« TS-990 ファームウェアVer. 1.05 | トップページ | SILEX USBデバイスサーバー SX-DS-3000WAN »

2013年12月14日 (土曜日)

ローテータコントロールユニット 簡易版RTC-58頒布中

Rtc58 先日の記事「RTC-59 ローテーターコントロール用PCインターフェース」で紹介したRTC-59の弟分のRTC-58が頒布中です。
ローテーターコントロール用PCインターフェースとは、従来のローテーターコントローラー(方向表示装置付き)とPCの間に入れて、ローテーターをPC「でも」コントロールできるようにする装置です。

RTC-59の液晶パネルにはアンテナの方角が角度が表示されるのですけど、僕の場合はLogger32のローテータ方角表示で十分です。もし、ソフトが上手く動作しなくても、イザとなればローテーターのコントローラーでも方向は確認できるし、操作もできます。

RTC-59との大きな違いは液晶パネルが省略されていたり、クリエイトデザインのローテーターには対応していないことなど、詳細は「簡易版RTC-58の頒布」ページでどうぞ。
僕はYaesuの GS232Aを使っていますが、既に10年経過していていつ故障してもおかしくないし、既に生産中止です。

そんなわけでRTC-58を入手していままで使っていたPCインターフェース Yaesu GS232Aと交換し、GS-232A を予備に回しました。
RTC-58は完成品での頒布なので、組み立てる手間も不要です。それにRTC-58は小さいので、ローテーターコントローラの裏面に両面テープで固定できます。

RTC-58の設定方法はRTC-59と一緒で、ローテーターコントローラーとPCに接続、方位のキャリブレーションすればPC上のローテーターコントロールソフト(僕はLogger32)から利用できます。

YaesuのGS232Aは12V電源とPCと接続するシリアルポート、そしてローテーターコントローラーとの接続ケーブルと3本のケーブルが必要ですが、RTC-58(RTC-59も同じ)はPCと接続するUSBケーブルから電源を供給しますので、電源は不要なのもケーブルでごちゃごちゃするシャックにはケーブルが一本でも減るのは嬉しいです。

コンパクトなRTC-58は早速シャックで稼動中です。もちろん、Logger32と組み合わせて問題なく動作しています。

|

« TS-990 ファームウェアVer. 1.05 | トップページ | SILEX USBデバイスサーバー SX-DS-3000WAN »

コメント

福井さん、こんばんは
いつもROMしてます。JN3TRKです
この記事を見て即注文、即日発送、
今日の昼には動作確認完了。
方位の検出、停止精度が抜群ですね
良いものをご紹介いただき感謝します

投稿: JN3TRK | 2013年12月15日 (日曜日) 21時20分

TRKさん
こんばんわ。いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
RTC-58を入手され、無事動作まで確認できたとのこと、良かったです。
くわはらさんの設計したコントロールユニットは、方位の検出・停止精度は素晴らしいレベルだと思います。
これ以上の精度を出すためには、ローテーター本体のバックラッシュなどを減らす工夫が必要ではないかと思います。

もっとも、僕の2エレでは1度狂っても全く問題ありませんが・・・coldsweats01

投稿: JI1ANI/福井 | 2013年12月16日 (月曜日) 20時05分

このブログに書かれた後、急に頒布依頼が来て5日間でなくなってしまいました。
福井さんのBlogを見ている方が多いんですね。ビックリしています。
RTC-59は在庫15枚ですがこれも意外と早くなくなるかも知れません。
紹介ありがとうございました。

投稿: くわはら | 2013年12月18日 (水曜日) 18時39分

くわはらさん
あらら、そうでしたか。基板くんが活躍できて良かったです。
ローテーターのリモート制御には皆さん困っているのではないかと思いますし、リモート制御の前にPCコントロールができなくて困っている方はかなり多いと想像しています。
これからも、くわはらさんの無線局への制御技術の応用を楽しみにしています。

投稿: JI1ANI/福井 | 2013年12月18日 (水曜日) 19時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« TS-990 ファームウェアVer. 1.05 | トップページ | SILEX USBデバイスサーバー SX-DS-3000WAN »