« 10Mhz基準周波数発振器の周波数微調整 | トップページ | スモールループ復活 »

2009年9月20日 (日曜日)

モービルホイップx2ダイポールの製作

僕のところにはモービルホイップがゴロゴロあります。コレクションしているわけではありませんが「もしかすると・・・」なんて、何本も買ってしまうことになるわけです。
50メガ用も7~8本あります。

そこでMコネのホイップを2本使ってダイポールが作れる給電点を製作することにしました。製作と言っても30分とかからないお気楽製作です。
適当なプラボックスにMコネのメスを3カ所取り付けて、お好みでバランを内蔵させる・・・・だけ。
Balun_maldol
こんな感じになりました。
バランはその昔、マルドル製のHF用V型DPに付属していたモノをそのまま流用しました。
特に説明の必要はありませんが、Mコネからバランまでの配線は本当はもっと短くした方が良いです。

今回は利用予定のモービルホイップが51Mhzで共振していて、構造上周波数が下げられないので、Mコネからバランまでの長さを長めにして、共振周波数を下げるようにしました。

上部の両端のMコネクターにモービルホイップを取り付けます。以前に今回のようなダイポールを作ろうと思って購入しておいたマルドルのHS-319-6Mでセンターローディングの50%短縮タイプです。
Maldol_hs_3196m
いまは入手できませんが、3千円チョットで入手できる廉価品でした。

早速2本のホイップを取り付けて、アンテナアナライザーで周波数調整をしていくと、簡単にSWR1.0に調整できました。
50%短縮でも50メガですから、そんなにクリチカルじゃありませんね。

サイズは普通のフルサイズの半分。軽量で目立ちませんが、やはり短縮によるロスがあります。フルサイズと比較してS2.5程度低いです。
コイルも小さいし、全体的に華奢ですから・・・まぁ、こんなモンでしょう。

因みに全長1m程度の30%短縮タイプのホイップだと、フルサイズと比較してS-0.5程度と、その差はあまりありません。
ローディングコイル短縮による効率の悪化は、30%を越えると急に目立つようになります。逆に言えば30%短縮程度なら、テキトー短縮コイルでもフルサイズとさほど遜色ない・・・と言えます。

で、このDPで色々と定在波(?)探しをしているんですが、綺麗な8の字特性がでますので、ヌルを使ってノイズ源を特定できたり・・・とそれなりに収穫がありました。短いと回したりするのが簡単で、狭いベランダで大活躍です。

どうやら隣家の北側のキッチンにあるテレビがジャージャーノイズの発生源です。テレビの画面サイズも大きそうな感じなので、もしかすると悪名高いプラズマなのかもしれません。
そのテレビの方向にヌルを向けるとスッとノイズが消えます・・・。でも、その方向で固定すると強くしたいローカル局の信号も落ちてしまうのです。
なんという偶然。

|

« 10Mhz基準周波数発振器の周波数微調整 | トップページ | スモールループ復活 »

コメント

それ、そのアンテナ、作りたかったんですよ~~。
もう手に入らないのが残念です。
30年くらい前に設計されたようなアンテナですね。
そのアンテナでも、手すりに垂直より、突き出して水平のほうがバランスも取れているし、格段に飛びますね。
うちもベランダホイップよりも突き出した短縮ダイポールのほうがコンテストで倍の数交信出来ちゃいます。
50の短縮ダイポールって市販品ゼロですからね・・・。全長3mのアンテナは簡単にはベランダに付けられませんが、半分くらいならOKですね。

投稿: JO1KVS | 2009年9月20日 (日曜日) 13時16分

KVSさん
Mコネなんでエレメント交換は簡単ですから、色々試しましたが、大きさと性能のバランスは1m程度のホイップ2本がいい按配です。
バンド幅はSWR1.5以下なら1MHz程度取れます。ちょっと広すぎですが、バランが効いているのかも。

それとホイップをベランダから地面の平行に突き出すと水平偏波だと思っていましたが、どうやら垂直成分も多くでているように感じます。
ホイップを建物に対して30-45度程度の角度で突き出すと、水平偏波に対して強くなります。
グラウンドウェーブでは偏波の違いが支配的ですので、方向やゲインを気にするよりも、偏波面を相手に合わせることが重要なようです。

今回も、実は「綺麗な水平偏波」のアンテナが欲しかったので製作しました。今日昼間ワッチした感触では、偏波面を合わせることの重要性を感じました。

投稿: JI1ANI/福井 | 2009年9月20日 (日曜日) 22時03分

建物との角度も結構重要ですね。
ホイップ単体でも水平で且つ建物に直角に出すと先端方向には不利な感じですし、ダイポールも建物と平行よりは、若干横に振ったほうが受信が良くなります。平行だと干渉の影響が強くなる感じもあります。バンザイダイポールを水平に張ると結構いい感じです。
コネクタを90~120度で開いたタイプも是非作ってみてください。
ラディックスのV型エレメントのHB9CVみたいな感じです。

投稿: JO1KVS | 2009年9月20日 (日曜日) 23時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/494/46259040

この記事へのトラックバック一覧です: モービルホイップx2ダイポールの製作:

« 10Mhz基準周波数発振器の周波数微調整 | トップページ | スモールループ復活 »