« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月30日 (土曜日)

9M6XRO 50/RTTY

A45XRは玉砕しましたが、A61Eで気分を良くしていたら、9M6XRO 50/RTTYでスポット。早速ヘアピンマッチの威力を試す時がきました。
僕のアパートは南南東向き、そうですねぇ・・・。ZL辺りを向いている感じでしょうか・・・。

方角的には少しズレていますが、シャープなビームではありませんので、±45度程度は同じハズ。
信号はいままで一番強く聞こえています。S3程度ですが、綺麗にプリントできてる状態でした。

さすがに6mはパイルも大きく何回も空振り、そのうちスプリットになりました。コールバックされるコールをみていると1~6エリアまでオープンしているようですが、太平洋側だけのようです。
丁度夕食時だったため、予想以上にパイルが早く収まって僕の番が回って来ました。でもその直前からガクッと信号が落ち始めて、僕の交信後はフェードアウトしちゃったようです。

ヘアピンマッチのバンザイDP、なかなか上手く働いているようです。オールJAでも遊んでみるつもりです。
感触通りなら、北側が良くなってるのを感じるハズなんですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

A61E 24/PSK63

今週末もコンディションはマァマァ。既に日常になってきましたね。昨年とは大違いです。
24メガでA45XRがRTTYにQRVして、スプリットのパイルに参加してたらスポットされました。すかさずPSK63に切り替えて、数回コールしてQSOsign01

先に設備に優れた局が持って行きましたが、数局目に順番が回ってきました。とは言うもののPSK63はPSK31に比べて一定のS/Nが必要です。
こちらではバケバケ・・・。なんとかQSOできるような状態です。

ヤギがあれば楽勝なんでしょうけど、南向きベランダからナナメ上に突き上げた4mちょっとのホイップ+ATUで頑張りました。
それに今日は風があってノイズも多め、決して良いコンディションではありませんでした。

A61Eは昨年からPSKのアクティビィティーが急激に上がりました。A6のPSKはA61E以外は聞こえないので、彼が「夢中」になっている間にゲットしておく必要があると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月29日 (金曜日)

V型ダイポールのインピーダンス調整

CQ誌に紹介したモービルホイップ2本を使ったV型ダイポールですが、以前お知らせしたように、建物の影響を受けやすい形、普通のバンザイダイポールのように設置を変更しました。
建物と給電点は70cm程度しか離れていません。
当然ながら建物の影響をモロに受けてSWRの最低点が上がってしまい、しかも底がSWRが2以上になってしまいました。

アンテナアナライザーで調べてみると、アンテナは50.1Mhz辺りでインピーダンスは20Ω程度に落ちてしまっています。
CQ誌に紹介した設置だと45Ω前後でしたので、やはりバンザイに設置すると、エレメントに対して建物が反射器のような形で輻射器に影響して給電点インピーダンスが下がるようです。
反射器付きの2エレみたいな感じですね。

SWR2以上はちょっとマズイので、インピーダンスを上げて調整することにしました。調べてみるとインピーダンス整合方法は色々ありますが、一番簡単なのはヘアピンマッチのようです。
以前から自作対象として狙っているスクエアローアンテナの製作記事を見ていると、スクエアローの場合給電点インピーダンスが18Ω程度とのこと。

「給電点インピーダンスが似てる・・・・」

ということで、記事のヘアピンの大きさ(65*35*65mm)をそのままコピーしてV型ダイポールの給電点に取り付けました。
取り付けはヘアピンを太めのスズメッキ線で作り、両端に圧着端子を取り付けて給電点と共締めです。

続きを読む "V型ダイポールのインピーダンス調整"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月24日 (日曜日)

EY7AD 24/RTTY

今日はハイバンドのコンディションがバツグンです。
28ではBVやS2がEUをランニングしているのが良く見えますが、残念ながら僕からはEUは見えません。

24メガにおりてみるとEYがRTTYにQRVしています。EYの24メガのRTTYはモードニューですから、数回コールしてゲット。

50メガでもVKとQSOしましたが、今日のコンディションは西方面に非常に良いようです。たぶん、アフリカ方面もオープンすると思います。

28では既にZSも見えましたので24/18ではパスがオープンしていると思いますので狙い時・・・・って書いていたら、スポットされていますね。
TR8CA 28CWです。
やっぱりねぇ・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なるほどモスバーガー

先日、花見がてらに普段歩かないところを散歩してみました。いくつか発見がありましたが、モスバーガーはその中の一つ。
もっと都会や大通りに面したところにお店があると思っていましたが、以外にも練馬のさほど広くない道に面したところにできていました。
雰囲気からここ一年くらいの間にできた感じでしょうか・・・・。

普段全く歩かない場所ですし、駅と自宅とは反対方向なので今回初めて知りました。「そっかぁ、モスがあるんだぁ・・・・」と非常に嬉しかったです。
僕は杉並区の高校に通ったのですけど、モスバーガーの研修所が杉並区にあるのです。いい匂いがしそうでしょ?
いつもワクワクして近く通っていました。そんなわけで、昔から僕の中では「モス」は別格なんです。

よし行くぞ・・・

というわけで80過ぎの母を連れてたべに行きました。
当初はハンバーガーなど、暫く食べていない母は嫌がっていましたが、僕にはある計画もあって「たまにはハンバーガーも食べないと・・・」なととわけのわからないことを言いつつ、モスバーガーへ・・・

ライスバーガーのきんぴら と 海鮮かきあげ 、そして38年目の挑戦である旨辛テリヤキバーガーをセットで注文。
お店で一番の高齢はまちがいなく母、ダントツです。

して、80過ぎの母の評価はいかに!!

続きを読む "なるほどモスバーガー"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月23日 (土曜日)

YB1ALL 28/PSK63

今日もコンディションはマズマズみたいです。天気は嵐みたいですが、午後遅い時間になって晴れ間がでてきました。
いゃぁ、凄い雨風でした。皆さんアンテナは無事でしたか?

28.120をずっとワッチしていたらVKなどに混じってYB1ALLが見えました。YBのPSKはバンドニューです。
YBからはEU方面がオープンしているようですが、ウラル山脈は越えていない模様。結構Uゾーンから呼ばれているようです。

暫くするとCQDXになりましたので、コールしてQSO。
PSK63でのQSOは久しぶりですが、とてもタイプでは間に合わないスピードなのでマクロだけ・・・ってのが、楽なような寂しいような・・・。

でも信号がある程度強くないと了解度が落ちてしまうので、やっぱりPSK31が好きかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CQ誌5月号に掲載されました

CQ誌5月号の特集は「アパマン・ハム スタイル集」ですが、僕のところが掲載されています。いままでもブログで色々と紹介させていただきましたが、中身はともかく、写真は全てオリンパスペンで撮影しました。
やはり発色が綺麗だなぁ・・・って思います。

シャックの写真なんですが、今回の特集は他の方もこんなスタイルでシャックと本人の紹介写真があるのだろう・・・って想像して顔出ししたのですけど、そうでもない・・・coldsweats01
本人は普通おオジサンなので、シャックの写真でちょっと僕が恥ずかしく思っている部分でも見つけて楽しんでください。

答えはこの記事の最後に書いておきます。
撮影して入稿してから「あああsign03」って気がついたのですが手遅れでしたぁ。
ちょっと難しいですよ。HiFi SSBとかに興味がないと気付かないかも・・・・。

50メガのアンテナはVダイポールですが、CQ誌の写真の状態からほぼ垂直に立てて、普通のバンザイにしてみました。
やはり苦手だったバック方向(北)の信号が強くなりました。南は多少弱くなったようですが、なんせ震災以降、アクティビティーが下がってしまってQRVする局が少なくて、はっきりとはわからない状態です。

ただ、水平と垂直ではやはり差がありそうなことは確かです。なんとなーーーーくだけど、水平よりも垂直(普通のバンザイ)の方が水平偏波成分が多いような気がしています。
もうちょっと普通のバンザイ状態で使ってみて、違いを見極めるようにしてみたいと思います。

続きを読む "CQ誌5月号に掲載されました"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月17日 (日曜日)

MING DA 6SN7 通称 タマネギ

昨晩は音創り研究会のミーティングでした。多数のマイクアンプを聞き比べてとても楽しかったです。
同一マイクロホンとヘッドホンですから、音の違いはマイクアンプのみ。

同じ素子を使っても回路や部品などでそれぞれ個性のある音になっています。これだけバラエティがあると自分の音が全体的な位置づけからどんなところにあるのかがよく分かります。
それに良い音って感じる音は人によって違いますからね。

その中でもMING DAの6SN7には参りました。
Mingda_6sn7
高級オーディオアンプに採用されており、その品質は折り紙付きで音質面でもいいのは聞いてわかっていましたが・・・・

自分のハイブリットマイクアンプに使ってみると・・・・太くて安定した音sign03

素晴らしいです。
今使っているフルミュージックは繊細な音なんですが、逆にいえば音が細いところがあります。弦楽などには相性が良いとは思っているんですが、マイクアンプとしては少し細いところが気になっていました。

続きを読む "MING DA 6SN7 通称 タマネギ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月16日 (土曜日)

英国王のスピーチ

アカデミー賞の候補になっている時から「観たいな」と思っていた映画。震災の影響で遅くなってしまいましたが、やっと見れました。
英国王のスピーチは80過ぎの母が一度見に行ったそうですが、映画が始まって間もなく震災の大地震。
映画館も映写を中断してすぐに場外へ避難・・・ということで、観に行った母は結局殆ど観ることもできずにいたので、母も誘っていきました。

近くのシネコンで見ましたが、結構人気があるようでほぼ満席。アカデミー賞効果でしょうか?
実はこの映画、お話的には地味ですし、日本ではコケて早めに終わっちゃうのではないかと心配して見に行ったのですが、どうやらそんな心配は不要のようで、人気ありそうです。

お話自体は世紀の恋ということで有名な事件?もあって「ああ、あの時の・・・・」ってすぐにわかると思いますが、細かいディテールをシッカリ描いているのと、主人公と言語療法士の「人と人」としてのコミュニケーションが中心です。

それに脇役ではありますが、ジョージ6世の奥様であるエリザベスのウィットに富んだところが素晴らしい。
彼女の存在でジョージ6世の魅力が上がっているように感じます。もちろん、言語療法士であるジェフリー・ラッシュのオーストラリア訛りの英語もイイ。

無線でVKと交信することが多いので、オーストラリア訛りの英語には愛着がありますが、これがキングスイングリッシュやクイーンズイングリッシュと好対照なんです。
ジェフリー・ラッシュはその訛りもあって、大都会のロンドンでは、どことなくカントリーの雰囲気を漂わせています。
主人公は王族ですからね。都会的だしバリッとしているし、こちらも好対照。

いゃぁ、久しぶりにいい映画を観ました。
ここ暫くこんな映画を観た記憶がありません。それにエンドロールが終了して明るくなるまで、席を立つ人がいませんでした。これは珍しいです。
いつも、エンドロールが出始めると、場内が暗いのにそそくさと席を立つ人が多くて、映画の余韻を楽しむことがでいませんが、英国王のスピーチは全員が映画の余韻を味わっていたように感じます。
この映画、絶対にオススメです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月13日 (水曜日)

不思議だったこと

同じ原発でも随分と違うなぁ~~って思っていました。東北電力の女川原発と東京電力の福島第一原発です。
場所的に女川原発の方が大きな被害になりそうですが、現実は逆。なんでこんなに違うのかな?と調べてみると・・・・

原子力安全基盤機構が平成19年12月4日に開催した「地震・津波に対する原子力防災と一般防災に関するIAEA/JNES/NIEDセミナー」で東北電力が報告した「 女川原子力発電所における津波に対する安全評価と防災対策」という資料があります。
この資料を見ると女川原発が過去の歴史を文献を遡って調査して、津波を想定して建設されたことがわかります。

結果的に女川原発は津波に耐えました。それどころか地元の避難所として数百人の住民が避難しているとのこと(緊急処置として原発内に一般人を収容している)。
東北電力ではその立地条件もあって、津波に関してかなり対策を練っていることが伺え、今回、その備えが役立ったと言えます。
女川は外部電源も3系統用意されているので1系統だけの福島とは、そもそも思想というか価値観ががかなり違うように感じました。
東北電力と東京電力、組織が違うので考え方に違いがあるのは当然ですが、安全対策で違いがあるとうことは、国の安全基準の要求レベルが低いということですね。

大手新聞や民放のニュースはアテにならないし、NHKはパニックにならないようにニュースを抑える傾向があるので、色々と情報源をさがしていましたが、英語ですけどWorld Nuclear Newsというサイトを見ています。
原子力専門家向けのサイトのようですが、非常に説得力のある記事が読めます。

あと、原発や電源関連のサイトでは電気新聞がオススメ。やはり専門紙ですから情報が正確です。こちらもwebで主要な記事が見れます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 9日 (土曜日)

カソードフォロワー+SEPP

ハイブリットマイクアンプの出力は真空管ですから、インピーダンスが高すぎます。インピーダンスを下げるために出力はカソードフォロワーにしています。
推定出力インピーダンスは数百Ωですが、機材や無線機に接続するためには十分低いインピーダンスで問題ありません。

でもオペアンプを使ったマイクアンプでは、マイクアンプの出力に直接ヘッドホンを接続してもドライブできます。さすがに数十Ωのヘッドホンはカソードフォロワーではドライブするのは難しく、ちょっと悔しく思っていました。
それに使い込んでいくと、もうちょっと中低域に力感が欲しいなぁ・・・・って感じるようになりました。
恐らくこの華奢な感じはドライブ能力の差ではないか?と推測していました。

そこでトランジスタ2石のSEPP回路を試してみることにしました。電流増幅回路ですね。出力回路としてはわりとポピュラーで、皆さんが作るSEPPは凝った回路が多いのですが、今回はシンプルな回路にしました。
シンプルな回路じゃないと内蔵できる場所がないし・・・・。
回路は情熱の真空管で有名な、ぺるけさんのオモチャ箱のヘッドホンアンプ用小回路からいただきました。
Sepp_unit
これが今回製作したSEPPユニット。
カソードフォロワー回路と組み合わせるために、SEPPとは無関係なカソード電流調整用の定電流ダイオードが載ってます。
また出力カップリングコンデンサーは1000uFと大きいので、基板には載せてありません。

バイアスはLED、トランジスタは2SA1015/2SC1815のコンプリです。基板の上の部品は6個。これに出力カップリングコンデンサー経由で出力を取り出します。
但し、出典元では真空管にマトモな電圧を掛けていますが、今回の僕のハイブリットマイクアンプでは+15Vしか掛けていません。

テストの結果は上々、音の傾向としては無色で品行方正、出力段としてはいい感じではないかと思いますが、通電直後のため落ち着いた後の音ははわかりません。
でも人間と違って品行方正の音が次第にやさぐれた音になっていくようなことは経験していませんので、たぶんグレないのではないかと・・・・。

続きを読む "カソードフォロワー+SEPP"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 8日 (金曜日)

9M2TO 50/RTTY

今日はデジタルモードが多かったです。
9M2は小一時間、2エレを設置して頑張りました。一通りみなさんQSOしてCQをだし始めたところでやっとQSOできました。
419程度かな?先方の耳の良さに救われました。パイルアップでは歯が立ちません。
実はバンドニューなんです。

その後、ちょっと上にでていたXV1Xも頑張ってゲット!
こちらも419程度。実は頑張ってコールしていましたが、どうやら既に先方はコールバックしてくれたようで・・・・
全く気づきませんでしたので、何回もコールして2回QSOしてしまいました・・・。
こちらはモードニュー。
今日はデジタルモードで3upです。

他にもKG6/DU's/VK's/FK8などが聞こえました。クラスターには中近東辺りもスポットされていたようです。
50メガ、この週末は要チェックです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

A61E 28/PSK31

今日も50メガが絶好調。V型ダイポールでも多数のDXが聞こえています。VKは安定してオープンして、JAとラグチューしているのが聞こえます。
本当に50メガ?と思うようなコンディションです。

ということは当然ながら28もパスは開けているハズ・・・・。

とワッチしていると、弱い信号がウォーターフォールに見えました。A61QがCQCQしています。
すかさずコールると、すぐにコールバックあり。
A6の28メガでのPSK31はモードニュー。いゃぁ、だれも出ていないのかと思いましたが、バンドはしっかりオープンしていますね。
もちろん、アンテナは釣り竿+ATUですよ。ビームだったらSSBでも楽勝でしょう。

やはり何も聞こえなくてもCQだしたり、暫くワッチしたりするのが必要なハイバンドです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 6日 (水曜日)

P29VCX 50/CW

今日も50メガのコンディションが良いです。VKが聞こえていたのでバンドをワッチすると50.090でCWを発見。
V型ダイポールで419程度。・・・・29・・CXと来ればP29VCXsign03
50メガではバンドニューです。

クラスターにもスポットされていないし、チャ~ンスって思った矢先にスポットされました。
30秒もしないうちにパイルが大きくなっちゃいました。

うーむ。

コーヒーを飲んでからベランダに行って収納している2エレを展開。真南に向けて固定して再度ワッチすると529くらい。
UP指定でさばいていますがUP2くらいでダンゴになってるみたい。そこで思い切ってUP3弱でコールしてみる。

数回コールしたらコールバックsign02ちょっと不安だったので再度コールすると・・・間違いありません。僕のコールです。
ということで50メガ1UPです。

今日はP29の他にもVK/KG6/YB9/9W6がスポットされています。なんかアクティビィティーが上がってきたみたい。
でも、ウチの2エレでは聞こえません・・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月 3日 (日曜日)

VK4SIX 50/SSB

2エレを収納したらVKがガツンと聞こえてきました。VK4SIX  Daleさんです。6ele 100Wで50メガにアクティブです。
50.110にQRVしていましたが、50.166にQSY。6600kmほど南のクイーンズランド州北部とのこと。パス的にはノーザンテリトリー辺りも開けているのかな?

変わりっぱながチャンス!ということでコールしたら「ノベンバー  イタリー」ということでコールバック。
55-59でQSOできました。6mはVKが絶好調です。6mのWAVKCA(Worked All VK call Areas)でも狙うか??
でも0~9の10QSLではなくて、VK1/VK8/VK9/VK0は各1局、VK2~7は各3局の合計18局のQSLが必要ですからシングルバンドは結構大変。VK0がQSOできたバンドで狙うしかありませんねぇ・・・・。

この時間だとTEPなんでしょうかね?  短い周期の弱いQSBを伴って聞こえていました。V型ダイポール、やりますねぇ・・・。
建物の壁から給電点までをだいたい1/4λにして、南向きに反射するようにしているのがいいのかな?簡易的な2エレとして、普通のダイポールよりはゲインがあるといいな・・・と思っているんです。
今日は地面に対して水平にしていたV型ダイポールを直立に近い形(70度くらい)にしてみました。
暫く運用して、以前の水平か、今回の垂直がいいのか評価するつもりです。

今もVK4SIXが59+15dBで聞こえています。スッゲー強い。また、この時間VK3/VK4/VK6のビーコンが聞こえています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

VK4MA 50/CW

50メガは本当にコンディションが良いのではないかと思います。今日もず~~~っと南太平洋がオープンしています。
聞こえたのはVK/FK8/3D2ですが、恐らくバンドはオープンしているのに南太平洋各国からQRVしていないだけ。
アマチュア無線人口が世界的に減少していて、どうも前のサイクルみたいにオープンしてもニギヤカにならないみたい・・・・・。サイクル21の頃が懐かしいですね。

昨日からベランダにラディックスの2エレVビームを仮設してみました。VダイポールよりもS2~4くらいちがいますね。
快適快適・・・・

でも地震以来ノイズが増えたような気がしています。
でも、今日はバリバリバリ~って規則的な連続ノイズでS6振っています。これは地震とは無関係で電柱の碍子があやしい。昨晩FT817で探索してみましたが、どうもウチの近辺みたいです。

2エレを180度回して方向を探っても信号強度は同じ・・・・。FT817での探索でもベランダとは反対側でノイズが強かった。
どうも建物の北側にノイズ源がありそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 2日 (土曜日)

50メガで毎日VKがオープン

ここのところ50メガが調子いいのですけど、凄くいいのです。
例えば昨晩21時ごろまでVK8が聞こえていましたし、今日も午後はず~っとVKがオープンしています。
単純にアクティビティーが上がれば、もっともっと多数の局が聞こえるコンディションになっています。

ベランダのV型ダイポールでも聞こえるのですから、2エレなら59+で聞こえると思います。ただ、最近コンディションが上がってきたので、みなさんハイバンドで手一杯で「50メガはまだだろう・・」って思い込んでいるだけではないかと・・・。

確かに24メガや28メガと比較するとオープンの頻度が少ない50メガですが、今の状態はバンドがオープンしていてもアクティビィティーが低いからオープンしていないように「聞こえない」だけのように感じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FK8CP 50/CW

今日は50メガのコンディションが良いです。先日のSSBに続いてニューカレドニアのCWも1コールでゲット!
ノーパイルですから・・・・。でもV型ダイポールで結構飛んでるなぁ~。
やはりニューカレドニア方向は見通していることが一番の原因かな?

クラスターにもアップされていますが、皆さん既に交信済みなのか、パイルアップは大きくありません。
CWならモービルホイップでもQSOできるのではないかと思います。

またVK4ZJBとも50メガのSSBで交信できました。こちらも1コール。今日は運がいいみたいですね。
JohnはJCCナンバーを聞いています。申し訳ないけど1001を送ったら「Jumbo Tokyo!」とお返事が・・・。こういう時は区ナンバー送った方がいいのかな?
ということで今日は50メガで2局DXとQSOです。コンディション上がってきましたね。前サイクルのようにEuがガンガン聞こえる・・・って体験したいです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »