« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月31日 (水曜日)

CT3AS 18/RTTY

RTTYでは久々のアフリカです。信号は539程度でしたが、ノイズが少なくて綺麗にプリントできました。CT3は先日のWW RTTYコンテストでも聞こえていました。
Benさんはシグナルレポートとハンドルを送ってきました。ときどきハンドルを送ってくれる方がいらっゃるので、こちらもハンドル付きRSTレポートのマクロを用意しようかな?

CT3あたり、日本からだとなかなか行けませんが、欧州からみると日本の南太平洋みたいな感覚でリゾートに行くのでしょうね。
うーん、アフリカかぁ・・・まぁ、回りは海ですから大陸とは気候もぜんぜん違うと思いますけど。

| | コメント (0)

2012年10月29日 (月曜日)

6V7S 21/CW

セネガルです。実はセネガルは10メガで1回交信しただけ。今回は2回目のQSOです。信号は569程度でしたが、ヤギを使っていれば599でしょう。
UP指定でしたが1.1upで数回コールしてQSOでした。平日だからでしょうか?パイルアップが小さかったように思います。

コンディションに助けられてGPでも結構できるものです。でもノイズがもうちょっと少ないと嬉しいんだけどなぁ。HB28-50を上げてから、そのノイズの少なさにビックリしています。感度が悪いのと勘違いしちゃいそうです。
28メガでバンドがクローズしている時IC-7800のプリアンプ2を入れてもSメーター振りません。

| | コメント (0)

RI1FJ 28・24/CW

28をワッチしてみると、バンドがオープンしてみるたいで、結構聞こえます。CWバンドをスィープすると、小さいパイルアップがあります。
RI1FJ フランツヨゼフじゃないですかsign03

WAZマニア(?)の僕にはZone40とか2はゾクゾクしますhappy01
数回コールしてQSOできました。平日ですからね。

28で暫く遊んでからコンディションも落ちてきたので、24メガに下がってワッチ。PSKでちょっと遊んでからCWバンドを聞いてみると・・・。

なんと、先程QSOしたRI1FJがちょうどCQをだし始めたところへ遭遇。信号は599と非常に強い。パイレーツかと思ったけど、QSBもあるし、ホンモノでしょうね。
もちろん、直ぐにコールしてQSOしました。

なかなかできないZone40、パスが開ければ立て続けにできることもあるのですね。Zone40がこれだけ聞こえるということは、コンディションはそれなりに良いみたいです。
前のようにドカンとオープンしないけど、平均的には上のような・・・・。各コンテストの最高得点が次々に更新されるのは、こんなコンディションに支えられているのかも知れません。

| | コメント (2)

2012年10月28日 (日曜日)

KEM-DDS-AD9953 DDS-VFO 発信器キット基板完成

Dds_kemddsad9953 4月に購入したまま製作していなかったDDSキット、購入したのを忘れていましたが、先日のローカルQSOで思い出して、半年ぶりに組み立てにチャレンジしました。

部品点数も結構あって、組み立ては大変だと思っていましたが、着手すると思いの外スイスイと進み、実質数時間で基板は完成しました。

小さい部品から取り付けていきましたが、数が多いパスコンをハンダ付けすれば半分完成・・・って感じでしょうかね。
今回は部品を自分で取り替えることなく、キットまま、組み上げています。

RFアンプ付きですから出力も十分。

続きを読む "KEM-DDS-AD9953 DDS-VFO 発信器キット基板完成"

| | コメント (0)

2012年10月27日 (土曜日)

猫の手大募集

Photo 僕のアパートの近くにあるヤマト運輸の営業所でネコの手を募集しています。
この営業所ではいつも「ネコの手」を募集するんですが、他の営業所でも「ネコの手」を募集するのかな?

台の下にマタタビでも置いて、多数のにゃんこに応募させようか?などとイタズラを思いついた土曜日の午後でした。

| | コメント (2)

ミニマルチ HB28-50

Hb2850 屋上にはラディックスの50メガ用2エレVビームを上げてありますが、これは大家さんと交渉してアンテナを上げられることになったので、大家さんの気の変わらない内に急いで手持ちのアンテナを上げちゃった・・・・というのが正直なところ。

そろそろ近隣の方の目もアンテナに慣れた(?)ようですし、インターフェアも発生していないようですので、本式のアンテナ(??)に切り替えようかなぁ・・・と思っていました。
もう一つ理由があって、ラディックスのVビームはビームがブロードでサイドの切れが今一つなんです。

まぁ、エレメントが斜めですから、アンテナのサイドでも、真横からみてエレメントが45度の角度にしかなりませんので、サイドの切れが悪いのは仕方ないのですが、周囲から聞こえるビートとか、ジュルジュル聞こえるノイズをカットしたい時に不便なんです。FB比は良いのですけど、さすがにヌルがあるわけでありません。

アパマン向けのアンテナを多数リリースしているミニマルチにHB28-50という、28/50メガの2エレデュアルバンダーがあります。
エレメント長は3.3mブーム長は1.1mと50メガの2エレを一回りくらい大きくしたサイズ。まぁ、50メガの2エレと同じサイズといえます。

普通の2エレならサイドの切れは良くなるハズですし、Vビームの最大(?)の特徴である「周囲の影響を受けにくい」というのは、ベランダでは大切ですが、屋上ではあまり重要ではありません。
もっと大きなサイズのアンテナもありますが、テレビアンテナ用のマスト固定金具であることや、大家さんへの言い訳可能な大きさを考慮すると、50メガの2~3エレ辺りが安全圏だと考えています。

続きを読む "ミニマルチ HB28-50"

| | コメント (3)

2012年10月21日 (日曜日)

電灯線アンテナ再び

ゲルマラジオを聞いていた頃は電灯線アンテナを使っていました。
先日ご紹介した7メガの間欠ノイズはインバーターノイズで、時間と共に周波数が上下するんです。
インバーターといえば電源関係、ですからこのアパートの電灯線にもノイズがのっているんだろうなぁ~~と想像していました。

Photo 無線機のアンテナを外すとノイズも止まりますから、電灯線経由で無線機にノイズが混入しているわけではありません。
それに無線機はコモンモード対策として、2段の電源フィルターが入っています。
そういう心配をしているのではありません。

間欠ノイズはノイズキャンセラーのお世話になるしかありません。
ノイズキャンセラーは手配中ですが、ノイズ受信用のアンテナを工夫せねばなりません。
そこで、電灯線アンテナでノイズを受信できるか試してみることにしました。

ACプラグの片側に330pFのセラミックコンデンサを取り付けて、反対側を無線機のアンテナに繋ぐだけです。セラコンは念のため耐圧3kV品を使っています。

いきなりIC7800へ接続するのは怖いので、IC7000のHFアンテナに接続してみますが、ノイズが聞こえません。IC7800ではアンテナで受信した間欠ノイズを盛大に受信中です。
う~~ん。どうやら7メガの間欠ノイズは電灯線にはのっていないようです。鉄筋だからかなぁ・・・。シールド性高いですものね。

ということで、やはりノイズ受信アンテナが必要になりそうです。電灯線アンテナなら、ノイズだけ受信できると思ったのですが、甘くなかった・・・。
ちなみにACプラグは差し替えて両方の極性で試しましたが、同じ結果でした。

| | コメント (6)

2012年10月20日 (土曜日)

T30PY 24/SSB

今日は土曜日ということもあって、結構聞こえるようです。T3の24 SSBは今回が初めて。7メガと併せて残りは3.5メガってことになりましたが、聞いた限りでは苦しいなぁ・・・。
T30PYでは、昼前まで寝ていて、起きてすぐにパイルに参加してボケでオンフレでお漏らししていました。
申し訳ありません>各局

夕方には28でフランツヨゼフが59+で入感。小一時間ほどコールしましたが、分厚いパイルは抜けませんでした。
Zone40のSSBでこんなに強い信号を聞いたのは人生2度め。前回のサイクルでOXが南西から凄いエコーを引いて59+40dBの片パスっぽい感じで聞こえたのが過去最高。

そういえばOXも28メガでしたね。
その時はコールしてた局同士で「こんな時間にこんな方角からZone40??」って話題になりました。
Zone40って28メガだとドッカンfujiオープンすることがあるのかも・・・・。まぁ、マジックバンドに近いですから、そういう伝搬があっても不思議ではありませんね。

| | コメント (0)

ボトムローディングの逆L

スクリュードライバーは普段は短いエレメントを取り付けているのでローバンドの効率が今一つです。以前記事で紹介した、グラスロッドを屋上から10mに伸ばすのは、夜とはいえ結構目立ちます。

グラスロッドを伸ばすだけとはいえ、手間がかかりますし、風があると使えません。まぁ、イザという時やコンテスト用には良いですが、普段に使うにはチョット・・・・。

そこで、目立たないローバンド対策として、スクリュードライバーのコイル先端から、建物の反対側近くに上げてある6m用の2エレ用マストまで屋根上2.5m程度ですが8mほどの延長エレメントを張ってみました。

延長エレメントは立てたグラスロッドに沿わせれば垂直GP、水平に引っ張れば逆L(水平部8m垂直部1m)になります。なんか打ち上げ角度は高そうですが、まぁ、屋上ですからなんとかなるでしょう。ダメならグラスロッドがありますし・・・。

闇に紛れて、黒色被覆のビニール線を引っ張って、シャックでコイルを調整。なんのことはない、垂直展開と水平展開でコイルの巻き数は同じです。マッチング用のコンデンサの容量が多少変わる程度です。

って1.8→3.5→7って想定したバンドで調整が終わって7メガをワッチした途端に、狙っていたT30PYがCQCQ.... 59ですっ!
UPでコール一発でコンタクトできました。まぁ、ツイてる時はこんな感じでしょうね。屋上から2.5mとはいえ地上高は15m程度ありますし、ほぼフルサイズですので、ノイズさえでなければ遊べそうな感じです。

| | コメント (0)

2012年10月18日 (木曜日)

T30PY 10/RTTY

凄いパイルアップでした。10.143でUP指定ですが144~149辺りまで並んでいます。屋上のスクリュードライバーでRSTは559程度。フルサイズなら599位かな?
30分くらい呼んでいたら大分空いてきて、空いている周波数でコールしたら応答がありました。

やっぱり局数が減らないとダメですね。そりゃパイルアップ抜くような設備じゃないから当然ですけど、今回は皆さんが夕食に行かれたのでパイルアップが小さくなったようです。
T3は今サイクルではアクティビィティーが低いようなので、パイルアップが大きいのかな?と思います。

| | コメント (2)

2012年10月16日 (火曜日)

ヴィンテージオーディオ博物館

Photo 音創り研究会の研修旅行という名前のハムフェア打ち上げ旅行に行ってきました。今年は会津若松で一泊、翌日は桧原湖畔のヴィンテージオーディオ博物館を見学しました。

博物館で一番印象的だったのが、Victor Talking Machine Co.米国)製のゼンマイ式蓄音機。
鉄針をSPレコードに落とすと懐かしい感じの音がします。

僕は蓄音機を生で聞いたのは初めて。何が不思議かって、電気のコードが無いのに音がでてること。

想像とは違ったデカイ音なんです。想像ではトレードマークのわんこよろしく、耳をすませて聴くような音量だと勝手に思い込んでいましたが、いやいや、ぜんぜんそんなことありません。
朗々と響きわたるような音量なんです。

いゃぁ、電気使わないであんなデカイ音が出るのは不思議な体験です。思わず電源コードが付いていないか、確認しちゃいました。

他にもウエスタンエレクトロニックの595とか555(16Bホーン)かも聞かせていただきましたが、音を聞いて一番感動したのがタンノイ。

続きを読む "ヴィンテージオーディオ博物館"

| | コメント (2)

2012年10月14日 (日曜日)

7メガの間欠ノイズ

ここのアパートは結構ノイズが多くて苦労しています。特にローバンドで酷いインバーターノイズがあります。ノイズが無い状態というのがこんな感じで、ハムバンドにはノイズがありませんけど、ハムバンドの下にはノイズがでています。
7
ちょうどハムバンドにノッチが入っているような感じでしょうか?
実際にはハムバンドの上の強い信号はノイズではなく放送波です。

で、このようなノイズが無い(?)状態から、ノイズが出ると・・・・・

続きを読む "7メガの間欠ノイズ"

| | コメント (4)

2012年10月13日 (土曜日)

陽だまりの彼女

久しぶりに恋愛小説(?)を読みました。といっても僕が購入したのではなく、新潮文庫「陽だまりの彼女」は本好きの彼女が今週何冊か購入した中の一冊。
陽だまりの彼女  は結構売れているのですが、そんなに期待しているわけでもなく、タマには恋愛小説もいいかも♪的なチョイスだったようです。

陽だまりの彼女  はナカナカ面白いらしく、熱心に読んでいた翌日の食事時、「おもしろいよ~」と粗筋を説明してくれました。
僕が恋愛小説には興味がないことはご存じなので、ネタバレのオンパレードの解説と書評を聞いてみて、ちょっと読んでみたくなりました。
したがって、僕は粗筋もオチも知ってる状態で本を読んだわけです。

この小説、読みやすいです。主人公の男性とその幼なじみの彼女とのバカップルぶりなど二人の会話がかなりの割合であるのですが、とても自然な会話で違和感なく、感情移入できるのです。
さすが、新潮文庫の100冊に選ばれるだけのことはあります。

で、僕も良い本だと思ったので、みなさんにご紹介したくて記事にしたのです。ですから、いろいろと書きたいわけですが、ネタバレするわけにもいきませんので・・・・

続きを読む "陽だまりの彼女 "

| | コメント (2)

2012年10月 6日 (土曜日)

3D2C 50/CW

最後の駆け込みですが、10月2日の夕食時は50メガで3D2Cが良く聞こえていたようです。ようです・・・というのは、僕の2エレではカスカスだったのです。クラスターには599とか上がっていましたので、それなりの設備なら良く聞こえていたのだと思います。

カスカスでも聞こえれば呼びます。平日ですし、時間も早いので、皆さんお仕事のようで、コールする局も少なかったようです。
CQ連発中でコールしました。一発でコールバックがありQSOしましたが、コールバックについては今一つ自信が持てませんでしたので、オンラインログの更新を待っていました。

先程確認したら、50メガのCWでログインしていましたぁheart01

PSKも1.8も3.5もダメだったけど、予定外の50メガってことで3D2Cは良い締めくくりになりました。

| | コメント (0)

2012年10月 4日 (木曜日)

短波コンディション情報を変更

右側のサイドバーにある短波帯のコンディション情報をN0NBHが提供する速報へ変更しました。今までのものよりもバンド別の予報があったりして使いやすいのではないかと思います。
以前検討した時は横型のタイプだけで、僕のココログにはちょっと合わないなぁ・・・・と思っていました。

先日3D2Cのサイトでバナーをクリックしたら縦型のデザインが増えているのを発見。取り替えることにしました。
場所もあるので一番情報が多いタイプにしましたが、全部の数値の意味を理解しているわけではありません。正直よく分からないのが多数なんです。
ボチボチ調べてみようかと思っています。

| | コメント (0)

2012年10月 1日 (月曜日)

3D2C 14/SSB

昨晩は台風で風が凄かったですが、皆さんのアンテナは無事でしたか?屋上のアンテナはHFのスクリュードライバーは倒して先端のエメレントを取り外してありますし、50メガの2エレは頑丈なマストに取り付けたので全く問題ありませんでした。

3D2Cのパイルアップもだいぶ落ちついて来たような感じです。PSKも運用が始まったようですが、平日の日中ではちょっと難しいなぁ・・・。
帰宅後に14/SSBで59+でしたので、なんとかなりそう・・・とコールしたら、数回でコールバックがありました。
あとはPSKと80m&160mだけど、今回は無理かも・・・。

| | コメント (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »