« DU3/N0QM 10/RTTY | トップページ | ハムフェア2011搬入物資の一部 »

2011年8月20日 (土曜日)

オートチューナーのコアが破裂!

スクリュードライバーに取り替える数週間前に、エレメントを取り付けないでオートチューナーにフルパワー送信してしまいました。
誤ってPTTスイッチを操作したためで、数分~5分程度。

ベランダで作業中だったので、オートチューナーに接続した4:1バランから「パチパチパチ」とスパーク音が聞こえました。
なんの音だろうと思って、オートチューナーを入れた半透明のケースの方を見ると、ケースの中で火花と煙がでています。
あわててシャックに駆け込んで、送信を中止しました。

でも煙がでる・・・ということは、既にバランは焦げてるわけで・・・はぁ~~~って思っていました。
被害はバランだけだと思っていたのです。先日、HFのアンテナをスクリュードライバーに変更して、オートチューナーをベランダの手摺りから取り外して、ケースに仕込んだバランとオートチューナーを分解することにしました。

バランはケースに穴が空いてる(燃えて溶けた)ほど、重症。でもテフロン被覆同軸はヘッチャラ。ケースの塩化ビニールが燃えただけです。でもコネクターとか使えないなぁ・・・・。

次はオートチューナー、蓋を開けてみるとsign03
Photo_2
いゃぁ、蓋開ける前に動かすと「カラカラ・・・」って音がするから変だと思っていたのです。
その時は「コンデンサーが破裂?」程度に考えていましたが、事態は想像以上sign03

コアが破裂していました。
恐らく急激な発熱にコアが耐えられなかったと思われます。
(まぁ、200Wで温めるには小さいコアですからね)

修理は同じような特性のコアを見つけて、コイルを巻いて取り替え・・・でしょうね。

しかし無線機のファイナルが飛ばなくて良かった・・・・。それだけが不幸中の幸いです。

|

« DU3/N0QM 10/RTTY | トップページ | ハムフェア2011搬入物資の一部 »

コメント

いやぁ~、ショッキングな映像ですね。
でも、ついでにバランの映像も見てみたいです。(^^;

投稿: JK1HIX 森田 | 2011年8月23日 (火曜日) 00時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/494/52520356

この記事へのトラックバック一覧です: オートチューナーのコアが破裂!:

« DU3/N0QM 10/RTTY | トップページ | ハムフェア2011搬入物資の一部 »