« R1ANP 7/PSK31 | トップページ | 移動できるリモート局の構築 »

2010年4月28日 (水曜日)

RRC1258mkIIの中身

RRC1258mkIIには2種類のハードウェアがあります。リンク先のページの写真。最初は同じ製品が2台重ねて写っている・・・・と思っていたのですが、よーーーく写真の右側をみると、CWノブが付いているRRC1258mkIIコントロールと、ノブ用の穴をフタで隠したRRC1258mkIIラジオの2台がセットになっているんです。
これ、気づきませんよねぇ・・・・。

写真の上が、手元に置いて無線機のパネルや手元のPCに接続するためのControl。写真の下がリモート先に置いて、無線機本体やローテーターなどに接続するRadioです。
このコントロールとラジオ2台の間をインターネットで接続して、あたかも電線でつながっているようにする仕組みです。

コントロールとラジオの間はIP網という意味でインターネットと表現していますので、自宅内のLANに閉じても使えます。
つまりリビンクにパネルを置いてLANケーブルや無線LANで別の部屋に無線機を置くような使い方でも構いません。
20m位ならRRC1258買わずに、セパレートケーブルを他の電線で延長した方が安いですけどね。

ということで、お楽しみの中身です。まずは手元に置くコントロールの基盤。
Control
右上の正方形の1チップマイコンが全ての処理の制御しています。外付けのチップはADC/DACが目立つくらい。あとはロジック系です。

左側中央の赤い配線は無線機のパネルと本体のワイヤリングで、ここを変更して各種無線機へ対応させます。
この赤い配線を差し替えることでTS-480/TS-2000は普通に購入できるLANケーブルや6芯モジュラーケーブルで無線機とRRC1258を接続できます。
写真はIC-706にあわせた状態。706の場合はパネルと本体が特殊なコネクターで接続されていますので、専用ケーブルを自作する必要があります。

こちらは無線機に接続するラジオの基盤。
Radio2
コントロールと似てますが、左下のキーヤー関連の回路が実装されていません。その他のコネタクー配置は全部一緒・・・・・。
よーーく基盤をみると・・・・・基盤はコントロールとラジオで共通みたい・・・・。アチコチにパターンがあって部品が実装されていない部分があります。

最初は片方だけみて「あああっ 部品が外れている」って焦りました。
つまりコントロールとラジオの両方の回路を基盤に載せて、実装時に0Ω抵抗などで配線を切り換えてコストダウンしているみたいです。

うーむ。

ちゃんと商売考えている・・・・というよりも、しっかりした会社がちゃんと設計して作っている・・・ということですね。

こういうアマチュア無線用のアイデア製品、以前は米国で多数見受けられたのですが、主流は完全にヨーロッパに移っちゃいましたね。
micro HAMも魅力的な製品を発売していますが、あれも中身は同じような感じ。

このRRC1258mkIIだって、都市でのワークライフと郊外でのプライベートライフを日常的に毎週末繰り返しているライフスタイルが定着しているからこそ、アンテナを建てられない都市でも郊外の無線設備で無線したい・・・・って発想ではないかと思うのです。

日本でも郊外の一戸建てから都市部のマンション住まいの方が増えています。
セカンドハウスの問題はありますが、この装置があれば逆に「郊外に別荘とは言わないから、無線機置く倉庫とアンテナ建てられる土地を・・・」と思う方、結構な数になるんじゃありませんか?

RRC1258mkIIはJN1GLBさんも購入されて自宅内のリビングからシャックの無線機をコントロールされています。

|

« R1ANP 7/PSK31 | トップページ | 移動できるリモート局の構築 »

コメント

お久しぶりです。おかげさまで当局のRRC-1258も無事稼動して、職場でも電波が出せるようになりました。ありがとうございました。
ところで 6月号のCQ誌は RRC-1258の記事が載ってます。
優越感に浸るのも つかの間でした(笑)

投稿: JF1JSG | 2011年5月18日 (水曜日) 22時24分

JSGさん
こんばんわ。
今日CQ誌6月号を書店で購入したらカラーページで紹介されていましたねぇ。最新バージョンのヤエス無線機x2台のリモートコントロール方法でした。

ICOMファンとしてはICOMにも対応して欲しいのですけどねぇ・・・。CI-Vのコマンドモードをちょっと変更すればイケると思っているんですけどね。
確かに早くにトランシーブモードを中途半端に用意したのが今回はアダになっているのかな?

投稿: JI1ANI / 福井 | 2011年5月20日 (金曜日) 22時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: RRC1258mkIIの中身:

« R1ANP 7/PSK31 | トップページ | 移動できるリモート局の構築 »