« 7100Khzの祈り | トップページ | 2012 ARRL 160mコンテスト初日 »

2012年12月 1日 (土曜日)

160m用短縮Akiスペシャル

Aki 160mのアンテナにAkiスペシャルというGPの変形があります。簡単に説明すると、普通のGPのラジエーターを逆レ型にしたものです。

1.8メガだと1/4λで40m。垂直に40m伸ばすのは難しいので、25m程度として、残りの長さをtopから折り返して地面に引き下ろす形でフルサイズとしたGPです。また、折り返した方向と逆の方向に多少指向性がでるようです。

先日のWW CWでローバンド用に使ったスクリュードライバー+グラスポールのGPが結構良かったので、追加で実験中です。今週末はARRL 160mコンテストですしね。

先日の全長9mの短縮GPは、やはりエレメントが短いため1.8メガでは77%短縮と、効率が悪くなっています。そこで、垂直部はそのままに引き下ろすエレメントを追加して、電気的にはAkiスペシャルと同じような形にしてみました。

いろいろと調べてみると、指向性は垂直エレメントと折り返したエレメントの角度と長さの比で変わるようです。
折り返し角度を45度程とすると、エレメント比率が1:1程度だとかなりの指向性がでますが、1:0.2程度では、指向性はそれほどでないようです。
ただ、指向性がでるからと喜んでると、全体的な輻射効率が悪くなって、指向性がでても全体的には効率が悪くなってしまうようで、単純ですが奥が深いアンテナです。

今回は垂直部 9m 折り返し部 9.5m 全長18.5mのボトムローディングで、折り返し角度は大凡45度です。全長18.5mのエレメントをスクリュードライバーに接続すると、3.8メガでほぼ短縮無し、3.5メガでコイルをかる~く使う程度のほぼフルサイ ズの1/4λ長となります。
つまり今回は160/80m兼用のエレメントです。マッチングはCマッチ(ホットとコールドにコンデンサ入れるだけ)です。
ラジアルは屋上の周囲をぐるりと取り巻いているアルミ柵がメインで、電線は10m×2本など短いものだけ。3.5や1.8用に長いラジアルは用意していません。

MMANAの解析で9mの短縮GPと今回の短縮Akiスペシャルを比較すると、輻射角度は最大31度で同じですが、短縮Akiスペシャルの方が-0.2dBとの結果です。短縮コイルでの損失を考えると短縮Akiスペシャルの方が効率が良さそうです。
今回はベースローディングで機械的なエレメントは垂直部分と折り返し部分がほぼ同じ長さなので指向性がキツクでると予想しましたが、ホンモノのAkiスペシャルのようにF/B比は1dB程度しかありません。

短縮Akiスペシャルは数日の運用ですけど、先週末の短縮GPよりも、飛び・受けともに良さそうです。今回はNA方向へ指向性がでるように設置していますが、建物の関係でNA以外の方向は・・・・無理です。まぁ、あまり気にする程ではありませんし、短縮Akiスペシャルは高い角度の輻射がありますので、国内や近距離にも使えそうです。

昨晩は短縮AkiスペシャルでW5IZがピークで599で聞こえました。スーパーステーションですから強くて当然ですけど、でも、1.8で北米が599で聞こえたのは初めて。他にも数局529~559程度で北米が聞こえました。スーパーステーションとはいえ、北米の信号がSメーターが赤いところまで振りこむのは過去にありませんでしたので、今晩が楽しみです。

|

« 7100Khzの祈り | トップページ | 2012 ARRL 160mコンテスト初日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 7100Khzの祈り | トップページ | 2012 ARRL 160mコンテスト初日 »