« 東芝レグザタブレット AT570 | トップページ | YAHAアンプのバリデーション »

2012年6月 9日 (土曜日)

HP Pavilion dv6700 ノートPCのCPU換装

Pavilion_dv6700 以前家族用に購入したHPのdv6700は昨年暮れにオンキョーのノートPCと交代し、隠居の身です。購入する時にはパワフルなdv6700もありましたがちょっとお高いお値段でした。
「まぁ、Celelonで十分じゃね?」と思ってCelelon540モデルを購入したため、晩年(?)にはかなり速度に不満がありました。

最近ソファの後ろでホコリを被っているdv6700を処分する話がでて、処分するなら・・・と禁断のノートPCの脳味噌交換にチャレンジしてみることにしました。
まぁ、ダメ元ってヤツですね。
CPU交換といっても、最近の大型ノートPCはCPUはソケットで取り付けられていますので、分解と組み立てができれば、CPUの交換自体はデスクトップと同じです。

CPUの交換は、先ずは情報収集から・・・。HPのページでdv6700を調べてみるとCelelon540の他にCore2DuoのT7250/T7500/T9300版もラインアップされています。この3CPUなら交換できそう・・・・。チップセットはCelelon版もCore2Duo版もGM965 Expressです。
CPU交換前に念のため最新のBIOSにアップデートしようと思って新しいバージョンのBIOSの変更点を調べていると、

Adds support for Intel Core 2 Duo Mobile Processors T8100, T8300, T9300, and T9500.

という一文を発見。ということはBIOSをアップデートすると・・・・CPUはT7250/T7500/T9300&T8100/T8300/T9500に対応することになります。ノートで心配な熱問題も、この6CPUはTDPも35Wで同一です。

Core2Duoの第一世代Meromコアよりも第二世代Penrynコアの方が進歩しているハズですし、SSE4に対応していますから、T8100かT8300アタリと狙いを定めてオークションで調べるとT8100なら2千円弱で入手できそうです。T8300との性能差はそれほど大きくなさそうですし、T8300は一段価格が上がってしまうようです。ちょっと考えましたがT8100を入手しました。

実際にCPUを交換するには、ノートPCをバラバラにしてマザーボードを取り出す必要があります。HDDやメモリみたいにどこかの蓋を開けたらCPUがコンニチハみたいなことはありません。ですからノートPCのCPU交換には壊す勇気が必要です。

Dv6700HPのPavilionシリーズは海外でも人気があるらしく分解手順の動画もありますが、録画されているのをいちいちポーズで止めて分解作業するのも面倒なので、僕は分解手順が説明してあるサイトを参考に分解しました。
でもネジ穴が1個違っていましたが・・・・。まぁ、dv6700にも色々なバージョンがあるのでしょう??

注意点はネジが4種類ほどあって、それぞれ使う位置が決められているため、1本づつ記録写真かメモを取ってから外すこと。ネジの本数も30本近くありますから面倒くさがってコレをやらないと絶対に間違えます。
間違えたネジで固定すると、他の部品や基板を傷つけて再起(動)不能になることもあると思います。

また、フレキシブルケーブルのコネクターや、配線のコネクターなどの取り付け、取り外しができる必要があります。フレキシブルコネクターは取扱に注意が必要ですし、全体的に配線は余裕がなく、キツキツです。
ちょっと強引に引っ張ったりすると「プッツン」しちゃいそう。なので、僕みたいに「ダメ元」的な覚悟が必要ではないかと思います。

Dv6700_t8100_bios 基板が取り出せたらCPUクーラーを外して、CPUを交換して、分解とは逆の手順で組み立てて終わり。僕の場合は分解~CPU交換~組み立てまで2時間程度でした。

ドキドキしながら電源を接続してPower onしてみると・・・・

無事立ち上がりましたのですかさずBIOSに入ってSYSTEMを確認すると、T8100がちゃんと認識されていました。

Celelon550→T8100は片脳状態から右脳・左脳とも揃った状態になるため、とても速く感じます。
もっとも、グラフィックスやハードティスクが足を引っ張るのでCPUばかり速くても全体のパフォーマンスあがりませんので、ウチのdv6700はT8100アタリが良い落しどころなのかも・・・。
dv6700にはオプションで高速ビデオカードがありましたので、ビデオカード内蔵タイプなら、もっと早いCPUに交換してもバランスが良いと思います。

|

« 東芝レグザタブレット AT570 | トップページ | YAHAアンプのバリデーション »

コメント

うーん、パソコンの中って案外複雑なんですね。

投稿: 吉沢アキラ@能力開発 | 2012年6月 9日 (土曜日) 13時30分

素晴らしいです。
私も以前CPU交換挑戦しましたが、あえなく頓挫しました。

投稿: 竹沢 広 | 2012年6月15日 (金曜日) 14時31分

竹沢さん
今回は成功したものの、頼まれてもやる気は起きません。本当にダメ元ですので、今回はできました。
もちろん、dv6700の分解手順が見つからなければ、やる気になりませんでした。
ネジよりも、小さいコネクターとかフレキケーブルとかが面倒でドキドキします。細心の注意を払わないとプチッてなっちゃいそうです。

投稿: JI1ANI / 福井 | 2012年6月15日 (金曜日) 22時08分

こんにちは、はじめまして7K3GJBと申します。よろしくお願いします。実は、最近DV6700を入手しました。win7をインストールしました。サポート終了モデルでしたので、若干苦労はしましたが何とかドライバーはインストールしました。BIOSを更新したかったのですが、F58で検索したらアメリカのBIOS MODSというサイトで、sp39862.exeというファイルを見つけました。大変お手数ですが、このファイルで正しいのか、ご教示ください。よろしくお願いいたします。

投稿: 7K3GJB | 2018年9月 6日 (木曜日) 21時23分

GJBさん
こんばんわ。
実はDV6700は既に手許にありませんのでsp39862.exeなどをキーワードにて
調べてみましたが、sp39862.exeがBIOSアップデートであることは間違いなさそう
ですが、本当にF58なのかは判りませんでした。お役に立てず申し訳ない。
オウンリスクでどうぞ。

投稿: JI1ANI/福井 | 2018年9月 7日 (金曜日) 00時47分

7K3GJB白井です。承知しました。お手数かけました。

投稿: 7K5GJB | 2018年9月 7日 (金曜日) 22時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東芝レグザタブレット AT570 | トップページ | YAHAアンプのバリデーション »