VISTAのインターネット高速化

引っ越しを機会にインターネット接続回線も従来のADSLから光回線へ変更しました。ADSLは電話局まで数百メートルという好立地のためか20メガ以上のスピードで接続できていました。
ここは電話局から2Kmは離れており回線の減衰のため、ADSLだと5メガ程度と推測されました。

そこでアパートに引いてあるMAST-BBに変更しました。MAST-BBは建物までは光、建物に共用のモデムとルーターが設置されており、アパート各戸へはVDSLで普通の電話線で配信されます。
僕は以前から使っている無線アクセスポイントをVDSLモデムに接続して、各PCとは無線LANで接続するわけです。

開通した日に無線LANであっけなく接続できましたが、どうもスピードが遅い・・・・・。下りで3メガ程度、ときどき6メガくらい・・・です。
光にしちゃぁ遅いんでないかい??とは思ったものの、使えないことはないし、そのままにしていました。

ある時、Windows VISTAの無線LANの接続先が2個表示されることに気づきました。「ハテ??」接続しているのは無線アクセスポイント一カ所だけだけど・・・・??
光だと54Mbpsじゃ足りないから2回線束ねるのかなぁ・・・・でも、無線アクセスポイントの仕事が増えてスループットが落ちるだけだから一個で十分なんだけど・・・なんて、ボケた想像していました。

数日後、ひょんなことから「光ならもしかしてIPv6?」と思いついて、プロトコルからIPv6のチェックボックスのチェックを外してみると・・・見事に接続先が1個になって気分スッキリ。
IPv6はテレビとかをネット回線で見るためのもので、ネットサーフィンなら当面はIPv4だけで十分です。

接続先が2個の問題は解決しましたが、回線スピードはどんどん深刻に・・・・。普段は数メガ程度なんですが、ときどき64kbpsなんて測定結果がsign03
これでは光どころかISDNですっsign03

続きを読む "Windows VISTAのインターネット高速化"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 7日 (日曜日)

単管用の金具色々

ベランダにどのようにアンテナマストを固定するのかは、アパマンハムの悩みの一つ。最近は足場用の鉄パイプ(以下 単管)がホームセンターなどで入手できるようになってきました。
僕の実家の近くでは長さも4/2/1/0.5mと揃っています。

この単管を使ってベランダにローテーターで回転するアンテナマストのベースを作ってみようと思っています。
手動回転マストは50メガ用に作りましたので、こんどはHF用です。

HFはHi-Qのスクリュードライバーを横に突き出して使う予定ですので、回転マストを頑丈に固定する必要があります。
単管と金具と木材で考えていますが、単管用の金具をさがしていて、色々な種類があることがわかりました。
151a_500
今回目を付けたのは水平調整金具。
本来は上に建てたパイプの土台の水平出しを行なう金具ですが、これを寝かせて使いベランダ内で突っ張らせて固定させようと考えています。
似た金具に通称ジャッキがありますが、ちょっと出っ張りがあって寝かして使うにはチト難があり。
こちらの金具はかなりスマートで、寝かせても使えそうです。

続きを読む "単管用の金具色々"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 6日 (土曜日)

ベランダポールに取り付けた50Mhzスモールループ

今回購入したベランダ用アンテナポールPAX-NB、価格はチト高いですが、実にシッカリと、そして良くできていて納得しました。
メインパイプは42Φのステンレス、上部の収縮部はアルマイト処理したアルミの特別な形のパイプです。
収縮部はボルト2本で留める方式ですが、パイプを変形させることなく長さを自在に変えながらしっかりと固定できるようになっていて、恐らくこの部分がこのポールのウリではないかと思います。
これなら突っ張っても、ズリズリと突っ張るべきパイプが短くなってしまうことはありません。
Paxnb_base
下はこんな感じです。本当は床に当てた鉄板(黒い部分)にはプラスチックの防水カバーが付属していますが、慌てて作業して入れ忘れましたcoldsweats01
突っ張る具合はこのベース部分の3本のボルトで調整します。

ベランダのエアコン室外機の吹き出し口には壁に開口部があって、鉄柵が入っています。
ベランダの壁とポールは少し離れていますので、適当な厚みの垂木を壁に当てて、鉄柵とポールをロープで仮止めしました。

心配だった突っ張り先(天井)はこんな感じです。
Paxnb_top
天井の板(?)の強度は期待できそうにないので、突っ張り先を縁にして強度を持たせました。
物干し掛けとポールの間にゴム板を挟んでロープで固定して、根本の固定と併せてポールを揺すっても動かない程度に突っ張ることができました。

続きを読む "ベランダポールに取り付けた50Mhzスモールループ"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年6月 3日 (水曜日)

同軸引き込みボックスの防水対策

同軸引き込みボックスへ配線した極細同軸へタイラップで水が滴るようにしてみました。実際に効果を試したわけではありませんが、同軸を伝って水が直接プラボックスに行くのを防ぐことができると思います。
Hikikomi_bousui
プラボックスの手前をタイラップで止めて、同軸を上から伝った水がタイラップの先端から地面に落ちるようになる・・・・筈です。

わかめさんは紐でやると良いとのことでしたが、たぶん、タイラップでも効果を期待できるでしょう。
本当は水を吸う木綿の紐あたりがベストではないかと思いますが、なるべく目立たなくしたかったので黒いタイラップにしました。

続きを読む "同軸引き込みボックスの防水対策"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »