« 洗濯機の安全装置の調整 | トップページ | HAYAアンプ(DMS-06)改のケーシング »

2011年1月10日 (月曜日)

AES/EBU出力失敗

1Uケースに入れているデジタル出力のマイクプリのADC出力部分をS/P DIFからAES/EBUに変更してみました。
トランスはルンダールのLL1572を使って、入力部分のLL1524とトランスはルンダールでお揃い。

AES/EBUはキャノンコネクターですので、コネクター部分に子基板をくっつけてAES/EBU出力基板としました。
Aesebu_output
回路はDIT4192のデータシート通りでトランスがLL1572(1:1)に変わっているだけ。
Aesebu_output_sc
早速PCM1804の基板に接続して他の機材に接続してみると・・・・

Error!!

がぁ~~~~~ん

回路的にも簡単だし基板には問題ないようです。また出力も5V弱とAES/EBUにあっているみたい。S/P DIFの時みたいにレベルが低いだけ・・・なんてことはありません。

接続先の機材でクロックだけAES/EBU入力にしてみると48kHzでロックします。ということはクロックは大丈夫みたい・・・・。
ということは、信号の中身が違うみたい・・・・。そう言えばS/P DIFと設定をなにも変えてなかったなぁ・・・。
でももともとプロフェッショナルモードだし、S/P DIFと違うところを調べてみると・・・

                          AES/EBU              S/PDIF (IEC-958)

Cabling                   110 ohm shileded TP  75 ohm coaxial or fiber
Connector                 3-pin XLR            RCA (or BNC)
Signal level              3..10V               0.5..1V
Modulation                biphase-mark-code    biphase-mark-code
Subcode information       ASCII ID text        SCMS copy protection info
Max. Resolution           24 bits              20 bits (24 bit optional)

という感じ。
これだけではわからないなぁ。

マイクプリアンプが使えないのは困るので、S/P DIFも出力できるようにして作業を終了しましたが、う~~~む。
S/P DIFの時も音が出るまで半年以上かかっちゃったからなぁ・・・・。
原因が分かればきっと簡単なんでしょうけどね。ま、ダメでもAES/EBU出力基板として使えるからいいか・・・・。

|

« 洗濯機の安全装置の調整 | トップページ | HAYAアンプ(DMS-06)改のケーシング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: AES/EBU出力失敗:

« 洗濯機の安全装置の調整 | トップページ | HAYAアンプ(DMS-06)改のケーシング »