« VK0THのデジタルモード | トップページ | 今年もよろしくお願いします »

2011年12月30日 (金曜日)

アッテネーター付ノイズジェネレーターできました

Noisetone_generator 透明フィルムにパネル面の文字を印刷する方法の場合、パネルの穴あけが先か、フィルムを貼り付けてから穴あけする方が良いのか・・・・。
冷静に考えるとパネルにフィルムを貼り付けてから、穴あけする方が良さそうですが、今回は逆に穴あけしてから貼り付けました。

案の定、開いた穴の中心のトンボがないので位置合わせに苦労しました。
やはり、どこかにトンボ(位置合わせ用のマークのこと)を入れておく必要がありそうです。

また、今回はヘアライン仕上げのアルミパネルを生かすために透明フィルムにしましたが、普通のアルミケースなら、白地フィルムにして、アイボリーとか、好きな色にした方がいいです。
透明フィルムだと、気泡がとても目立ちますので、難易度があがります。

また、ホコリがフィルムとアルミパネルの間に入ってもまずいです。工作する時にユニクロのマイクロフリースを初めて着て作業したのですが、どうも細かいフリースの繊維が付いてしまったようです。
一回洗濯すれば付着した繊維は落ちると思うのですけど、ちょっと失敗でした。

あ! Pink NoiseのLEDが左端になってる。右端なのに・・・・

Photo 今回使ったのはA-one 透明フィルムラベル(A4)です。
近くのPCショップで購入しましたが、他にも使えそうな透明フィルムが多数ありました。

今回はフィルムの厚さが薄いものを選びましたが、耐水性のフィルムなどもあるようです。

インクジェットプリンタがあれば、とても綺麗にパネル面が作れますし、貼るのも数回トライすれば慣れると思います。

A5版程度の大きさならば、貼り付けるのもさほど難しくありませんでした。
今回もパネルは上手にできましたが、むしろドリルの穴あけに失敗しまして、5連LEDの穴が綺麗に一列に並びませんでした

|

« VK0THのデジタルモード | トップページ | 今年もよろしくお願いします »

コメント

福井さん、貼るときに中性洗剤を少し入れた水を霧吹きで吹いてシートを貼り、位置決めして(中性洗剤を吹いているとシートは自由に動きます)へらで中性洗剤を押し出すと気泡もできず位置決めもばっちりです。何かにステッカー等を貼るときもこのようにするときれいにできます。

投稿: JK1VMC鵜飼 | 2011年12月31日 (土曜日) 01時21分

鵜飼さん

そっかぁ。その方法がありましたね。その昔、車の窓に遮光フィルム貼った時に使った技ですなぁ・・・。
すっかり忘れていました。
これで次から気泡ゼロでイケそうです。ありがとうございました。

投稿: JI1ANI / 福井 | 2011年12月31日 (土曜日) 14時13分

アマチュア無線を始めて、早5ヶ月です。
最近では、ハムの、人口がとても減っていると聞きます。
アマチュア無線家の、皆さんで、ハムを、頑張りましょう。
自分も、7、21,145、430にてCQを出していますよ。
        JR2KZE

投稿: JR2KZE | 2012年2月15日 (水曜日) 20時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« VK0THのデジタルモード | トップページ | 今年もよろしくお願いします »