« 売ります:XLRラインケーブル 2.5m 3K | トップページ | 赤い悪魔と黒い悪魔の饗宴 »

2010年8月28日 (土曜日)

ICOM RS-BA1 リモートコントロールソフト

先日のハムフェアでの見学はあんまりできませんでしたが、僕の場合はRS-BA1が一番魅力的でした。
もちろんIC-9100もいいし、高いだろうなと想像していたオプションのルーフィングフィルターが、3kHz(FL-431)/6kHz(FL-430)と3K前後だったのには驚きました。

さてRS-BA1ですが、最近のICOM固定機の7800/7700/7600/7200/9100辺りに対応とのこと。
上記無線機の共通仕様はS/P DIFやUSBなど送受信オーディオ信号のデジタルインターフェースを備えていることですね。
単純にPCと接続する場合、無線機からデジタルで出力して、そのままPCでデジタル処理してからネットワークに流す・・・となります。

もう一つは、今回対応とされた機種はリモートコントロール用のCI-Vコマンドがたぶん同じじゃないかと思います。
ソフトウェアでコントロール画面をデザインする場合、機種ごとに異なる機能ってとってもタイヘン。そんなことが理由でCI-Vコマンドが上記機種とコンパチではない7000/7400は仲間外れになったのではないと推測しています。

逆に言えば、対応機種以外でも機能などに制約があるけど、使える「かも」しれないですね。恐らく、VFOやメモリーなど、どの機種でも同じCI-Vコマンドの部分は756Proシリーズなどでも使えそう・・・・。

突然ですが、9月の初旬にまたまた引っ越すことになりました。
新居探しにあたり、今回は時間的な余裕もあったので「最上階で平屋はNG(爆笑)」という条件で探しました。

結局3階建ての3階で、屋上にも出入りできる物件に決めました。ところが、今回のアパートはアンテナ予定地である南側のベランダとは反対側の北側の部屋がシャックになります。
寝室とかリビングを太い同軸が通って、全部ドアが閉まらないのは・・・・・
ということで、本格的に自宅でのリモート無線局を作ってみようかと思っています。

RS-BA1が間に合わないので、手持ちのRRC1258mkII+HRD+ビデオディスプレイを使ってみるつもりです。本体のディスプレイ信号はVGA出力なので、ビデオ信号へ変換して1.5C-2V辺りで引っ張ります。
IC-7800の場合、中央のディスプレイがリアルタイムに表示できれば、リモートコントロールでもそれなりの臨場感が得られるのではないと・・・・。

RS-BA1を表示したディスプレイの真ん中にビデオ信号で引っ張った7800のディスプレイ情報をスーパーインポーズすると面白そうでねぇ・・・。
でも、本当はダイヤルグルグル回したいので、可能だったら同軸とかひっぱり回して普通にセッティングしますけどね。

暫くの間はベランダ側の部屋に仮設シャックを作ることになりそう・・・です。

|

« 売ります:XLRラインケーブル 2.5m 3K | トップページ | 赤い悪魔と黒い悪魔の饗宴 »

コメント

福井さん
ハムフェアお疲れ様でした

RS-BA1の現在の完全対応機種はIC-7600のみですが他の機種は受信のみならば使えるようです。
756PROなどはCI/Vコマンドに送信コマンドなどがありませんので完全対応は無理だと思われます

7600以外の対応機種についてはファームウェアのアップデートが必要になるようです

開発者にローテータ制御やコンテストソフト用のライブラリなどの要求を出しました
対応してくれると良いのですが!

鈴木

投稿: JK1IQK/鈴木 | 2010年8月30日 (月曜日) 08時45分

IQKさん
そういえばProには送信コマンドがありませんでしたね。できたのはProII以降だったかな?
706シリーズも送信コマンドがありませんでしたね。キケン防止だったのでしょうか・・・・。
ローテーター制御は単純にRS232Cを数ポート出していただくだけでいいのですが、ナカナカ難しいかも知れません。
ICOMはローテーター出していませんからねぇ・・・。まさかヤエスのローテーターってわけにはいかないでしょうねぇ・・・。

投稿: JI1ANI / 福井 | 2010年8月30日 (月曜日) 23時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/494/49274966

この記事へのトラックバック一覧です: ICOM RS-BA1 リモートコントロールソフト:

« 売ります:XLRラインケーブル 2.5m 3K | トップページ | 赤い悪魔と黒い悪魔の饗宴 »