« 無線LAN子機 GW-USMicroN | トップページ | 光マンションタイプ(DSL)+11n無線ルーター+Win7 »

2009年11月 1日 (日曜日)

ローテーター静音カバーとノイズ対策

ベランダに設置したローテーターですが、やはり回すと音が気になります。まぁ、ベランダの壁で反射して、室内では屋外よりも大きく聞こえるようなんですが、夜中にアンテナを収納するのにちょっと気がひけます。

Rotator_box そこでローテーターをダンボールで箱を作って囲ってしまうことにしました。
スーパーで手ごろサイズでしっかりした厚みのあるダンポール箱を貰ってきて、カッターとガムテームでエイヤ!って作りました。
底は作らず、かぶせる形なのでカバーですね。ローテーターカバー。内部は薄い発泡ポリエチレンシートでローテーターをゆるく包むにしています。

このカバーで「カラカラカラ・・・・」という音がだいぶ音が静かになって、夜間でもそんなに気にせずローテーターを回せるようになりました。

ただ、以前はこんなに音がしなかったと思うのですけど・・・・
本来ならばメンテナンス時期ですかねぇ・・・。
購入して8年くらいになります。

それと、ローテーターとは無関係ですが、写真HF用の同軸にTDKのZCAT3035を16個入れました。

給電点のバランの後にもRFインクワイヤリーのコモンモードフィルターを入れてあるのですが、ちょっと足りない感じ。
たとえば、アンテナは28メガで全く同調していないのに、無線機のチューナーでチューニング取れてしまうのです。

同軸が伝送路だけではなく、エレメントとしても動作しているようです。
そこで無線機側とアンテナ側、双方にコモンモード対策を追加しました。写真はアンテナ側です。

今までのいろいろな経験から、同軸に写真のようにZCAT3035クランプする場合は16個程度入れないと効果は期待できません。
16個は壮観ですが、それは1回巻きだから。要するに16回巻きと大体同じです。

パッチンパッチンやってみると、やはりノイズが減りました。7メガ以下で夜間でも無信号時にはSメーターは振りません(プリアンプOFF)。
実はこの工事はWWコンテストの前にやりました。WWでカリブとかの弱い信号を割りとラクに聞けたのは、このフィルター追加でノイズが減ったことが理由のひとつ。

無線機側には、写真の倍以上のインピーダンスになるようなコモンモードフィルターが入っています。
なんとなくノイズが多いナァ~って時に、こんな感じに「これでもか!」って位入れると効果があると思います。

16個入れた後は28メガで無線機のチューナーでは同調が取れなくなりました。コモンモードフィルターでアイソレーションすることで、同軸が伝送路としてしか動作しなくなったようです。

なお、写真右側の同軸は50メガ用の10D-FBですが、同じようなやり方で16個入れてあげると、ノイズレベルがS1程度下がって、ノイズブランカーの効きが良くなります。
パッチンするだけで簡単ですが、このような方法でローバンド~144メガまでコモンモードフィルターとして動作していることを確認しています。

ご存知の方も多いですが、コアとコアの間を2cm程度離しているのがミソなんですhappy01

|

« 無線LAN子機 GW-USMicroN | トップページ | 光マンションタイプ(DSL)+11n無線ルーター+Win7 »

コメント

コア、壮観ですね~。
これくらい使うと違いが歴然なんですね。
いつも2~4個で自己満足してました。

投稿: JO1KVS | 2009年11月 1日 (日曜日) 08時55分

KVSさん
確かに壮観なんですよね。でも一回巻きだとこの位の数が必要です。既製品は高性能コアに細いテフロン同軸を数回巻きにしたものを、数珠繋ぎしています。
でもZCAT3035も使い方のバリエーションが広いので、数十個happy01あると便利です。

投稿: JI1ANI/福井 | 2009年11月 1日 (日曜日) 14時03分

いやー参考になりました。こんだけ入れるのと2cm間隔が効果的とは!? 早速試してみます!vy tnx OM

投稿: ja4fhe | 2009年11月 2日 (月曜日) 18時50分

FHEさん
こんにちは。お久しぶりです。
たくさんに見えますが、一回巻きだからですよ。インピーダンスは10Mhzで100Ω程度。16個直列だと1600Ω弱と推測しています。
多分、市販されているCMFのほうが、写真のCMFよりもずっと優秀だと思います。
ですので、写真のようにテストしてみて効果があれば、屋外ならその場所に市販や自作のCMFを入れるというのが僕の対策方法です。
ZCAT3035のプラスチックケースは紫外線に弱く、屋外で半年~1年程度使用するとケースが割れてしまうからです。屋内なら全く問題ありません。

投稿: JI1ANI/福井 | 2009年11月 3日 (火曜日) 12時29分

こんばんは。 私も50MHzのケーブルに室内はこれでもかって位に挟んでいるのですが、なぜ2cm間隔なんでしょうか?

投稿: JP1LRT | 2009年11月 4日 (水曜日) 20時00分

LRTさん
こんばんわ。くっつけても同じだと思ったのですが、ちょっと離して(2cmと決まっているわけではありません)コアが互いに結合しないようにした方がインピーダンスが高く取れる・・・・とomさんからお聞きしました。
1回巻きの場合はくっつけても離しても変わらないように思いますが、複数回巻きの場合は線と線が近づくことで容量結合がおきてしまうようです。

投稿: JI1ANI/福井 | 2009年11月 4日 (水曜日) 22時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/494/46633445

この記事へのトラックバック一覧です: ローテーター静音カバーとノイズ対策:

« 無線LAN子機 GW-USMicroN | トップページ | 光マンションタイプ(DSL)+11n無線ルーター+Win7 »