« アバター AVATER | トップページ | KENWOOD PA18-3A 直流安定化電源 »

2010年1月 9日 (土曜日)

SRC2496 音質もイイ!

ベリンガーのSRC2496、コレ、お買い得です。サンプリングレートコンバーターという肩書きなんですが、AD/DAコンバーターとしても使えます。
ただフルデュープレックスじゃないのが残念。でも2台揃えてフルデュープレックスで使いたくなります。

購入の目的はデジタル入力の切替器兼サンプリングレートコンバーターだったのですが、ADコンバーターとして、オーディオ用のDACとしても優秀です。CD素材をレコーディングするスタジオ向けの機材ですから当然と言えば当然なんですけど・・・・。
CDプレーヤーをSRC2496に接続、DA変換してアナログ出力をアンプ付きのスピーカーに接続してあげれば、オーディオシステムの出来上がり。
音は聞いてびっくり!1ランク上というか、一桁くらい上の音がします
さすがベリンガー、コストパフォーマンスは抜群です。

サンプリングレートコンバーターとして心臓部のクロックはココで公開されているように、512fsの周波数の水晶発振子を使っています。
水晶発振子を使っていると「発振器じゃないの?」ってイメージがありますが、いわゆる発振器を換えると音質が・・・・という音質に与える影響が大きいのは周波数精度よりも、その周波数の生成方法(回路)が支配的に感じています。
水晶発振子だからダメ・・・・ということはありません(もちろんダメ?な場合もあります)。
Crystal
プロ向けの機材を見ると水晶発振子を使ったものが多数あります。むしろ水晶発振子を使ったものの方が多数なのでは?

プロ向けの機材は外部ワードクロックで同期取るようになっていますが、外部ワードクロックと内部の水晶発振子の周波数を位相比較して同期取るだけで、外部ワードクロックで機材を動作させるわけではありません。
水晶発振子でもプロの耳を十分満足させるレベルをクリアできる・・・・と言えばいいのかな?

SRC2496の音質はいわゆるモニター系ですので馴染めないかもしれませんが、音を加工する時、加工前と加工後を比較する場合など、このような音じゃないと困ります。

僕の狙い通り、SRC2496はデジタル信号の切り替え器としても使え、S/P DIFの同軸と光、そしてS/P DIFの同軸としても使えるAES/EBUの3入力を切り替えてSRC2496に取り込むことができました。
それに全てのデジタル入出力はパルストランスで絶縁処理されています。機材間のアイソレーションも取れます。

デジタル信号の入力時にはサンプリング周波数と周波数ロック、信号フォーマット(S/P DIFかAES/EBUなのか?)、プリエンファシスの有無、コピーガードステータスが表示されます。
複数の機材を接続すると、これが結構便利。

またアナログ信号もADコンバーターでデジタル化して取り込めますので、IC-7800の光入力(送信変調入力)へSCR2496の光出力を接続すると、1アナログと3デジタル信号の入力切替器として使えて、想像した以上に便利。

SRC2496の出力をIC7800に合わせて48kHz/ S/P DIF /16BITに設定すれば、入力側は32~96kHz 16~24BITのデジタル信号、そしてアナログ入力に対応しますから、接続先の機材を選びません。

IC-7800/7700に組み合わせて使う方は少数でしょうけど、デジタルモードもSSBも光端子で全部やりたいけど光端子の切替は?他の機材との接続は?って方にはピッタリ。
オーディオに凝っている方は「サブのDAC」として検討されてはいかがでしょう?
思うにサンプリングレートコンバーターではなく「DAC2496」って名前でDACとして発売されていたら、ベストセラーになっているんじゃないかと思います。

ベリンガーはコストパフォーマンスが良い製品を揃えていますが、SRC2496はその中でもピカイチの製品だと思います。
SRC2496についてはココのページが利用者視点で機能がまとめてあって便利です。

|

« アバター AVATER | トップページ | KENWOOD PA18-3A 直流安定化電源 »

コメント

年末にSCR2496の外部ワ-ドクロックがPLLロックしないという件で投稿させていただきましたTallmanです。
結果を申し上げますと、ワ-ドクロック端子部基板修正とのことで、メ-カ-から修理という形で修理されて送られてきました。
購入して最初から動作しなかったので初期不良品で新品交換ということになるのでは?と思いましたが、対応がとても迅速だったので
目をつむりました。ルビジウムユニット(DATUM LPRO)で同期されたCCG-525を接続しアップサンプリングや再量子化
せず、44.1khz/16bitのまま音だしして見ました。internalとexternalとdig inの三通りの音を聴き比べしました。
意外にもルビジウムで同期をとったexternalの方がdig in(onkyo ONKYO SE-90PCIをトランポにしてる)よりもわずかに硬さの
とれた音になり、三通りとも音質がことなる結果でした。当方には、trimbleのGPSDO(Z3801Aに似たタイプ)とアジレントの
53132A(12桁周波数カウンタ)をもった環境であるので、ccg-525から出力される44.1khzを計測してみましたが、
ルビジウムの11桁のよりも一桁落ちの10桁精度になるかならないかくらいの精度をもって出力されているのを確認できました。
一般的にルビジウムで同期をとった音は硬質になるようですが、一概にそうはいえないと思いました。上記で述べらているように
src2496の内部クロック(22.5792Mhzor24.576Mhz)で分周された44.1khzや48khzと位相比較してフェイズロック
させてるわけですが、精度よりもPLL回路の精度(位相ノイズやジッタをいかに出さないか)に音の良さは依存しているように
思えてなりません。結局、発振元のルビジウムも言い方を変えるとルビジウムによってPLL回路により校正されたOCXOによる
発振器によって同期運転されており、さらにCCG-525に内臓されているPLL回路によっても同期され、さらにSRC2496の
内部のPLL回路によってもフェイズロックされるので、こう考えるとよい音が出てくるのかなと疑問におもってしまします。
面白かったのは、試しにCCG‐525に内蔵されている三田電波製のTCXO(1ppm)を外しても、10Mhzの外部入力から
44.1や48khzなどの信号が出力されることでした。おそらく、この外部から入力された10MHZを直接、分周して信号を
出力しているのだと思います。デジタルなので当たり前ですが内部は結構、ロジックICが使われています。
以上のことを考えると、某大手メ-カのADA-7000Rから出てくる音をますます聴いてみたくなります。
因みに、このADA-7000RとはAD/DAコンバ-タで外部のワ-ドクロックなどによる同期でA/DやD/Aコンバ-タに
信号を供給してしまうとAD、DAコンバ-タ内部のPLLの影響を受けてしまうためジッタをもってしまうため、AD/DAコンバ-タ
内にルビジウム発振器を直接に内臓しているというものです。時間軸だけで音の良し悪しを決めるならすごい技術だと思います。
結果的に高精度の発振器は位相ノイズの低く、特にルビジウムは人間の可聴範囲での位相ノイズが低いので、定位のよく、解像度の
高い音が期待できるものだと思います。音の良さは、位相ノイズ>PLL回路によるジッタ>周波数精度のような気がしました。
以上、長文ですみませんでした。

投稿: tallman | 2010年1月14日 (木曜日) 21時21分

tallmanさん
SRC2496の不良が直ったとのこと、良かった。早速色々とテストされているんですね。
すばらしい機材をお持ちでうらやましい限り。

こちらでも色々と実験してtallmanさんと同じ感想を持っています。
詳細は記事でフォローしていきます。

投稿: JI1ANI / 福井 | 2010年1月16日 (土曜日) 13時35分

はじめまして。

購入してから気がついた事を書き込み致します。


>プロ向けの機材は外部ワードクロックで同期取るようになっていますが、
>外部ワードクロックと内部の水晶発振子の周波数を位相比較して同期取る
>だけで、外部ワードクロックで機材を動作させるわけではありません。

基本的に、内部回路はシステムクロック(内蔵のクロック)で動作しているはずです。
但し、デジタル信号をSRC2496の内部で処理する為に、サンプリングの必要があり、
どのクロックをマスターにして、PLL(同期)させるかを利用者に選択させる仕様のはず
ですが。

(SRC2496以外のサンプリングレートコンバータの場合は、市場の要求を満たす為、
共通の仕様を満たしていますが。SRC2496だけは異質です。)

SRC2496の場合は、「EXTERNAL(ワードクロック)」のモードが機能
していません。

「DIG IN(optial, coaxialで入力されるクロック)」のモードと同様な動作です。


>水晶発振子でもプロの耳を十分満足させるレベルをクリアできる・・・・
>と言えばいいのかな?

ここが曲者で、SRC2496は、プロの耳を満足させる事ができません。

複数の機材を同期させるシステムとしてのワードクロックを受け付けなければ、
SRC2496は、メーカー(ベリンガー)が示す仕様を満たせないはずですが、
残念な事に、SRC2496の場合、完全にワードクロックを無視して動作しています。

設計バグが放置されたままと思われます。
現状販売している販売店は、知りながらとぼけ、詐欺に近い状態で消費者を騙して
販売している可能性があります。

一般常識がある販売店は、消費者の声を受けて、返品を受付、返金に応じた後、
販売を中止している様です。

しかし、一部の販売店が消費者を騙し正常品と偽って販売している為、
購入者は、ワードクロックを入力しているはず、動作しているはず、と錯覚し
信じて購入してしまいますが、購入後、セットアップしても周辺機器と同期して
いない為、音質の違いに疑問を感じることとなり、その疑問を解決するのに、
無駄な時間を浪費します。
後々SRC2496が本来の仕様と違う動作をしている事に気づく事になります。

また、筐体、制振対策、電源設計のいい加減さもあり、音が滲みます。
トランスが唸ります。
プロ(およびオーディオファン)が受け入れられる仕様の商品ではありません。

紛い物、おもちゃ好き、サンプリングレートコンバータ擬きを求めているの方
であれば、不足を感じない可能性もあるかと思います。
しかし、それ以外の方には、正直、SRC2496をお勧めできません。

上記を理解され購入されご使用中であれば、何も申し上げる事はありません。


P.S.

これ以上、犠牲者を増やしたくありません。
購入者の気持ちをご理解いただけますでしょうか?


投稿: 安物買いの銭失いだった | 2012年8月 3日 (金曜日) 17時52分

>年末にSCR2496の外部ワ-ドクロックがPLLロックしないという件で
>投稿させていただきましたTallmanです。
>結果を申し上げますと、ワ-ドクロック端子部基板修正とのことで、
>メ-カ-から修理という形で修理されて送られてきました。

Tallmanさんは、どちらのショップをご利用されましたか?

ベリンガージャパンが撤退した現状では、最悪です。

私の購入したショップでは、修理をするどころか、
Tallmanさんがご指摘の不具合について、それが、仕様だと言い張り、
購入者へ喧嘩をふっかけてくるわ、「購入者さまが無知だから、理解できない
でしょうが、・・・・と難癖をつけて、こちら(販売店)側はプロだから、」
と、ごまかしたい放題です。
詐欺商法そのままです。

悪徳業者に行政処分が下され、真っ当なショップが繁盛することを願っています。

ショップ名を書き込みしたいところですが、あの様子では、名誉毀損だ!!と
言い出しそうな悪徳業者の為、管理人様に迷惑がかからない様に、
インターネットの通販の評価で悪名高いショップで購入し、失敗しました、と
だけ書いておきます。

投稿: 安物買いの銭失いだった | 2012年8月 3日 (金曜日) 18時14分

安物買いの銭失いだったさん

僕は無線用としては満足していますが、オーディオファンの方と使い方が違うので一般的な評価ではないかもしれません。

投稿: JI1ANI / 福井 | 2012年8月 3日 (金曜日) 21時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SRC2496 音質もイイ!:

« アバター AVATER | トップページ | KENWOOD PA18-3A 直流安定化電源 »