« RI1FJ 21/RTTY | トップページ | 秋月テスターの単4電池化 »

2011年5月 6日 (金曜日)

真空管式マイクアンプのキット

今年も音創り研究会はハムフェアに出展する予定です。昨年同様マイクアンプのキットを販売する予定です。
昨年のマイクアンプキットDMS-05Dはアッという間に売り切れてしまって、研究会メンバー全員が目を白黒・・・させる暇もないくらいでした。
ブースにご来場いただいたのにキットを入手できなかった方々、申し訳ありませんでした。

今年は昨年のモデルを更に発展させたDMS05D MarkIIに加え、新製品(?)真空管式マイクアンプキットも販売を予定しています。
完全キットとして真空管もセットに加えたキットとして準備しているため、詳細は未定ですが、研究会メンバーが精力的に最終モデルの開発と試作を行っています。

写真は僕がテスト用に製作した真空管式マイクアンプ。ケースや外観はキットと異なります。
部品の種類や定数による音質の違いを吟味するための試作機です。
Comming_soon
シャーシは僕の試作機なので自分で好みのブルーに塗ってありますが、シャーシも含め真空管や部品・部品の配置も検討中なので変わります。
キットの完成品の写真ではありませんのでご注意を。

真空管式マイクアンプはダイナミックマイク用で、出力を無線機のマイク端子や無線機のアクセサリー端子にあるライン入力へ接続することを想定しています。
電源は皆さんお持ちの無線機用の安定化電源のDC13.8V仕様です。

はい。AC100Vじゃありません。

この真空管式マイクアンプは真空管を13.8Vで動作させています。低い電圧で真空管には申し訳ありませんが、真空管も頑張ってくれています。
我々が入手できる普及価格のチュープマイクプリはオペアンプと真空管の組み合わせなんですが、キットの能動素子は真空管「だけ」。
トランスもナシ(の予定で奮闘中

でも、この真空管式マイクアンプがなかなか味のある音を出してくれるのです。それにオレンジ色に光る真空管のヒーターを眺めながらのQSOはリラックスできますよ。

真空管式マイクアンプキットはハムフェアの音創り研究会のブースで発売します。研究会のブースでは、キットの完成品の試聴もできますのでお楽しみに。

|

« RI1FJ 21/RTTY | トップページ | 秋月テスターの単4電池化 »

コメント

 アララ...早々と公開ですか.

 5mmか10mmのカラーで真空管ソケットを表面から下げる事は出来ますよね? まだ,コダワッテマス.Hi

投稿: jo7mjs/Sam | 2011年5月 7日 (土曜日) 12時03分

Sam
可能だと思いますが、加工精度がキツクなります。
最終的な形はおいおい・・・ですね。写真は試作品です(笑)。

投稿: JI1ANI / 福井 | 2011年5月 7日 (土曜日) 22時06分

楽しみだなぁ~。 DMS-05Dで世界が変わりました。 今年も事前予約みたいな事はやるのでしょうか? 昨年は開店と同時に並んでやっと手に入れましたが。今年は並ばずに買いたいw。

投稿: JE1FQV | 2011年5月 8日 (日曜日) 04時51分

FQVさん
昨年はありがとうございました。今年は事前販売は行わない予定です。
予約は研究会のメンバーと相談してみます。昨年入手された方も多いので、今年は行列はできないのではないかと思っているんですが・・・。

投稿: JI1ANI / 福井 | 2011年5月11日 (水曜日) 19時49分

久しぶりにコメントさせていただきます.昨年はDMS-05Dで大変お世話になりました.無事に活躍中です.某社のYAHAアンプのkitを製作してから真空管アンプの虜になりました.ご無理を承知でのお願いなのですが,是非,(ハムフェアに行けないHAMにも)昨年同様の事前予約販売をお願いしたいと思います.よろしくお願いいたします.

投稿: JE2VFX | 2011年5月23日 (月曜日) 20時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 真空管式マイクアンプのキット:

« RI1FJ 21/RTTY | トップページ | 秋月テスターの単4電池化 »