« WPXコンテスト絶好調 | トップページ | IC-7800 Ver. 2.21リリース »

2010年3月28日 (日曜日)

DMS-05 CQ誌4月号掲載マイクプリアンプの音

CQ誌4月号に掲載されているJA1BBP早坂さんの「市販ファンタム電源を利用したHi-Fiマイク・アンプの製作」をローカル局が早速製作して、夜のラグチューにでてきた。
このマイクプリアンプは早坂さんご本人がDMS-05と命名された自作5号機です。

製作したローカル局はいつもはARTのV3を使っていて、先日もV3の真空管をチャイナ球からECC球に換えたばっか。
DMS-05でブレークもらった時は「ぶ~~~~~ん」とハム音が乗っていた。周波数を測るとちょうど100Hz。電源か?なにかの誘導??製作した本人も困惑してる様子。

でも、そのハム音がクラシックコンサートが始まる前の音合わせのような感じで聞こえるんです。ハムはハムでもそのハム音がとっても綺麗なのです。
そのすばらしいハム音(?)を聞いて「マイクプリアンプの出来はかなり良さそう」とラグチューしてると「もうちょっと調べてみる」とマイクプリを作った局が引っ込んだ。

残ったローカル局と僕とで「ハム退治は時間がかかったりするのが普通だからなぁ~」と引っ込んだ局を案じていました。(つまり何日もかけないとハム音の原因が見つからない・・・とか)。
すると、30分ほどでハム音なしで再度ブレーク。

「すばらしい ARTのV3よりも全然上の音がする

待っていた2局(一人は僕)は大喜び。
いゃぁ、びっくりしました。透明感が高くて、音のキメが細かいんです。つまり音が数段良くなりました。
もちろん、周波数特性も下から上までズドーンとフラット。
マイクはRODEのNT-3だったけど、その素直な特性とマッチして・・・・いゃぁ、とってもイイカンジで聞こえています。

マイクプリアンプって透明感があるものが少ないというか、透明感はマイクプリアンプを見極める一つのポイントだと思います。
色付けしないで増幅する・・・って言うは易しで、ちょっとしたコンデンサーや抵抗をオーディオ信号が通るたびに「色が付く」わけです。

今回の早坂さんの回路ではシンプルな回路になっているので、この透明感がでているのでしょう。
この透明感のある音質は50k以上のマイクプリアンプでないと・・・・出せないなぁ。

もっとも今回利用されているマイクプリ用の専用オペアンプ。実は50kクラス以上のマイクプリに採用されているオペアンプなんです。
したがって今回のマイクプリアンプの回路は、付属回路を取っ払った「50kクラスのマイクプリアンプ回路」そのものと言えます。

この回路を無線機のマイクアンプとして自作無線機に内蔵すると、マイク端子にキャノンコネクターを使ってイイカンジに仕上がると思います。出力はアンバランスですから使いやすいですしね。

で、ハム音の原因ですが、どうやら改造元のPS-400の電源アダプターのようです。「PS-400の電源(DC12V)を安定化電源から供給したらハム音が消えた」とのこと。
相当数の方が現在製作チャレンジ中と想像されますが、ハム音がでたら電源アダプターを疑った方が良さそうです。

でも、このマイクプリ、すばらしいです。コンデンサーマイク用のベストC/Pマイクプリアンプなのは間違いありません。もちろんファンタム電源無しで普通に製作すればダイナミックマイク用マイクプリアンプとして使えます。
とても小型ですから、マイク切り換え器とかに内蔵させるといいと思うのです。
可能ならば電源を±15Vにしてフルスウィングさせてあげると、力感がでて、緻密でダイナミックな音に仕上がると思います。

|

« WPXコンテスト絶好調 | トップページ | IC-7800 Ver. 2.21リリース »

コメント

度肝を抜かれましたね。すごいすごい。
私も作ってみたくなりました。

きれいなケース(少し小さいけど)キャノン入力端子付きだけで
もPS-400を使う価値はありますね。安いんですもん。

投稿: JE3OZB/JA1AGJ | 2010年3月29日 (月曜日) 20時55分

いゃぁ、想像していたものの、ここまでだとは思いませんでした。なんせローカルで信号も強いので、とても細かいところまで良く分かりましたが・・・・脱帽です。

自分も作ろう・・・と強く思いました(笑)。

投稿: JI1ANI / 福井 | 2010年3月29日 (月曜日) 21時19分

DMS-05をお褒め頂きありがとう御座います。
成田の会社にも、ようやくPS400が入荷したようです。
それにしても、マイクアンプによる音の違いが明確に分かるほどの、電界強度下で相互にQSOできる方々が羨ましい~!

投稿: JA1BBP/ 早坂 | 2010年3月29日 (月曜日) 21時20分

早坂さん
ご本人からコメントありがとうございます。50メガは直接波なのでマルチパス以外に音が悪くならないですからね。
電離層に反射すると、どうも丸くなるというか、甘くなってしまうので・・・・。
いゃぁ、ほんとタマゲました。ローカル局はFT-2000(PEP化済)なんですが、マイクプリもさることながらFT-2000のポテンシャルにも驚きました。
今回は本当に良い経験になりました。

投稿: JI1ANI / 福井 | 2010年3月29日 (月曜日) 21時32分

皆さんにお褒めいただいて恐縮しております。というよりもDMS-05の実力に改めて感服している次第です。味を占めましたので近いうちにダイナミックマイク用にもう一つ製作したいと思います。
PS400は不要ですからケース込みで2千円でお釣りがきそうですね!

投稿: JO1VZD/高橋 | 2010年3月29日 (月曜日) 22時49分

えっ、もう在庫僅少。

クリックしちゃオー

投稿: JE3OZB/JA1AGJ | 2010年3月30日 (火曜日) 20時09分

高橋さん
いゃぁ、衝撃的でしたよ。あの音は。
V3が悪いわけでなくてDMS-05が良すぎるというところですね。
特に価格(費用)を考えるとAGJさんように「クリック」することになっちゃう。
僕はダイナミックマイク派なんで、作るだけ・・・ですけど、NT-3も持ってるし・・・
今取りかかっている案件(?)が一段落したらチャレンジするつもりです。

投稿: JI1ANI / 福井 | 2010年3月30日 (火曜日) 21時42分

各局

JA7ESW 園部OMもDMS-05の製作にチャレンジされていますのでご紹介します。
http://sonoblog886.blog108.fc2.com/blog-entry-9.html

ところで、ハムが混入するという話がありますが、これはACアダプタに起因しているようですね。
当局の場合、ACアダプターの位置を変えただけで簡単に対策できました。勿論、ちゃんとしたDC電源で運用した方がFBですね。

以上、福井さんのBlogを利用しての説明となり甚だ恐縮ですが情報提供まで。

投稿: JA1BBP/ 早坂 | 2010年4月 1日 (木曜日) 06時40分

早坂さん
おはようございます。
おっ! 次々と製作された方の報告がありますね。園部さんのやり方は私も考えたのですが、ケースの価格が結構しちゃうので・・・・と思案していました。
こうやって次々と製作されているのが分かるのは嬉しいですね。

投稿: JI1ANI / 福井 | 2010年4月 1日 (木曜日) 23時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: DMS-05 CQ誌4月号掲載マイクプリアンプの音:

« WPXコンテスト絶好調 | トップページ | IC-7800 Ver. 2.21リリース »