« 単管用の金具色々 | トップページ | DXエンジニアリングのHEXXAGONAL BEAM »

2009年6月11日 (木曜日)

Windows VISTAのインターネット高速化

引っ越しを機会にインターネット接続回線も従来のADSLから光回線へ変更しました。ADSLは電話局まで数百メートルという好立地のためか20メガ以上のスピードで接続できていました。
ここは電話局から2Kmは離れており回線の減衰のため、ADSLだと5メガ程度と推測されました。

そこでアパートに引いてあるMAST-BBに変更しました。MAST-BBは建物までは光、建物に共用のモデムとルーターが設置されており、アパート各戸へはVDSLで普通の電話線で配信されます。
僕は以前から使っている無線アクセスポイントをVDSLモデムに接続して、各PCとは無線LANで接続するわけです。

開通した日に無線LANであっけなく接続できましたが、どうもスピードが遅い・・・・・。下りで3メガ程度、ときどき6メガくらい・・・です。
光にしちゃぁ遅いんでないかい??とは思ったものの、使えないことはないし、そのままにしていました。

ある時、Windows VISTAの無線LANの接続先が2個表示されることに気づきました。「ハテ??」接続しているのは無線アクセスポイント一カ所だけだけど・・・・??
光だと54Mbpsじゃ足りないから2回線束ねるのかなぁ・・・・でも、無線アクセスポイントの仕事が増えてスループットが落ちるだけだから一個で十分なんだけど・・・なんて、ボケた想像していました。

数日後、ひょんなことから「光ならもしかしてIPv6?」と思いついて、プロトコルからIPv6のチェックボックスのチェックを外してみると・・・見事に接続先が1個になって気分スッキリ。
IPv6はテレビとかをネット回線で見るためのもので、ネットサーフィンなら当面はIPv4だけで十分です。

接続先が2個の問題は解決しましたが、回線スピードはどんどん深刻に・・・・。普段は数メガ程度なんですが、ときどき64kbpsなんて測定結果が
これでは光どころかISDNですっ

でも、いつも64kbpsだったらすぐにクレームするんですけど、そういうわけでもないし・・・もしかして無線アクセスポイントがヘタッたのかな?とか、チャンネルが近くの無線LANと一緒?なんて考えて色々と調べていました。

ある時、フト手元のノートPC(Windows XP)の無線LANで接続してスピードテストしてみると・・・・なんと21Mbpsもでるじゃありませんか
僕のブログをご覧になっている方はご存じと思いますが、3万円のノートPCで21Mbps、部品を選んで贅沢にオーダメードしたPCが64kbps

「おかしい・・・何かが狂ってる」

でも原因が思い当たりません。やっぱり購入して5年以上経過した無線アクセスポイントが光とVISTAを接続すると調子が悪くなる・・・みたいなことしか思い浮かびません。だって無線アクセスポントは古くてもついこの前までADSLとVISTA相手に快調でしたからねぇ・・・・。

新しい無線アクセスポイントを購入しよう・・・って決めて、念のためMAST BBのサポートページをみていたら

Windows Vista のパソコンにしたところ、通信速度が遅くなったのですが対処方法はありますか?

というFAQが・・・。
おお~~~っ。僕だけじゃないのね・・・。

読んでみると「Windows VITSAのTCPウィンドウサイズ自動調節機能を無効にしろ」とのこと。ええっ?ADSLの時はVISTAの自動調節はいい感じでしたけどねぇ・・・・。
まぁ、元の状態に戻すのは簡単ですから早速DOS窓でコマンドを一発
で、いつもと同じようにスピードテスト。

どひぇ~~~ 22Mbps

・・・・はい。劇的に効きました。64kbpsが22Mbpsです

まぁ22Mbpsは上限で夜間の混雑した時間帯だと数メガbpsまで落ちることもあるのですけど、平均して15Mbps程度、以前のように64kbpsということはなくなりました。
これは無線LAN(g)経由ですので、チューニングしたVISTAマシンをVDSLモデムに直結すると・・・33Mbps程度と十分なスピードです。これで無線LAN経由で20メガなら十分でしょう。

Windows VISTAのTCPウィンドウサイズ自動調節、VISTAの自動調節が逆噴射するのか、ネットワーク側(建物の共用ルーターも含めて)の機器が自動調節に対応できないのか、原因は不明ですがググッてみると光回線で起きやすいようですね。
皆さんもご注意ください。

■追記■
後日MAST-BBの説明書を読んだら、IPv6は外すように記載されていました。やはり理解しているつもりでも、説明書は目を通さないとダメですね。
反省してます・・・・。

でも、ついでにFAQでVISTAで遅かったら・・・・ってのも説明書に掲載するといいんじゃないかなぁ・・・・って思います。
これ、相当悩みます・・・というか「MAST-BBは遅い」とか言われちゃうんじゃないかと余計な心配しちゃいます。

|

« 単管用の金具色々 | トップページ | DXエンジニアリングのHEXXAGONAL BEAM »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Windows VISTAのインターネット高速化:

« 単管用の金具色々 | トップページ | DXエンジニアリングのHEXXAGONAL BEAM »