« 10Mhz スプリッター | トップページ | R1ANP 7/PSK31 »

2010年4月25日 (日曜日)

お手軽リモート局ツールRRC1258mkII到着

いゃぁビックリしました。目からウロコとはこのこと。RRC1258mkIIはそんな製品です。
無線機をリモートコントロールすることは一昔前から可能ですが、無線機のVFOを回したり、ツマミを調整する無線機の操作フィーリングの再現は・・・・ムリ。
せいぜい、ロータリーエンコーダーをVFOに見立てて運用するのが精一杯。

そこで・・・・コレ
Rrc1258_706
セパレート型の無線機のパネルと本体をインターネットで接続しちゃおう

図をみるとありがちなパソコンがありません。2台のRRC1258がパネルとインターネット、無線機本体とインターネットを接続する形。コントロールする側はこんな感じ。
706mk2_head
IC-706mk2のパネルを専用ケーブルでパネル下のDC12Vを供給したRRC1258mkIIへ接続、後はインターネットに接続して終わり。パネル側の配線はインターネット回線(LANケーブル)と電源(ACアダプター)だけ。
本体側も同じように専用ケーブルで706本体とRRC1258mkIIを接続してインターネットに接続。
本体には電源とアンテナの同軸を接続します(つまり、普通に無線機をセットアップします)。

この状態で無線を始める時にどうすると思います? どこにもネット接続するスイッチはありません。無線するには無線機の「POWERボタンを押す」だけなんです。
電源ボタンを普通に押すと、RRC1258がインターネットに接続、ネットに接続して待機中の本体側に接続したRRC1258を呼び出して無線機本体に電源スイッチを入れて、手元のパネルに周波数や受信音を送ってきて、手元のスピーカーから受信音が聞こえます。

最初に設定がチト面倒だし専門知識が必要ですが、設定が終われば無線機が操作できる人なら何も考えずに無線機を操作するダケ・・・。
説明しなきゃ、ネットでどっかにつながっているなんて無線やってる人でも・・・・たぶん気づかないですよ。
このRRC1258mkIIは、僕が考える技術の進歩の正しい方向を具現化しています。

コントロール装置にはADCとDACが1組、それにシリアル制御が数組組み込まれていて、パネルと本体の間をインターネット経由で接続、まるでICOMの オプションケーブルを使っている感覚で使えます。

似たような製品は米国にもありますが、ハードウェア的にもソフトウェア的にもRRC1258mkIIが上でしょう。

見付けた翌日に注文。ちょうど品切れ中で、3月下旬に先方が発送してから手元に届くまで2週間以上。
SMの出国税関で1週間、JAの入国税関でも1週間程度じっくり(?)通関を受けて到着しました。実は禁制品を買っちゃって、税関から呼び出しでもあるんじゃないかとビクビクしてました

数週間の旅で若干やつれ気味ですが、とどいたのがコレ。
Box
中身も欠品なし。注文したものが揃っています。
Box_set
パッケージや本体、付属品など、モノ的にはとっても信頼感があります。紙のマニュアルがあればいわゆる「日本品質」です。
中をみたけど、基盤も量産している表面実装ラインに流して作ったシロモノ。素人の工作ではありません。
素晴らしい

ICOMさんへ提案
IC-9100の発売を延期してでもIC-706のようにパネルと本体を分離してRRC1258で接続できる仕様に変更すべきです。
バンドスコープの情報をネットで送るには現時点では帯域の問題があります。9100は本体の機能を制限せず、リモート先で100%再現可能な未発売のIF DSP採用の無線機です。
この機能は新しい無線機を購入する動機になります。従来の無線機は・・・・パネルと本体が分離できないのですから、どうしようもありません。

|

« 10Mhz スプリッター | トップページ | R1ANP 7/PSK31 »

コメント

すごいですね。リグとフロントパネルの間にネットが入っている!。
これならフルコントロール出来ますね。
欲しいなぁ。

投稿: JO1KVS | 2010年4月25日 (日曜日) 12時37分

もしかして、全国の親戚、知り合いの家など、あちこちにIC706ボディを配置して、好きなところからQRVとか出来そうですね。

投稿: JO1KVS | 2010年4月25日 (日曜日) 12時48分

KVSさん
これは絶対のオススメ!!もちろん初物の危うさはありますが、ハードはMFJとはケタ違いに良い(爆笑)。
ソフトの出来は恐らく本業の企業向けの制御システムで鍛えられたホンモノです。
ソフト的にはSkypeみたいなファイァウォール越えができたら100点満点なんですけどね。
コントロールは有線インターネット、ラジオは窓側のWiMAX経由で操作していますが、ホントにICOM純正のセパレートケーブルで接続しているのと変わりません。
音質は最低でもISDN電話並です。PC画面でリモートアクセスして、コントロールソフトで・・・・なんて、やってられません。

投稿: JI1ANI / 福井 | 2010年4月25日 (日曜日) 13時45分

IC-7000用が出たら買いたいですねぇ。
でもどこに置こうか・・・。

投稿: JO1KVS | 2010年4月25日 (日曜日) 18時50分

セットアップされたんですね。
Phoneはホント「つなぐだけ」ですね。CWだと、やはり微妙なタイミングが気になります。
私のところでは、IC-703のパネルをリビングに持ってきて、QRPで遊べるようにしました。

投稿: JN1GLB | 2010年4月25日 (日曜日) 20時04分

KVSさん
7000は706とはかなりちがった方式なので難しいと思います。
一応7000のコントロール方法をみつけましたが・・・・かなり無理がある方法ですのでお勧めできません。

GLBさん
CWだと微妙なネットディレイが気になりますね。でもSSBやFMだと全然気になりません。
恐らくデジタルモードもokでしょう。RTTYはFSKだとCWと同じ問題が発生するかも・・・・。
まずはSSB/FMで使えるようにセットしたいと思っています。

投稿: JI1ANI / 福井 | 2010年4月25日 (日曜日) 21時06分

魅力的な製品ですね。値段が気になっちゃってリンク先を見ました。
400eurですか? 1eur=\126として\50,400
これが有れば色々楽しめるし、PCよりも信頼性が高いように思いますので欲しいですね。

投稿: feizyoa | 2010年4月26日 (月曜日) 11時34分

feizyoaさん
いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。先週からネット回線を杉並←→大手町←→某所←→杉並と経由する2社のインターネット回線で動作させていますが、安定しています。
PC立ち上げて待機させるよりも場所も電気代も安心感も全然違います。

CATでコントロールなら殆どの無線機が使えますが、真骨頂のパネル分離型だとIC-706/TS-400/TS-2000に限られるのが残念。
アルインコの新製品DX-8R8JもKENWOODと同じ方式(機械的にも電気的にも)で本体とパネルが分離するならKENWOODの設定で使えるかもしれません。

投稿: JI1ANI/福井 | 2010年4月26日 (月曜日) 12時23分

始めまして、JN1TAIといいます。目からウロコのシステムですね!これならV/UHFでアンテナ直下にRIGを置き、ロスを減らすことも簡単ですね。
また、コントローラー部を複数所有し、無線機本体システム1台を共有し、複数の地点からも簡単にON AIRできそうですね。友達と共有の免許を受ければ、世界中からON AIRできるようになりそうです。
ご紹介ありがとうございました。

投稿: JN1TAI | 2010年5月20日 (木曜日) 09時25分

TAIさん
こんばんわ。いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
本当に目からウロコのシステムです。ガレージメーカーですからICOMやYAESUの製品のようには行きませんが、ガレージメーカーとしてはかなり信頼できる製品です。
ご指摘のようなことも簡単にできます。例えば全国の友人がお互いの無線機を提供して、お互いのQTHから別の人がQRVしてQSOする・・・・なんて、頭がこんがらがることもできます。
もちろん、免許の問題が解決すれば・・・ですが・・・。

投稿: JI1ANI / 福井 | 2010年5月25日 (火曜日) 23時30分

20年ぶりに近々カムバックする者です。情報収集しててココに来たのですが、ローテーターも遠隔操作可能なのでしょうか?そしたら自宅にアンテナ建てないでおこうかな・・・

投稿: xga | 2010年6月 9日 (水曜日) 18時20分

ローテーターもコントロール可能ですが、RS-232C対応のローテーターでないとコントロールできません。
ヤエスのローテーターが対応機種にないのは、単に検証されていないのか、それとも何らかの理由で対応できないのかは不明です。
対応しているローテーターを輸入してリモートコントロールしている方もいらゃっるようです。

投稿: JI1ANI/福井 | 2010年6月10日 (木曜日) 12時29分

こんにちはANIさん 以前ルビジウムオーディオマスタークロックジェネレーターで コメントさせていただきましたJF1JSGです。
自分も仕事場から 何とか自宅の無線機をリモートできないかと 何年もいろいろな方法でチャレンジしてきました。
先日RRC1258の存在を知り、検索をしてみると なんとANIさんのブログが出てきて興奮状態でコメント書かせていただいてます。
ANIさんが使っているなら安心して購入することができると思い、HROに注文し9日ほどで手に入れることができました。長年の夢が叶いそうです。ありがとうございます。

投稿: JF1JSG | 2011年2月20日 (日曜日) 12時57分

JSGさん
こんにちは。この製品はその後も発展形としてちょっと別の機能を持ったバージョンなども発売されましたが、ファームもキチンとアップデートされているし、信頼できると思っています。
私はIC-706で使っていますが、ネット環境があれば、どこからでも「LANケーブルをプチ、電源オン」でリモートできるのです。
ハードとソフトが組み合わさっているため、PC不要というのが一番のポイントだと思っています。

投稿: JI1ANI / 福井 | 2011年2月20日 (日曜日) 16時04分

ルーターの設定画面では穴あけが出来ているはずなのにUDPが通らず、悩んでいます。自宅LANの中での遠隔操作は出来るのですが…。
ところで、DynDNSの設定でパスワードが・・・表示にならず、もろ見えなんですが、こんなことってありでしょうか?ファームウエア2.42なんですけど。ANIさんのところではどうですか?

投稿: JA2JVC/石井 | 2011年11月 6日 (日曜日) 19時16分

石井さん
こんばんわ。私の場合、ルーターの設定は一切触っていません。 UDPも勝手に通ってくれたので、これは使えると思った次第です。
それとDynDNSは使っていません(別のサービスを使っています)ので、ご指摘の部分はわかりません。

投稿: JI1ANI / 福井 | 2011年11月 6日 (日曜日) 19時56分

どうもルーターが駄目だったようです。インターネット接続が不安定だったこともあって交換したら、遠隔操作ができるようになりました。
私の場合は、車にアンテナを立てずにHFモービルをしたいという発想だったので、コントロールエンドにEモバイル、ラジオエンドに光回線という構成です。リグはアルインコのDX-SR8J、アンテナはオールバンドに切り替えなしに出るためにMFJ-993Bオートチューナーを介してCobra Ultralite Seniorを使っています。
EモバイルのD41HW(+DCR-G54/U)の性能が発揮できるエリアではない(回線速度がよくて1.5M程度)ので、CWの受信は問題ない(受信できないのは単に私のCW技能の問題)ですが、送信は極めて困難なのが現状です。Cのように長点と短点を交互に送るような場合はまだいいのですが、短点が連続するような場合が難しい。DEがBEになったり6Iになったり散々です。
何はともあれ、通勤の車中でHFを聞けるようになったのは嬉しい限りです。

投稿: JA2JVC/石井 | 2011年11月 9日 (水曜日) 21時18分

福井さん、はじめましてこんばんは。
私もリモートコントロールにチャレンジしようと思いお聞きしたいことがあります。
本文に、”IC-706mk2のパネルを専用ケーブルでパネル下のDC12Vを供給したRRC1258mkIIへ接続”とありますが、専用ケーブルとはどのようなものでしょうか?706の本体とディスプレーを分離するためのケーブルを加工したものでしょうか?詳しく教えていただけると幸いです。

投稿: tashiro | 2011年11月30日 (水曜日) 21時25分

tashiroさん
こんばんわ。IC706とRRC1258の接続ケーブルは706のリモートケーブルと普通のLANケーブルを切断・加工して自作しました。
作り方はマニュアルに載っていましたが、Webでも見ることができるようです。
http://www.remoterig.com/wp/?page_id=444
のページの上部にあるCablesをクリックすると作り方が載っています。

細かい作業になるので、LANケーブルとリモートケーブルを中継箱に引き込んで、箱の中に基板を入れて基板上でLANケーブルとリモートケーブル接続するとヒシチューブなどがなくても配線できます。この方法なら中継ネジ端子台を使っても接続できますよ。
ただ、ケーブルの途中に箱が付くので持ち運びには不便ですけど。

投稿: JI1ANI / 福井 | 2011年11月30日 (水曜日) 21時45分

アドバイスありがとうございました。

どうにかケーブルはできたのですが、
ただケーブルをつないでも動きません。
中のピンは8本ともすべてストレートに差し込みました。
その他の設定はどのようにすればいいのでしょうか?

英語が苦手なもので、マニュアルがよくわかりません。
また、アドバイスいただけると助かります。

よろしくお願いします。

投稿: tashiro | 2011年12月 3日 (土曜日) 21時02分

遠藤と申します。

TS480とNTT東の光ルータPR-400MI(無線機側)、ドコモ回線(パケホーダイ)の
PWR-100Fにてmopera契約で実験中ですが宅内で直接LANでは何の問題もなく
操作できるところが3G回線を使用したときのみ通りません。
光ルータではDMZルーティングにしてあるためPORT 80のRADIO側設定画面にも
問題なく到達しますがRTP UDP に関してはどうも通っていないようなのです。

同様の環境で動作している方がいらっしゃればお知恵を拝借いたしたく
書き込みます。

RADIO側1258のステータスは以下の通りです。

Radio ON
Connection status Faulty(See below)
SIP status Connected/transfering
Last SIP error None
RTP/UDP audio status Stalled(52)
UDP cmd status OK(37)

ドコモ回線上ではRTPは音声通らないのでしょうか。
port 5060 はドコモでブロックしているとのことで
両側の1258でブロックされていない番号にしてあります。

投稿: 遠藤 | 2012年2月15日 (水曜日) 17時17分

こんにちは
私も遠隔操作に興味を持ちyaesu TWINを注文しました FTDX5000でLAN上で実験をしましたが、八重洲の121プログラムではSメーターが止まりRFゲインを上げた症状が出てRRCに聞いても返事は設定確認だけでした。そこでトラブルを
検索したらプログラムを117にしたら問題無いと出ていましたが、今117など何処にも無いのでYAESUから117を貰い
書き直しをしたら問題無くOKに成りました(2台とも) RC232テスター確認したところ 121では RTS CTSをどうも使っているみたいでVFO Aを回すと出るみたいです 旧117はVFO Aを回しても このシグナルは出ません
RRCで最新のプラグラムではテストしていないみたいです FTDX5000で私と同じような症状が出た場合はプログラムを
117に戻してDSPプログラムを530にして下さい。早く121対応に成る用にRRCに期待致します

投稿: JH2BNL | 2012年4月29日 (日曜日) 10時59分

遠藤さん、問題は解決されましたか?JA2JVC 石井です。
私の場合、当初NTTdocomoのBF-01Bで試みたのですが、FOMAの定額データプランだとVoIPが使用出来ない
設定になっているため、Eモバイルに変更して使ってきました。
最近、機器はFOMAのBF-01Bのままで、契約だけXi契約にすることができることを知り、契約変更しました。
プラスXi割というキャンペーン中なのでXiデータプランフラットにねん月額3980円となり、料金も約2000円
安くなりました。
Xiのデータプランフラットでは、プロトコルの規制は現時点ではかかっておらず、遠隔操作ができます。
ただし、Xiの定額プランでは、当月のデータ量が7GBを超えた場合、当月末まで通信速度が送受信時最大128kbps
になるという制約があります。

投稿: JA2JVC/石井 | 2012年9月 8日 (土曜日) 18時41分

はじめまして、さて早速ですがmicrobitpe製のRRC1258mkllですが、日本国内では販売されていなくて入手できません何か販売先をご存知でしたら真に恐縮ですが教えていただければ幸いです。

投稿: 磯脇剛 | 2014年3月10日 (月曜日) 15時36分

磯脇さん
こんばんは。
私は製造元(?)のWeb Shopから直接購入(個人輸入)しました。
日本では代理店がありませんので発売されていないと思います。したがって個人輸入するのであれば、どこの国のお店でも同じなので、製造元のWeb Shopから個人輸入すると良いのではないでしょうか?

投稿: JI1ANI/福井 | 2014年3月10日 (月曜日) 19時24分

JI1ANI福井様
こんにちは、早速のご回答ありがとうございます。WebShopから直接購入してみます。

投稿: 磯脇剛 | 2014年3月11日 (火曜日) 15時11分

私もこちらのブログを拝見し、注文しちゃいました。
中々届かなくてヤキモキしているところではありますが(笑)
今更なんですが、消費税や関税って取られましたかね?
今迄海外からの買い物なんて、e-bayかaliexplessしか使ったことが無かった為さほど意識をしていなかったんですが、直接買い付けているものですから、どうなるんだろう??って感じです。
ANI局の時は如何でしたか?

投稿: RX178 | 2014年11月28日 (金曜日) 12時00分

RX178さん
お返事が遅れてしまいました。ごめんなさい。
税金はかからなった記憶があります。かかっても2千円程度ではないかと思いますよ。
最近e-bayが多いけど、関税払った記憶はありません。デジモノばかりでしょうかね?

投稿: JI1ANI/福井 | 2014年11月29日 (土曜日) 14時09分

結構前ですけど、無事届きました。
税金はちょっとかかりましたね^^; 2千円くらいだった記憶があります。

それで、早速苦手な英語と格闘しながら設定をしたものの、中々接続出来ない状態で一時期匙を投げていたんですが先日再挑戦したところ、ジャンパー部の下駄のハンダ不良なのか、下駄自体が不良なのかわかりませんが、とにかく下駄の足同士はテスターで計測すると接続されているのですが、基板まで電気的に接続されていなかったりでしてね^^;
苦情を入れるにしても時間的にも、苦情を入れるにしても言語的に無理なので、下駄をとっぱらって直接リード線でハンダ付けすることでそこは解決しました。電源も入りますし、送受信も出来ますし、基本的な動作は出来る感じです。

しかしながら、ic-706mk2のディスプレイとLEDが点灯しないんですよ(笑)
直接セパレートケーブルを接続した場合は正常動作するのですが、RRC1258経由ですと光モノがダメなんですね。その状態で何らかのキーを押せば反応はしますし、、、(例えばlockキーを押してから電源を切り、直接セパレートケーブルでつないで電源を入れるとlockキーのトコの赤色LEDが点灯した状態になっている)

基本的にその状態であれば、回路内に通電はされているはずだと思うんですよ。
実際電源を入れないと8vがかからない端子部も、電源を入れたら8vが正常にかかっているのは確認出来ましたし、、、

後は何か特別やる事あったかなぁ、、、と思いまして。
ご教授願えませんでしょうか? 知らんよそんなのって感じでしょうけど、藁にもすがる思いでございます。
長文・乱文失礼しました。

投稿: RX178 | 2015年1月15日 (木曜日) 17時55分

RX178さん
こんばんわ。一応の動作までこぎ着けられたようでなによりです。私も最初に動作させるまではスゲ~~~大変でした。

706のヘッドのバックライトが点灯しないだけで、全部動作するのですね。正規のケーブルだと点灯するということは、無線機の設定とは違うので、やはりRRC1258の問題に思います。

ジャンパーユニットを取っ払った時に+8かGNDのライン切っていませんかネ。ご説明の範囲では、そのあたりが可能性高そうに思います。
RRC1258の+8Vラインの電圧が、無線機側のコネクタまで出ているかを調べることができればいいのですけど・・・接続した状態では難しいですよねぇ・・・。

投稿: JI1ANI/福井 | 2015年1月15日 (木曜日) 22時51分

ご返答ありがとうございます。
8vとGNDに関しては、私も一番最初に疑いました。構造的にフロントパネルを接続したままでは測定が難しい(穴でもあければ出来ない事はないですが)のでやっておりませんが、RRC1258のコントロール、及びラジオ側のジャンパーの2番(+8v)及び7番(GND)でしたかね、ここの電圧を計測してみまして、電源が入っていない状態では0v、電源を入れたら+8vを測定出来ました。
RRC1258のジャンパー~AUX-MICの端子~セパレートケーブルのフロントパネルの端子間も全て接続されていることも確認できました。強いて言えば電源を入れた状態でフロントパネル内まで8vが到達しているかが確認は出来ていませんが、ここが通電していないとフロントパネルのキー等は動作しないんじゃないだろうか?とは思いますが如何でしょうねぇ?動作自体はしますから。
気になったのが、ダウンロード版の取説と http://www.remoterig.com/wp/?page_id=444 のcableのところに違いがあるんですよね。JMP3を接続する事になっている取説とwebでは接続しないになってたり。
あとJMP5の記載がwebではないとか。家に帰ったらやってみますけどねぇ、、
設定でも取説通りかとは思うのですが、記載されていない項目もありますので、そこら辺をいじりなおすのもアリかも知れませんが、「自分はこうやったぞ!」的な箇所があったら教えていただきたく思います。

投稿: RX178 | 2015年1月16日 (金曜日) 13時31分

RX178さん

う~ん。そうですよねぇ。他には思いつかないですね。
接続ケーブルが以下の通りだとすると、ジャンパーですかねぇ。

http://psk31.cocolog-nifty.com/digitalmode/2010/04/rrc1258mkii-9bb.html

投稿: JI1ANI/福井 | 2015年1月16日 (金曜日) 20時57分

福井様

リモートコントロールにとても興味があります。機器本体を購入するには、色々な店があるようですが、マイクロビットでRemoterig 1258MkIIsセットを購入すればいいのでしょうか。ちなみにリグは、TS-480HXです。よろしくお願いします。

投稿: JG3LHR/中村 | 2019年1月 4日 (金曜日) 00時16分

中村さん
TS-480HXならRemoterig 1258MkIIsセットになると思います。接続ケーブルは自作するんじゃなかったかな?
私はIC-706でしたが、ネットの設定や準備が大変でした。外部からお家のシャックに接続する設定や、固定IPアドレスもしくはDDNSが必要です。

一度設定してしまえば、リモートコントロールとは思えないほど、簡単にリモート運用することができます。
ただし、デジタルモードやCWなど、モードによってはPTTのタイミングやCW符号がヨレヨレになる問題が発生したりする可能性があります。SSBなど電話であれば全く問題ありませんでした。

投稿: JI1ANI/福井 | 2019年1月 4日 (金曜日) 00時28分

お返事ありがとうございました。上の記事を読んでいたらもう4年も前に盛り上がっていたようで、蒸し返すようですみません。最後まで完成するかどうかは分かりませんが、まずは本体がないと話が進みませんね。上手くいかなかったときはまたお聞きするとして。実は、2m用に706は使っていますので、これを先に使ってもいいですね。それから、大きな壁がDDNSですよね。固定IPアドレスは楽ですが、金額が高いので手が出ないですね。それで無料のmydnsを考えているのですが、これで行けますか? この設定がどのルーターでもできるのかよく分かりません。お返事から、①「マイクロビットでRemoterig 1258MkIIsセットを購入」が「to do」の項目に入りました。近いうちに何とかしたいと思います。DDNSはどのようにされていますか。よろしくお願いします。

投稿: JG3LHR/中村 | 2019年1月 4日 (金曜日) 23時03分

DDNSは確か何かの製品のオマケ的に使えるものを使っていました。設定画面でDDNSを設定すれば使えました。
ルーターは説明書などを読んで頑張って設定するしかありませんが、バソコンではなく、Remoterig本体ですから、気分的にはかなり楽だと思います。
PCだと設定間違えると悲惨なことになったりしますからねぇ。

投稿: JI1ANI/福井 | 2019年1月 5日 (土曜日) 13時05分

福井様

 1月7日のお昼に「Remoterig 1258MkIIsセット」を注文しました。早いもので本日11日の午前中に届きました。たった4日で届くとは驚きです。関税などで3680円ほどかかり着払いになっていました。これから悪戦苦闘が始まります。アルインコのマニュアルや本家のUsers manualなど見ながら進めていきたいと思います。何度も壁にぶつかると思いますがアドバイスよろしくお願いします。

投稿: JG3LHR/中村 | 2019年1月11日 (金曜日) 14時33分

入手おめでとうございます
日本で持っている方は少数ではないかと思います。
まずは自宅内のLAN環境で、リモートしてみることをオススメします。
最初は無線機との接続ケーブル製作ですね。結構面倒ですが、焦らず
楽しんでください。

投稿: JI1ANI/福井 | 2019年1月11日 (金曜日) 23時23分

福井様

 分かりました。まずは自宅内で実験してみます。まだ先のステップですが、マニュアルのどこかに、DynDNSしかサポートしていませんという部分がありました。ということは、今は有料になってしまったDynDNSでドメインを購入しないといけませんか。よろしくお願いします。

投稿: JG3LHR/中村 | 2019年1月12日 (土曜日) 15時18分

DynDNSしかサポートしていません と言うのはサポートのことと理解しています。
駄目元でいろいろなDDNSサービスを試してみてはいかがでしょうか?
私が使ったDDNSサービスは提供終了になってしまったようですが、DynDNS以外でも使えましたよ。
自宅で数m程度のリモート接続でも、いわゆるPC使ったリモートとは異なる専用ハードによるリモート運用(というか、普通に無線機を操作するだけです)の簡便さに驚かれると思います。

投稿: JI1ANI/福井 | 2019年1月12日 (土曜日) 16時15分

福井様

 DynDNSの件、了解です。無料のところからお借りしてやってみます。ところで、家庭内LANで実験してみました。付属していたLANケーブルを半分にし、コントローラーのケーブルも半分にし、それぞれを繋ぎました。そのままだとやっぱり反応なし。マニュアルを見ながらIC-706の設定をしてみました。コントローラーの電源を入れると、上手く動作し変調を知り合いに聞いてもらいましたが問題なしとのこと。また一歩進みました。

 で、DDNS設定。これは、家では出来ませんよね? 遠隔地まで車で2時間半かかるので何とか近場で実験できないものでしょうか。

投稿: JG3LHR/中村 | 2019年1月17日 (木曜日) 16時18分

ローカルLANでのテストに成功しましたね。おめでとうございます。
あとはネットの問題だけですね。
DDNSの設定は、スマホのテザリングとノートPCの組み合わせで
DDNS経由で自宅にアクセスできるか試しました。
ただし、テザリングではVoIPプロトコルに制限があったりしますの
で、音声まで通るかはわかりませんし、契約しているコースでも
異なるように思います。
私は、当時データ通信無制限のコースでしたので、DDNSも含めて
テストできました。
スマホが駄目でも、近所の無料WiFi使ってノートとWiFiアダプタで
テストできると思います。ネットに接続しているノートPCをルーター
代わりに使う設定がWINにあったと記憶しています。

投稿: JI1ANI/福井 | 2019年1月17日 (木曜日) 19時40分

DDNSの設定を見ますと、「Dynamic DNS settings」には、「DDNS Host name」の項目に「members.dyndns.org」と「ddns.remoterig.com」のどちらかしか選択肢がありません。Hostがどちらかしかないと言うことは、どちらかから取得したOwn Host nameを次に入力することになりますか?

投稿: JG3LHR/中村 | 2019年1月17日 (木曜日) 20時42分

おっと、ファームが新しくなって、他のDDNSが使えなくなって
しまったようですね。
自分の時は、空白で自由にドメインを書き込めたのですが・・・
その様子では、文字通り、他はダメです という意味だったのですね。
そうなると、有料で取得する以外に方法はなさそうですね。
残念な改変だなぁ・・・

投稿: JI1ANI/福井 | 2019年1月17日 (木曜日) 22時16分

福井様

 ちょっと不可解なことが起こりました。以前、ダメ元で色々試したらどうですかとアドバイスいただきましたが、Host nameの選択肢のところで、「ddns.remoterig.com」を選び、ダメ元で、以前取得したMydnsの無料のドメインとID・パスワードを入力してみました。一端終了したあと、もう一度、228のほうの内容を見てみますと、「Own Hostname」や「User name」「Password」が、入力した内容と全く変わっていて、remoterigu.com側で割り当ててくれた感じがしました。これが使えるのかはっきりしませんが近いうちにやってみたいと思います。

 てっきり、遠隔地のルーターの中にこの設定を入れておくのだと思っていましたが、RRC-1258(radio)の設定の中に入れるだけでいいんですかね? ドメインを設定した後でも家庭内LANでは同じように使えていますが、それでいいんでしょうか。コントロール側にはドメインの設定が必要ないようなのですが、これで遠隔地のradio側を認識できる流れがよく分かりません。コントロール側からどんな信号が出ているのか分かりませんが、それがradio側をどうやって認識できるんでしょうね。その逆もそうですが。まだ他にも設定することはありますか。よろしくお願いします。

投稿: JG3LHR/中村 | 2019年1月18日 (金曜日) 14時27分

ddnsのサービス設定が終わっているなら、リモートされる側(基地局)の1258にddnsの設定を入れるだけです。
お家のルーターの設定は・・・・やった記憶がありません。
記憶が曖昧で申し訳ありませんが、それで使っていました。リモートする側(ヘッドユニット側)は、普通にLANに接続するだけです。出張先のホテルの部屋のLANに接続すれば、そのまま使えました。
(DHCPならば・・・ですけど、DHCPでない固定IP割り振ったホテルは無いと思います)
DDNSは単純に通信先をピンポイントで教えるだけですから、秋先がわかればLANの時のように通信すると単純に考えています。
ルーターに設定すると、移動先が固定されるし、移動先がかわる度にルーター設定するのは現実的ではありませんから、ネット上のDDNSを使って、常にDDNSに行き先を聴くようにすれば、どこに移動しても、移動先の環境にかかわらず、目指す基地局に接続できるようになります。
その他の難しい部分は1258がやってくれます。そうそう、お家のルーターの穴あけとか、そういう難しい設定はマニュアルには記載していないと思います。
自分は穴あけした記憶はありません。

中村さんが試されたこと、私も同じ手順でやってみて、使えるようになったように記憶しています。今でも通用するかはわかりませんが、
開通する可能性は高いと思います。
回線が2本あるとリモートの実験が楽になるんですけどねぇ・・・。

投稿: JI1ANI/福井 | 2019年1月18日 (金曜日) 14時48分

福井様

 Dynamic DNS check interval の設定がありますね。どれぐらいにすればいいでしょうか。マニュアルには10となっていますので、とりあえずその設定にしておきます。 遠隔地のネットでIPアドレスが変わってもいいように設定したインターバルで、ドメインにチェックに行って紐付けし直しているんですかね。初めにIPアドレスは、192.168.*.227 と192.168.*.228でそれぞれ設定していますね。もしも遠隔地のルーターの*の部分がコントロール側と違っていてもいいんでしょうか。つまり、遠隔地でルーターのIPアドレスに初めの3つの数字は合わさなくてもいいんでしょうか。なぜそう言うかというと、マニュアルには、*の部分が0で、私の家では11だったので初め上手くつながりませんでした。以上、よろしくお願いします。

投稿: JG3LHR/中村 | 2019年1月18日 (金曜日) 14時53分

福井様

 すみません、もう一つありました。コントロールされる側の電源はどんなものをお使いですか。秋月なんかで売っているACアダプターなんかで代用できますか。

投稿: JG3LHR/中村 | 2019年1月18日 (金曜日) 14時59分

中村さん

今回のハードウェアでの実験では*の部分がお家のLANと異なっていても大丈夫です。ただ、実験が終わって長く使うのであれば、*をお家の数字に代えて合わせた方が無難です。
1258ではない、他の機材の場合は、*が違うと通信できなかったり、他の機器から見えなくなったりしますので、*の数字を合わせる必要があります。

投稿: JI1ANI/福井 | 2019年1月18日 (金曜日) 15時00分

コントロールされる側は送信すると、結構な容量が必要なので、安定化電源を、コンセントの根元には念のために個別にプレーカーを入れました。
コントロールする側は秋月のACアダプタです。

無線機側は706の送信出力が10W以下なら3A以上のアダプタで足りるかな?ただ、連続通電になるので電源は信頼できる製品をオススメします。

投稿: JI1ANI/福井 | 2019年1月18日 (金曜日) 15時08分

ああ、なるほど。1258だけの電源を考えていました。肝心な本体の電源が必要ですね。まあ大きめの電源で両方行けますね。出力は、100Wです。これ用にアルインコの電源を買いたいと思います。

さきほど、remoterig.comのホームページのサポートの中の「ddns status」で割り振られたと思われるドメイン名を入れてみました。すると、設定の中に書き込まれたUser maneと同じ文字が表示されたので、この設定でどうやら使えそうです。やっぱりなんでも諦めずやってみるものですね。ありがとうございました。

IPアドレスの件は了解です。また遠隔地に行ったら(設置するとき)ルーターの家庭内LANのIPアドレスを調べて、前から3つの数字を合わせておきます。これにはノートパソコンが必要ですね。

これで使えるのでしょうか。たくさんある項目でほとんど設定してないですよ。まあまたその時はその時で。またお尋ねします。

 最後に、このリモートの申請はどうしたらいいでしょう。参考になるようなページとかありましたらお教えください。

投稿: JG3LHR/中村 | 2019年1月18日 (金曜日) 15時30分

遠隔地に行く前に、LAN環境で未設定部分について値を検討することをオススメします。また、インターネットを通すとLANよりも格段にスループットが落ちることが想像できますので、高音質の設定ではプチプチ切れる可能性もあります。

リモートの申請は「リモート局 申請」ででてきた先輩の添付資料を参考にして作成しました。
問い合わせもなく、すんなり追加できました。

投稿: JI1ANI/福井 | 2019年1月18日 (金曜日) 16時56分

了解です。ありがとうございました。RRC-1258を使った申請の仕方があまり見当たらず困っていました。もうちょっとネットを調べてみます。電子申請届け出システムLiteでするとき、今ある免許は、自宅と遠隔地(田舎)があります。今回の方法で使う無線機はIC-706ですが、自宅の2m用として登録しています。私の場合、変更するのは、遠隔地(田舎)で取得している免許の変更でいいんでしょうか。それとも自宅の免許ですか。

投稿: JG3LHR/中村 | 2019年1月18日 (金曜日) 21時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お手軽リモート局ツールRRC1258mkII到着:

» Remote Control Your Station Over The Internet [無銭旅行 時々 無線 by JA1FMZ]
JA7LU 鈴木さんお山のShackはいかがですか ? JR6RMZ 古堅さん以前、話し合った事、製品が出ている様です。*後述。D-star Transceiver の件も、出ています。あれは、完成したんですヨネ。 http://www.remoterig.com/Radio Remote Control 1258MkII is a complete remote co..... [続きを読む]

受信: 2010年4月30日 (金曜日) 00時02分

« 10Mhz スプリッター | トップページ | R1ANP 7/PSK31 »