« 7O6Tベランダホイップの結果 | トップページ | デイトンで発表された注目の3機種 »

2012年5月19日 (土曜日)

音創り研究会 今年もハムフェアに出展します

Scs

今年もよろしくお願い致します。昨年は開場と同時に長い行列ができてしまい、近隣のブースの方にご迷惑をお掛けしました。少しでも行列が短くなるように対策を検討中です。キットの販売は昨年同様、ハムフェアでの販売を優先する予定です。
音創り研究会のブースでは以下にあるようなキットなどを発売する予定です。

①DMS-08S <新製品
真空管を使ったマイクプリアンプです。昨年のDMS-07Tとは全く回路構成が違います。DMS-08Sは真空管1本のタイプで、組み立て後の再現性を向上させつつ、DMS-07Tと比べてS/Nの改善とワイドレンジ化を実現しています。透明感の中に温かみを感じる音質です。

②DMS-05D MKⅡG
昨年のキットと基本的に同じです。今年度は、昨年特に多くのご要望を頂きましたゴージャス版1品目に絞りキット化することになりました。
専用基板と専用オペアンプ(マニュアル付き)のセットも販売する予定です。

③リボンマイクのキット <新製品
ついにマイクの自作の提案です。それも最近人気のリボンマイクの自作です。
試作品で運用した結果、交信した各局からも販売されているマイクと音質面で遜色がないレベルと高い評価をいただいています。自分で組み立てたマイクでのQSOは格別です。ご期待ください。

④フットスイッチ
第1回目の出展時から、大好評のフットスイッチ。今年度も定番アイテムとして準備予定です。YAMAHAのロゴが高級感を醸しだしています。ロックするタイプで、踏み込んでPTT ONを保持→もう一回踏み込んでPTT OFFというラグチューに便利なスイッチです。
また、スイッチをロックさせない程度に軽く踏み込んでPTT ON→足を離してPTT OFFというプッシュスイッチ的に使うことも可能です。

⑤ヘッドフォンアンプのキット <新製品
今年は無線機の音の入口のみならず、音の出口にもスポットを当ててみました。実際に利用して効果を実感できる真空管を用いたヘッドフォンアンプ(YAHA AMP)をキット化することになりました。
このヘッドフォンアンプを通して聞くCWの音にはビックリ。ワッチの楽しみの提案です。

⑥各種ケーブル
マイクプリアンプと無線機を接続するケーブルはICOM・YAESUの無線機用に加えKENWOOD用も検討中。

⑦各種中古機材や真空管の販売
音創りに関連する各種スタジオ用機材やマイクロホンなど中古品の良品を販売。昨年好評だった真空管も継続して販売する予定です。

情報や開発中のキットの様子などについては随時お知らせしていきます。

|

« 7O6Tベランダホイップの結果 | トップページ | デイトンで発表された注目の3機種 »

コメント

ハムフェア楽しみにしています。
昨年は長蛇の列でしたね。お一人お一人が時間をかけて購入していたようで流れも遅かったようです。
人気商品については
・商品ごとに売り場を分ける。並ぶのも別の列。(欲しい物ひとつしか手に入らないかな)
・整理券を配って買うのはあとでゆっくり(整理券に人が殺到するかも)
・一日数回に販売時間を限定、それぞれの枠ごとに事前に投票箱をブースに設置。購入権は抽選。当選番号が掲示された人だけ購入できる。(販売数の配分で日曜の午後でも買えるチャンスが生まれる)
・残りいくつかを表示、又はアナウンスする。(あといくつかわかれば買えない人は並ばない。一人一回一つまでとして。)
・列をきちんと誘導する。(並ぶ位置、最後尾の位置を案内)
・抽選の場合、オール抽選よりも先着枠も併設したほうがいいかも。(一番乗りが買えないというのは悲しい。)

思いつくまま書きました。(^^ゞ

投稿: JO1KVS | 2012年5月21日 (月曜日) 10時19分

KVSさん
アドバイスありがとうございます。いただいたアドバイスも含め、メンバーでいろいろと工夫してみます。
頑張ってキット作らねば・・・。

投稿: JI1ANI / 福井 | 2012年5月21日 (月曜日) 21時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 7O6Tベランダホイップの結果 | トップページ | デイトンで発表された注目の3機種 »