« クロスマウントの製作 | トップページ | スクリュードライバーの振り出しアンテナ仮設完了 »

2009年7月 5日 (日曜日)

スモールループアンテナ MK-3の特性 その2

MK-3は雨に濡れても共振周波数が下がるだけで、濡れた状態で200Wのフルパワー送信でもスパークしたりすることもなく、快調に動作しています。
その後、ベランダからの振り出しマストを1.5mから2.0mにしました。

振り出しマストが2.0mだとスモールループの中心までベランダから2m弱振り出すことができます。50cmの違いですが、使っているとこの50cmは大きな差になるようです。
振り出し長1.5mの時は非常に鋭いパターンで、少し角度を変えるとSが変化するような感じでクリチカル。
当たると強いけど、はずれるとガクッとSが落ちるような感じでした。

2.0mにすると、クリチカルさはだいぶ影を潜めてブロードな特性になった感じです。スモールループの水平設置は、基本的には無指向性で、ループのコンデンサ方向に少しピークがあるような特性とのことです。
その基本的な特性に近づいたような感じがします。
もしかすると振り出しマストが1.5mの時は、ベランダと建物が反射器として動作していたのかもしれませんね。

スモールループアンテナはSWRなどマッチングでは周囲の影響を受けにくいのですけど、電波の飛び・受けはマッチングとは無関係に周囲の影響を受ける・・・という当たり前のことを見逃していたことが原因だと思います。

周囲の障害物から数十センチしか離さないのに、ストンとSWRが落ちて使えてしまうので、ついつい輻射パターンとかも周囲の影響を受けない・・・みたいに勘違いしてしまいますcoldsweats01
でも、そんなことはないわけで、アンテナのパターンは周囲の影響をしっかりと受けているわけです。

スモールループアンテナは、設置場所に応じて積極的にベランダ反射(?)を利用するのか?
周囲から少し距離を取って本来の使い方をするのかを決めておくと、ベストポイントを見つけることができると思います。

近くに障害物などがある状態では、数十センチ程度アンテナを動かすと大きくSが変化することもあると考えるべきです。
逆に周囲から1/4λ程度離すことができれば、アンテナ本来のパターンに近い形で使えるようです。

電源をQSYするのでローカル局が引き取りに来ましたが、アンテナの設置状況を見て「2階建てに囲まれたこんな場所から、良く飛ばしているねぇ~」とお褒め(?)いただきました。
電離層反射のHFなら理解できますが、グランドウェーブの50メガで、状況を考慮すると良く聞こえて、飛びます。

6m&Downでも、各地の移動局や参加局がたくさん聞こえています。総じてSは強くありませんが、聞こえる局とはQSOできました。
昨日Uボルトを買いに秋葉原に行きましたが、MK-3を初めとしたフィールドアンテナさんの製品は秋葉原のロケットで店頭販売されていました。
秋葉原に行く時は、ロケットさんでぜひ現物のサイズを見てください。パッケージは完成品サイズなので、小ささがご理解いただけると思います。

スモールループならベランダという名前の場所があれば設置可能なんじゃないでしょうか?管理規定でベランダから外に突き出せず、ベランダ「内」に設置して使っている方も多くいらっしゃいます。
アパマンはアンテナが鬼門ですが諦めずにQRVしていただき、お相手いただければ・・・と思います。

|

« クロスマウントの製作 | トップページ | スクリュードライバーの振り出しアンテナ仮設完了 »

コメント

 FBなレポート大変参考になります。
 アンテナも良好、ベランダからの突き出しもうまくいっているようですね。
 6Dコンテスト、私の電波は聞こえていましたでしょうか?
 最初と最後の時間に出てました。ベランダに仮設した短縮ダイポール(全長150センチ)(ちなみにこれ http://www.geocities.jp/sei0533/ 作品ナンバー8)での参戦でした。これまでのモービルホイップとは比べ物にならないくらい良く聞こえ、よく飛びました。128交信でした。

投稿: JO1KVS | 2009年7月 6日 (月曜日) 21時23分

KVSさん
6Dコンテストでは気づきませんでした・・・。というよりもサラッとQSOしただけですので、全部で20局程度しかQSOしていません。
128QSOはがんばりましたねぇ~。やはり水平だと相手も水平ですからぜんぜん違いますよね。
実は日曜日はコンテスト以上にHFのアンテナ工事を頑張っていました。
記事で紹介しますけど、なんとか上げましたよ。今3.5メガをタヌキしながら書いています。

投稿: JI1ANI/福井 | 2009年7月 6日 (月曜日) 21時35分

HFのアンテナの記事、楽しみです。
アンテナを工夫するとしばらく幸せなんですよね~。
仮設とは言え、遥かによく聞こえるアンテナは楽しかったです。
車のパーツを変えるとしばらく幸せなのと似ています。Hi

投稿: JO1KVS | 2009年7月 7日 (火曜日) 06時01分

KVSさん
車のパーツはいい例えですねぇ。車好きな人ならその感覚、良く分かりますよね。

投稿: JI1ANI/福井 | 2009年7月 7日 (火曜日) 19時56分

五階建てのマンションの3階ですが、私もベランダからMK-2を張り出し、同様の体験をしています。14M,21Mでも外壁から数十センチ離すと、SWRも下がり、飛びも改善されました。
MMANAでシミュレーションしてみました。鉄筋壁をうまく表現できませんでしたが、指向性が出ることと、利得も稼げる傾向でした。壁を縦横の格子にすると、アンテナ定義が膨大になってしまい、パソコンでは計算時間がかかってしまいます。
シミュレーションはいまだ不完全ですが、福井様宅でも同様な傾向が確認されたということで、もう少し頑張ってみようと思います。
現在までの結果は、CQ誌2012年2月号の付録に掲載されています。一読いただければ幸いです。このアンテナについてもう少し研究しようと思っています。

投稿: 戸越俊郎 | 2012年2月29日 (水曜日) 11時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/494/45543211

この記事へのトラックバック一覧です: スモールループアンテナ MK-3の特性 その2:

« クロスマウントの製作 | トップページ | スクリュードライバーの振り出しアンテナ仮設完了 »