« チップ部品を使ったHPF | トップページ | XU7TZG 24/PSK31 »

2013年4月20日 (土曜日)

BNC-蓑虫クリップ ケーブル

Bnc 測定機で測定する時、本来はインピーダンスを乱さないためにコネクターで接続した方が正確に測定できるのは承知しています。

でも、先日のHPFとかをちょっと測ってみたい時に両端に毎回BNCコネクターをハンダ付けするのは面倒です。
片側がBNCオスで、片側が蓑虫クリップの測定ケーブルがあると便利だなぁ・・・・
と思っていました。

先週秋葉原に行きましたので、測定機ケーブルで困ったときの門田無線電機(東京ラジオデパート)でケーブルを探してみると・・・ビンゴsign01

やはりありました。
そりゃそうだよなぁ・・・。ニーズは僕だけはないはず・・・と思いました。

もちろん、自分で作ることもできますが、二股の処理がヒシチューブでは今一つになるので、今回は購入することにしました。2本購入。

早速いくつか計測してみましたが、コネクター経由と比較して蓑虫クリップ(というよりも、クリップまでの単線が問題ですよね)でも精度は劣るものの、それほど極端に測定値が乱れるようななさそうです。目安的に測るなら十分。

これで気軽に測定できるようになりました。APB-3の購入後、こんな測定機回りの小物が急激に増えています。それだけAPB-3が便利で良く使っているというわけなんですけどね。

|

« チップ部品を使ったHPF | トップページ | XU7TZG 24/PSK31 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« チップ部品を使ったHPF | トップページ | XU7TZG 24/PSK31 »