« キャバシティハットアダプターの製作 その1 | トップページ | キャバシティハットアダプターの製作 その2 »

2011年1月 1日 (土曜日)

無線LANアンテナのGP化

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

僕のシャックはリビングから無線LANで接続しています。PCは床置きなので、無線LANアダプターはUSB延長ケーブルでPC本体から離してシャックの無線機ラックの上の方に置いています。
床のPCのUSB端子に無線LANアダプターを接続すると、位置が低いためか、リビングの無線LANルーターの信号が弱くなってスピードが落ちてしまうからです。

無線LANアダプターを無線機ラックに設置してからは、まぁまぁのスピードがでますのでそれなりに満足していましたが、ある時「んん?これってグラウンド無し?」と疑問を持ちました。つまりUSBタイプの無線LANアダプターって見た目はラジアルが付いていないのです。

ふむ。USBコネクターでPC本体のグラウンドに接続されて、PCの金属筐体が疑似グラウンドとして動作するように設計されているとすれば・・・・USBケーブルがラジアル代わりに動作するとはいえ、同軸の先に1/4λホイップだけ取り付けたようなグラウンド不足の条件で動作していることになる・・・・。

で、早速アルミホイルを適当なサイズに切って、USBアダプターのグラウンド(金属部分)にグルッと巻いてからラジアル形状に伸ばしてみました。
Langp
いゃぁ、笑っちゃいます。
これで57~58程度だった信号が59++です
(すいません、感覚的な表現ですが、ご理解いただけますよね?)

ラジアルが右方向にV字になっているのは、右方向がリビングだから・・・です。ラジアル方向に多少指向性がでますからね。
しかし、長さも適当だし、こんなんで飛び(受け)が変わるなんてビックリ

以前にアルミホイルの反射板をご紹介しましたが、USBタイプの無線LANアダプターをUSB延長ケーブルで本来から離して設置している場合、この方法は超簡単ですからオススメ。
下りのスループットは他の共用回線の影響を受けますので20Mbps程度なんですが、上り回線はラジアル付きにしてから常に45~50Mbpsで安定しています。因みにラジアル付ける前は30~40Mbps程度でした。

|

« キャバシティハットアダプターの製作 その1 | トップページ | キャバシティハットアダプターの製作 その2 »

コメント

あけましておめでとうございます。お初になりますね。よろしくお願いします。
無線LANのアンテナをアルミでラジアルって思い付きませんでした。
これで59フルスケールだと試して見たくなります。

今年こそは再度開局したいですが、お空でお目にかかれたらよろしくお願いします。

投稿: シルビィ | 2011年1月 3日 (月曜日) 19時49分

シルビィさん
無線LANアダプターの種類でアンテナの構造とかも異なりますが、USB延長ケーブルの先に取り付けている場合には試してみる価値があると思います。
なんせ、実験としてはとっても簡単ですから。

アルミホイルをリボン状に折り畳んでからUSBコネクターの金属部分に巻いて緩くねじって留めているだけです。

投稿: JI1ANI / 福井 | 2011年1月 3日 (月曜日) 19時59分

福井OM様
解説ありがとうございます。私も早速試してみます。
取り急ぎですがお礼まで

7M1EPA

投稿: シルビィ | 2011年1月 3日 (月曜日) 21時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 無線LANアンテナのGP化:

« キャバシティハットアダプターの製作 その1 | トップページ | キャバシティハットアダプターの製作 その2 »