« 10周年 | トップページ | 160m用短縮Akiスペシャル Ver2 »

2013年12月 7日 (土曜日)

Mini-Whip 1チップ版改良しました

1 Mini-Whipの1チップ版を改良しました。ADA4817は電圧が10.4Vが上限で13.8Vでは使えません。そこでお手軽に抵抗で電圧を下げました。

ADA4817の消費電流はこの回路だと20mA程度ですから240Ωを直列に入れました。これで13.8V時にチップにかかる電圧は9Vちょっとになります。

バイアス回路はやはり単純な方が中波のカブリが減ることが判ったので、部品数も減る単純な回路に戻してあります。また増幅率は1.8メガでの利用を考慮して少し増やしています。

親指程度の面積のアンテナ板で、中波帯~FM帯まで受信できますが、周囲に障害物があると感度が低下するようです。利得の増加により改良板では、以前よりも1669kHzの灯台放送がかなり綺麗に聞こえます。

|

« 10周年 | トップページ | 160m用短縮Akiスペシャル Ver2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 10周年 | トップページ | 160m用短縮Akiスペシャル Ver2 »