« 音創り研究会 今年もハムフェアに出展します | トップページ | JTS JS-1tube にSovtek 12AX7LPS »

2012年5月19日 (土曜日)

デイトンで発表された注目の3機種

Ts990s2 デイントで発表された無線機が3台あります。まず、以前から噂になっていて、昨年正式に予告されたのがKENWOOD TS990Sです。デュアルモニターに多数のツマミ・スイッチが高級感を醸しだしています。
数字のスペックは高級機ですから一流なのは当然として、伝説(?)のDSPソフト開発力は健在なのでしょうか?
DSPを使った無線機は、DSPのソフトの出来次第で無線機としての評価が決まってしまうほど影響力を持っていると思うので期待してます。

Ftdx3000 事前にはほとんど話題になっていなかった新製品、ヤエスのFTDX3000。回路的には最新のダウンコンバージョンと峡帯域ルーフィングフィルターの組み合わせというFTDX5000の弟分。
筐体サイズや出力はFT950とほぼ同じ・・・ということですが、FTDX3000はトランシーバーとしてだけでなく、受信機としての販売も狙っているのではないかな?

最近は携帯ラジオの進歩がめざましく、昔のようにBCLで本格的なオールバンド受信機を使う機会は減りましたが、BCLマニアやアマチュア無線のサブ受信機として、高級受信機の需要はあると思うのです。

Gamechanger_day8_announce そしてSDRの雄FlexRadioからFLEX6000シリーズが発表されました。ここまでくると無線機というアナログ機械のイメージはなくて、デジタル機器ですね。
でもシグネチャーが入ったりという、マイスターによる手作りのデジタル機器というのが面白い着想でしょうか。
新機能も多数搭載されているようで、無線の楽しみ方自体を変えてくれそうです。

|

« 音創り研究会 今年もハムフェアに出展します | トップページ | JTS JS-1tube にSovtek 12AX7LPS »

コメント

TS990、表面が非常に広いので、パネル型だったらどうしよう、なんて要らぬ心配してましたが、しっかり奥行きもあるようで。(笑)

FTDX3000、初めて写真見ました。
大型カラー画面がドーンと来るとは聞いていましたが、そうなるとICOMさんとどう違いが出るかと思っていましたが、ちゃんと個性を出した精悍なデザインですね。
これの50W機をフィールドの主役にしたら、贅沢でいいですね~~。

投稿: JO1KVS | 2012年5月21日 (月曜日) 10時25分

KVSさん
FTDX3000の外見は好みが別れるようなんですが、僕も好きなツラ構えです。
高性能だけど良く使う機能は使いやすいノブになっているように思いました。2台揃えてコンテストでSO2Rとかに人気出そうです。

投稿: JI1ANI / 福井 | 2012年5月21日 (月曜日) 21時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 音創り研究会 今年もハムフェアに出展します | トップページ | JTS JS-1tube にSovtek 12AX7LPS »