« 入出力切換器の製作 | トップページ | FT5ZM 18/CW »

2014年1月26日 (日曜日)

TS-990 160m運用での違い

CQ WW 160mCWに参戦中。アンテナは昨年末の記事「160m用短縮AkiスペシャルVer.2」で紹介したものです。年末のARRL160mは生憎のコンディションで不発。アンテナの実力はわかりませんでした。
アンテナは土曜日の早朝、コンテスト前の時間にチョロッと仮設してからテストして、HA2局とQSO。他にもEuが聞こえていました。

昨晩は20JSTごろにアンテナを仮設して参加開始、今朝の07JSTにアンテナを撤収しました。途中睡眠を挟んで5時間ほど運用で約30局とナンバー交換できました。途中マクロの組み方を間違えて「599BK25」とか、恥ずかしいナンバー送信したりしていましたが、心配した暖房器具からの連続ノイズは発生しませんでした。でも、湯沸器の間欠(数分~10分)ノイズは相変わらず。湯沸器のノイズはS6程度でバンド全体「ジャ~~~~」です。

単純なバーチカル(釣り竿アンテナ)と比較して、17mの短縮Akiだと、少しノイズレベルが下がって、少し飛びが良くなる印象です。飛びが良くなるのは恐らく短縮率が下がってコイルでの損失が減るためでしょう。ノイズレベルが下がる理由は判りません。

僕の環境では160mの運用だとIC-7800とTS-990ではかなり違いを感じました。160mはTS-990の方が断然聴きやすいです。

TS-990はプリセレを入れて、270Hzのルーフィングフィルターを通してから、DSPフィルターはIFがシャープ、AFはナロー、そしてAPFを80Hzで入れて運用していました。APFやDSPフィルターの設定は適宜変更しますが、9割はこの状態。

IC-7800はプリセレを入れて、3kHzのルーフィングフィルターを通してから、DSPフィルターはIFを350Hz程度に絞って、APFは150hz程度にして運用していましたので、TS-990との違いはルーフィングフィルターの帯域幅が一番大きいのかな?

TS-990とIC-7800の聞こえ方はかなり違って、TS-990だとS/Nが高くてノイズからCWが浮いて聞こえます。IC-7800ではノイズ交じりの音のなかからCWを聴き分ける印象でした。ですから運用していて疲労感が全然違います。TS-990の方がラクチンです。

また、運用がラクチンなのはもう一つ理由があって、TS-990だと599+++のJAのスーパーステーションとか、ローカル局の影響を受けにくいのです。
1815kHzにランニング中のスーパーステーションがいるとすると、300Hzも離れると存在が気になりません。IC-7800だと500Hz程度離れないと影響を感じました。これは大きな差だと思います。IC-7800だと500Hzステップ、TS-990だと300HzステップでCW運用ができる印象です。

僕のところでは、上記の設定だとTS-990では基本的にSメーターがゼロの状態で、信号によってSメーターが触れます。IC-7800では常時S3程度ノイズでSメーターが触れている状態で、時々3-6dB程度、アッテネータを入れたりしていました。
機種によってSメーターの触れ方が違うと思うので、絶対値は判りませんけど、運用の雰囲気はご理解いただけると思います。

受信状況は周囲の環境やアンテナで変わるので難しいところですが、僕の環境だと160mはTS-990が使いやすいと感じました。人工ノイズの多めな環境だと、狭帯域のルーフィングフィルターを搭載した無線機ならTS-990と同じような傾向での聞こえ方になるのではないでしょうか。

もちろん昨年のCQ誌の記事で紹介した電源フィルターの効果も感じていますので、TS-990とIC-7800の同一条件での正確な比較ではありませんが、近接信号からの影響の受け方はノイズとは無関係ですから参考になるのではないかと思います。

P.S. TS-990は最新のファームウェアです。ファームウェアVer1.02までの990とVer. 1.03以後の990はベツモノと考えた方が良いです。
各段のゲイン配分とか、AGCとか、DSPの処理とか、無線機のキモの部分でソフト的に変更できるところは全部チューニングしたんじゃないか??という印象です。本当はVer.2.0相当だと思っています。

|

« 入出力切換器の製作 | トップページ | FT5ZM 18/CW »

コメント

 タイムリーな話でして,いわきのローカル局に連絡しますよ.

 トップバンドに力入れているローカル局が,TS-990Sの,トップバンドでの性能を気にしていたんですわ.
 今は,同様にアイコムを使っています.
 ただ,7800ではないのですけどね.
 トリオファンなので,990を薦めているのですけど,それを気にしていた次第.

 また1名,ユーザーが増えそうです.Hi
 さて,こっちは,トップバンドのアンテナを再構築するので,参考になりました.


投稿: jo7mjs/Sam | 2014年1月27日 (月曜日) 08時40分

飛んでましたね。
いや受信チェックで参加してたんですか

投稿: je4kqh | 2014年1月27日 (月曜日) 09時26分

Samさん
ここは外来ノイズが多い環境なので、郊外の静かな場所だと違った印象になるかもしれません。でもルーフィングフィルターの威力はSamさんもコンテストで経験済だと思います。バンドが広くなったような印象ですよね。

kqhさん
こんにちは。
昨年暮れにアンテナを新しくした効果を感じることができましたが、どうも他の方と聴こえ方が違うような印象を持っています。
多数の方が呼んでる局(たぶん、多数の方に強く聴こえてる)がこちらでは弱いことが目立つ反面、逆にこちらでは良く聴こえているのに誰も呼ばないでCQ連発している局が目立つように感じています。この違和感はNA方面で顕著でした。信号のQSBの山と谷が他の方とズレてるような感じかも知れませんね。

投稿: JI1ANI/福井 | 2014年1月27日 (月曜日) 12時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 入出力切換器の製作 | トップページ | FT5ZM 18/CW »