« FE-5680A オーディオマスタークロック(その4) | トップページ | イルミネーション »

2009年12月 6日 (日曜日)

160m 北米CFM

160m_na
ちょうど1年前に160mで北米とQSOできましたが、今年は・・・・ルビジウムでコンテストなのを忘れていました。

「しまった!」と思ってワッチしたけど、今回は・・・・・・聞こえません。
やはり去年は異常にコンディションが良かったのでしょうか。

せっかくエレメント伸ばして160mもQRVできるようにしたのになぁ・・・・。って地上高3mじゃぁ、さすがにムリだろうなぁ・・・・なんて思っていたらエアメールが届きました。
ちょうど一年前に交信できたN7UAからです。

これでEUとNAはCFMできました。後はアフリカと南米ですが、まぁ、先は長いですしノンビリ行くこととします。

でも160mは面白いですね。本当に。
それにオープンの時間が決まっているので、サラリーマンにはQRVしやすいバンドかも。

他のバンドだと「もしかして・・・・」みたいにズルズルとワッチしてしまうようなことは、基本的には無さそうです。
それにアンテナがアンテナですから、コンディションが普通ではなんも聞こえません。諦めも早くなりますhappy01

このQSLは、ベランダホイップ4m+ベアフットで狙った末のQSOですから、思い出の1枚になりそうです。

|

« FE-5680A オーディオマスタークロック(その4) | トップページ | イルミネーション »

コメント

おはようございます。初めまして高木 清と申します。
こちらのHPを見て、リトルタヒールⅡでHFモービルを
始めた者です。QRVは約1年半になります。
先週のCQ WW DX CWに160mでUA0とHLが
できました。昨夜のAARL 160mもワッチしましたが
Wの信号は弱くNGでした。
私のアンテナエレメントは、アルミパイプ継ぎたしで
6.5mあります。80mではWとQSOしています。
私も、IC7000+タヒールⅡでWと160mでQSOしたい。
いつもこちらのHPを拝見してます。


投稿: 高木 清 | 2009年12月 6日 (日曜日) 09時21分

高木さん
こんにちは。いつもご覧頂ありがとうございます。リトルタヒール2をお使いになっているとのこと、調子はいかがですか?
3.5~50メガまで使えますし、エレメントを長いものに交換するとローバンドもかなり性能があがります。
MFJに3.6mのロッドアンテナがありますので、7とか3.5の半固定運用用にトランクに入れてあります。
先端にビニール線を取り付ければ160mも運用できると思いますが、マッチングには一工夫必要ではないかと思います。

投稿: JI1ANI/福井 | 2009年12月 6日 (日曜日) 15時16分

2月に一度、PSKでお相手いただいたものです。
160m北米のコンファームおめでとうございます。

先週のWWDXで私も初めて160mで北米と交信できたのですが、それがやはりN7UAだったので、思わず書き込みさせていただきました。この局はかなり耳の良い局のようですね。私は10m長の短縮バーチカル+50Wでやっているのですが、相当に相手の設備に助けられた感じです。

投稿: birdie/JF1HYG | 2009年12月 6日 (日曜日) 22時37分

HYGさん
こんにちは。いつもご覧いただき、ありがとうございます。
N7UA Bobさんは耳がいいですよねぇ~。QSLをクリックすると拡大されますが、左下にK3 KW 4sqと記載されています。
やはりビームアンテナを使っているんですね。ロケーションも良いところのようですけど、そこに4sqかぁ~。
どうりで・・・・
今週末のARRLは収穫ありましたか? こちらでも何回かワッチしましたが、信号の有無がわかる程度でNo Copyでした。
仕方がないので1.9でPSKに励んでいました。

投稿: JI1ANI/福井 | 2009年12月 7日 (月曜日) 12時18分

4sqですか・・・。なかなか真似できませんね。うらやましい限りです。
先日のARRL160mは、いろいろ所用が重なって運用できませんでした。
ですが、今度の週末は時間が取れそうなので、また北米方面狙いでがんばってみたいと思います。

投稿: birdie/JF1HYG | 2009年12月 7日 (月曜日) 23時06分

HYGさん
こんばんわ。160mでWとQSOおめでとうございます。
10m長短縮バーチカルと50Wで交信可能なのですね。

実は、ARRL160m TESTに20m長の1Φアルミ線
ホイップの実験をしました。強風でNGでした。
ヘリウムガスによるバルーンアンテナです。
リトルタヒールⅡで簡単にチューニングができます。
理想は、大型バルーンで40mにしてフルサイズ1/4λバーチカル
です。1立方メートル以上の容積で1kg程度の浮力が出ます。
設置は十分可能です。高木 清

投稿: 高木 清 | 2009年12月 7日 (月曜日) 23時17分

高木様

resありがとうございます。
私はいわゆるアパマンハムのため、主に近所の駐車場に移動してDXを狙っています。160mは50Wでどこまで出来るものかと思っていたのですが、相手の設備がよければ(今回のN7UAや今春のVK9GMWなど)拾ってもらえるようです。

バルーンアンテナ、風が強かったようでNGだったようですね。
私もJH1GVY森岡OMの記事を参考に80mで一度挑戦したことがあるのですが、風に流されてまっすぐ揚げることができず失敗しました。でもこれは一度試してみたいアンテナですね。

投稿: birdie/JF1HYG | 2009年12月 8日 (火曜日) 23時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/494/46942949

この記事へのトラックバック一覧です: 160m 北米CFM:

« FE-5680A オーディオマスタークロック(その4) | トップページ | イルミネーション »