« スモールループアンテナ MK-3の特性 その2 | トップページ | 地上高2.5mのスクリュードライバーでの80m受信 »

2009年7月 7日 (火曜日)

スクリュードライバーの振り出しアンテナ仮設完了

アンテナマストに自作クロスマウントでスクリュードライバーを「ぐい~~~ん」って振り出せるように設置しました。
給電点は前のアパートで使っていたマッチングボックスをそのまま取り付けましたが・・・・・ブルーのまな板は失敗。目立ちます。
Feed_point_minani
スクリュードライバーの根元から平網線でDXエンジニアリングのバーチカル用のバランのホット端子へ接続。
バランは写真の奥のアルミケースで、同軸はバランに接続しています。

バランの上(写真では手前)に乗っているプラボックスは、自作のマッチングボックス。給電点のホットとグラウンド間に0~2300pfのコンデンサーをリレー切り替えで挿入してマッチングしています。
赤のホットと黒のグラウンドをバランとパラ接続しています。

以前の4階のベランダ手摺で使っていたバランやマッチングボックスを配線も含めて復元して流用しました。
変わったところは、スクリュードライバーアンテナが縦から横になったこと。そして給電点から実際のグラウンドまでの距離が50cm程度と離れたことです。
とにかく設置してみると・・・

う~む。

振り出しの角度、少し上向きにしたのですけど、もっと大胆に上向きでも良かったみたいです。
今回は仰角5度程度ですけど、見た目水平と変わりません。やはり仰角で20~30度程度にしないと仰角つけた意味がないかもしれません。
なんせ地上高が低いので大地とエレメントが平行なのは・・・・アンテナのマッチング上はあんまり良いことないと思います。
バンザイアンテナは地上高が低くてもSWRが安定しますよね??

今回、グラウンドはアパートの鉄骨へ接続。
コンセントのアース端子とテスターで事前に見つけておいたベランダのアルミサッシのアースポイントに平編線を接続してみました。
SWRも共振点も3.5-21MhzまでバッチリOK。24Mhz以上は1.5mのエレメントでは元々から長すぎで、90cm程度のエレメントにしないと出れないのは以前と同じです。
まぁ、24メガ以上は1.5mのままで3/4λとして使えば多少ロスがあるものの問題なく使えます。

簡単に動作確認をしましたが、動作に問題はありません。
SWR1.0の帯域幅が少し狭くなったように感じますが、グラウンドが変わったことか、地上高が低いことが原因ではないかと思います。
なにはともあれ、ベランダ振り出しスクリュードライバーが使えるメドが付いて一安心です。給電点にコモンモード対策をしてからボチボチと運用することにします。

新しいアンテナは、受けについては夜間の3.5メガを聞く限りでは、4階のベランダ設置よりも-15dB程度かなぁ・・・。
信号が弱くなったというよりも、Sがフラフラして不安定になったように感じます。
地上高2m、全長2.5m、回りは二階建て・・・・という条件を考慮すると、住宅街の路上に駐車中の半固定モービル局程度と思えば・・・・・なんとなく納得です。

さて、残るはスクリュードライバーとマッチングボックスのコントロール線のアルミサッシ越えです。
サッシを開けてコントロール線を出したり、寝る前に外して締めたりするの、面倒でアクティビィティーが下がる原因です。
JH2CLVさんが隙間フラットケーブルという素晴らしいアイデアが紹介されているので、ローテーターのコントロールケーブルも含めて僕なりにちょっとアレンジして作ってみようと思っています。

|

« スモールループアンテナ MK-3の特性 その2 | トップページ | 地上高2.5mのスクリュードライバーでの80m受信 »

コメント

コンニチハ.

 私も,フラットケーブルの記事を参考に,ATUのコントロールケーブルは仕上げました.
 細い4本でしたけど,フラットケーブルが手持ちにないので,サッシの部分だけ,4芯ケーブルの外側をはがして,4本をフラットになる様,アルミテープで上下から挟む様に固定して,サッシの間に折り曲げて通しています.
 剥がれない様にサッシにもアルミテープで固定してケーブルの保護も兼ねてます.


投稿: YB3ASM/JJ | 2009年7月 7日 (火曜日) 14時06分

ANIさん、アンテナを取り付けられてもケーブルの引き込みは難しいですよね。ところで近々Charlieさんを訪ねて直接仕入れてきます!

投稿: ny6x/jn1rvs Nao | 2009年7月 7日 (火曜日) 15時34分

マリオさん
>4芯ケーブルの外側をはがして
同じことやろうとしたのですけど・・・・頑張ってみることにしました・・・が、結局マリオさんと同じ方法になるかも・・・暑いとやる気が出ないのですよね。

Naoさん
おおっ!!!なんでもステッピングモーターバージョンが出るらしいのですよ。コントローラーが面倒かもしれませんが、ステッピングモーターだとヒュイン・ヒュインとクイックQSYが可能ですし、回転コントロール精度は抜群ですので更に使いやすくなると思います。
ローバンドメインならばHi-6が、14メガ以上ならば小型なヤツで十分だと思います。
チャーリーさんに、ベランダ固定金具と組み合わせてHi-Qアンテナが固定できるようなマウントキットがあるとFBとお伝えください。

投稿: JI1ANI/福井 | 2009年7月 7日 (火曜日) 21時11分

行ってきました!ANIさんのコネクションのお陰でとてもよいディールでした。ありがとうございます。ANIさんのブログの取り付け写真をプリントして(勝手にすみません)持って行き、L金具やらベランダ固定金具の件を話しました。検討するよということでした。それにしても大きいですねぇ。帰国したら取り付けや活用方法についてご教授いただけると助かります。

投稿: ny6x/jn1rvs Nao | 2009年7月17日 (金曜日) 12時54分

Naoさん
おめでとうございます。これでHi-Qオーナーですね。お相手されたのはチャーリーさんかな?
でも、コネクションというのはブロークンな英語でベランダで使うので短くて効率が良くてとっても静か(モーター音)なアンテナが欲しい・・・・って変なメールを日本から送ったので覚えていただいたのでしょうhappy01
「静かな」ってリクエストに困っていましたからね。ははは。
大きいということは・・・・ふふふ。それは愉しみですね。
sign01固定用のインチボルトとナットはそちらで入手されておいた方がいいですよ。

投稿: JI1ANI/福井 | 2009年7月17日 (金曜日) 21時01分

はい、Charlieさんです。なるほど、でも「静かな」というのは重要ですよね。でも彼はホーム用途での制約や取り付けはいま一つピンときていないようでした。ここがクリアできると大きなビジネスチャンスがあると思うのですが。ところで、固定用のインチボルト・ナットはどこに使う用途を指しているのでしょうか?今回はボトム側のホールド・オーバーも仕入れてあって、1/2インチボルトが付いています。これをL型金具を用意して取り付けようと考えています。よろしくお願いします。

投稿: ny6x/jn1rvs Nao | 2009年7月17日 (金曜日) 23時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/494/45545453

この記事へのトラックバック一覧です: スクリュードライバーの振り出しアンテナ仮設完了:

« スモールループアンテナ MK-3の特性 その2 | トップページ | 地上高2.5mのスクリュードライバーでの80m受信 »