« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月28日 (金曜日)

10MHz ローパスフィルターの製作 その3

改良した10MHz LPFは40メガ付近で90dBと素晴らしい減衰です。ですが30メガを過ぎた辺りから、ノッチが入っているような感じで減衰カーブが不自然。10mhz_lpf_2_2APB-3の測定限界を超えた辺りなら理解できますけど減衰量が多すぎます。

LTspiceのシミュレーションでは40メガで73dBの減衰ですが、現物は設計よりも20dB近く減衰していることになります。
やはり、何かが起きてそう。ということは高い周波数でも「何かが起きて」てもおかしくありません。

DDS発振器の110メガの信号でIC-7000のSメーターをS9+60dBまで振らせ、LPFを入れるとS9まで落ちます。60dB程度減衰していますが、それでは35メガより減衰量が少なく何かが起きてるようです。

そこで改良版を作りました。疑いのある部品間の結合を減らすため間隔を空け、部品の下の余分なランドも削りました。
10mhz_lpf_3
基板はストリップラインで50Ωを意識して、部品を載せない状態(スルー)でケースに入れてSWRを測ると60メガまでSWR1.0でした(10cm程度ですから当然?)。
でも部品を載せて計測するとやはり30メガ以上で減衰しません。

やはり主原因は結合ではなく、グラウンドループのようです。
同軸のシールド側は、ダイキャストケースと基板のグラウンドの両方を通りますから、BNC(右側)~基板のグラウンド~ケース~BNC(右側)と、大きなループができてしまっています。

このループがLPFの高域の特性を悪くしているのは前回の改良で明白ですが、まぁ、やってみないと身に沁みない性分ですからご容赦を。つまり迷結合の影響はループに較べて小さいようです。

続きを読む "10MHz ローパスフィルターの製作 その3"

| | コメント (4)

2014年2月23日 (日曜日)

10MHz ローパスフィルターの製作 その2

10mhz_lpf 特性が良くないローパスフィルターですが、NPLさんやアンドロメダさんからいただいたコメントで気がつきました。ローパスですから、非常に高い周波数まで「阻止」する必要があるわけです。今回は100MHzまで減衰して欲しいのです。

すると浮遊容量があったり、物理的な距離が近いと簡単に結合してしまうのではないか?とイマサラながら気がつきました。

そこで写真のように基板面積をギリギリまでダイエットして計測してみると、特性が良くなります。

やはり浮遊容量や、周囲との結合が悪さしている部分が大きいようです。そこで写真の同軸部分の基板は全部カットして、フィルター部分と同軸のみにしてみました。基板は片側がコネクターにハンダ付けで支えられているだけですが、テスト的には十分です。

続きを読む "10MHz ローパスフィルターの製作 その2"

| | コメント (5)

2014年2月22日 (土曜日)

10MHz ローパスフィルターの製作

Lpfボチボチ進めています。ケースはラジオデパートの桜屋電気の小さいダイキャストケースにしました。

ご覧のようにBNCの角座がバッチリ納まります。ケースがちょっと台形なのが残念ですが、ダイキャストケースは殆どが台形なので仕方ありません。

基板は秋月のSMD基板の片面タイプにしました。薄いのでハサミで基板をカットできます。物理的な強度はありませんが、載せる部品が少ないので多分大丈夫でしょう。

プラケースだとコネクタに力が掛かった時にプラケースがコネクタごとたわんで、コネクタに直接ハンダ付けした基板に力が伝わってハンダ付け部分にクラックが入ることがありますが、今回はダイキャストケースなので、そのような心配は不要です。

10mhz_lpf 基板自体は小一時間で完成しました。
フィルター回路自体は簡単なので、SMD基板が半分以上余っています。
そこで実装部分を片側に寄せて、コネクタ直結として、反対側は距離があるので同軸で接続することにしました。

今回は、基板のグラウンドとケースの接続方法を考えるのに一番時間がかかりました。
基板のグラウンドには銅テープを使っていますので、基板よりも両側数センチほど長く貼って、基板からはみ出た部分をテープ状にしました。

銅テープをケースに接触させて、BNCコネクタの固定ビスでケースと銅テープを一緒に共締めしています。

続きを読む "10MHz ローパスフィルターの製作"

| | コメント (3)

2014年2月16日 (日曜日)

精密作業用スタンド

Photo 前から気になっていた作業用のスタンドを購入しました。チップ部品を想定してLED照明のルーペ付きにしてみました。

作りかけの基板を固定してみましたが、思ったよりもしっかりと固定できるので一安心。

でも、よくよく考えたら、僕が欲しいのは基板の「固定道具」ではなくて、配線や部品を固定する腕が欲しいのでした。

多ピンのコネクターをハンダ付けする時に、コネクタと配線とハンダと半田ごて、同時に4つを固定する必要があります。

ハンダはハンダ上げしておくことで、半田ごてのみになりますが、コネクターと配線は片手では足りません。もちろん、指を4本使って固定できなくはありませんけど、細かい動きが難しいです。

今回はスタンドを購入すると「コネクターも固定できるし・・・」と勘違いしていました。やっぱりコネクターは小型のバイスとかで固定しないとダメそうです。とりあえず使ってみることにします。

| | コメント (4)

2014年2月15日 (土曜日)

10MHz ローパスフィルターの設計

10mhz_lpf 10MHzのOCXOをAPB-3で測定するためのローパスフィルターを設計してみました。以前に中波帯を阻止するHPFを設計したのと同じ手順です。

今回はOCXOの高調波(20MHz30MHz40MHz...)を阻止することが目的なので、20MHzで-30dB程度としました。パスバンドは12MHzで-3dBとしています。

最後にLTspiceで微調整しましたが、定数を実際に使える部品の定数に調整するのが一番大変な作業ですね。

今回のローパスフィルターはスペアナでの測定用なので、扱う電力も最大で0dBmです。前回の受信用と同様に、大きめのチップ部品で作ってみます。

| | コメント (0)

2014年2月14日 (金曜日)

SU9AF 28/CW

10mのCWでWAZはZone2と34が未交信でした。今日は朝から雪模様で仕事を早めに切り上げて帰宅。
28メガをワッチするとコンディションは良好で、PSKバンドもプワァ~~~ンと多数の信号が見えています。

CWではSU9AFがスポットされており、早速ワッチしてみると519程度で聞こえます。オシ!!とか思った矢先に、100Hz程下でL・・・・ナントカ局がCQを出し始めました。こちらは569程度で強くSU9AFが聞こえません。

そこでTS990のマニュアルノッチでLナントカ局を狙うと、SU9AFがコピーできる程度まで弱くすることができました。すげ~~~~sign01
SU9AFをコールしているのは僕だけ、他にも結構な数のJAがコールしていましたが、Lナントカ局のQRMMてコピーできないのでしょう。

数回コールしてゲットしました。マニュアルノッチはノイズを消すために使うことはありましたが、今回のような本来の使い方で、他の局を出し抜いた経験は初めて。Lナントカ局が消えると、すぐに小パイルが復活していました。

| | コメント (2)

2014年2月11日 (火曜日)

6Y5WJ 28/CW

今朝はPSK31で遊んだあとJ38XXを追いかけていましたが、残念ながらCWでもRTTYでもダメでした。
その後ずっと良く聞こえている6Y5WJをコールしていましたが、目立つためか結構なオンフレパイル。

エレメントが4本以上ないと辛い感じですが、信号が弱くなって来たころにはかなり呼ぶ局も減ってきて、なんとかゲット。
JI1?で戻ってきましたが、生憎JI1は二人いて、二人でコール。自分としてはタイミング的には僕だと思っていますが、もう一人のJI1の方も同じ思いでしょう。

6Y5WJは前のサイクルでQSOしていますが、お名前はGergeさんでした。今回はJoshさん。再割り当てで別人かな?

| | コメント (0)

2014年2月 9日 (日曜日)

ランニングしてみた

Log_logger ランニングというと、雪が降ったのに物好きな・・・と誤解されそうですが、コンテストでのランニングです。

この週末はWPX RTTYです。僕はコンテストに参加しても基本的に呼び回りです。今回は2エレのHB28-50にベアフットだとどんな感じなのかのお試しランニングです。

アンテナは3階屋上に設置したHB28-50を北米向け。東北東から南にかけて障害物あり。北米西部はイマイチ。

運用結果が左側のログ。

8時過ぎ~9時過ぎまで連続運用して23Qです。運用していると「とってもヒマ」「空振り連発」なんですが、3分で1QSOですから、いつもの呼び回りよりも効率かな?

マクロも呼び回り用を使い回して効率重視のマクロではありませんが、QSOに3分もかからないので、この程度のランニングならば問題なしでした。

続きを読む "ランニングしてみた"

| | コメント (2)

2014年2月 8日 (土曜日)

LTC1144 Boost modeでのノイズ

Ltc1144 負電源用のチャージポンプ、LTC1144をブーストモードで使うと、オーディオアプリケーションにも使えそうなことが判りました。

確かにBoost modeにすると5kHzと高調波のビャ~~~って音は聞こえません。データシートでは10倍の周波数になる・・・と記載されていますので50kHz付近にお引っ越ししたハズです。

百聞は一見にしかず・・・ということで、実際にスペアナで調べてみました。
負電源ノイズを調べるのに、元の電源にノイズがあってはマズイ。

続きを読む "LTC1144 Boost modeでのノイズ"

| | コメント (0)

2014年2月 5日 (水曜日)

FT5ZM ビックリ3連発!

昨日からコンディションが良いので、今日も急いで帰宅してワッチしてみると、21メガのRTTYが結構強い。
スクリュードライバーで569です。しかもJAもピックアップしています。これはチャンス。

昨晩は世界中からのパイルアップでUP20kHzだったとか。僕も少し参加しましたが、全然ダメでした。
今日もクラスターにはUP15などとスポットされています。僕のところではコールするJAがチラホと見える以外は全く見えず。恐らく昨晩並の巨大パイルアップなのだと推測して、思い切ってUP19kHzでコール開始。

おっとsign01スクリュードライバーのチューニングが18メガのママでした。50Wも出ていません。あちゃ~。

続きを読む "FT5ZM ビックリ3連発!"

| | コメント (6)

2014年2月 4日 (火曜日)

FT5ZM 28/CW&SSB

今日は仕事がお休みでしたのでFT5ZMデーでした。さすが平日、13時~15時の間に4QSOの大漁sign03
最初に24/CW、次21/CWでしたが、21.085というRTTYバンドのど真ん中で何故かCWでした。パイレーツかもしれません。

調子にのって28/CW、最後に28/SSBでした。24メガはパイルアップも小さい感じで数分、21は出てるところが変なところですから、こちらも数回のコールでした。
28のCWも数分、28のSSBは10分程度でしょうか・・・。やはり短縮2エレとはいえ、ビームアンテナの威力は絶大です。

21と24はスクリュードライバーでしたが、平日だとかなりパイルアップが小さいので、ゲインの無いアンテナでもなんとかなるのを実感。信号は全体的に弱めでノイズレベルよりS1上くらい、もちろん強い時には589くらいですけど、そんなの10%も無い印象です。

この状態ではSSBはビームアンテナでないとキツイ感じです。28のSSBよりも18のRTTYの方が楽な印象でした。目標のCW-SSB-RTTYがQSOできました。
実は改造2エレは今回のペディで28メガでQSOするために、昨年のARRL10mからオリジナルに戻したままなんです。
そろそろHB28-50にキャパシティハットを取り付けてHB21-50に戻しますか・・・。やはり28より21の方が色々聞こえるし、平日の帰宅後も楽しめます。

| | コメント (0)

2014年2月 3日 (月曜日)

FT5ZM 18/RTTY

ゲインが無いアンテナだと、やっぱり18メガが良いみたい。信号は弱くて449~549程度で弱かったです(ノイズでS4振ってるんです)。
でも、フルコールが見えるので、この程度の文字化けで怯んではGetできませんね。

赤は僕の送信

JI1ANI JI1ANI JI1ANI
IUJI1ANI 599-599 JI1ANI K
UR 599 599 DE JI1ANI K
IWXQAFI TU FT5ZM WGBJOQQUHEE

この時は連続して105付近でピックアップしてから、フイッと107でコールしてるJAにコールバック。このステップに気づいた局がいませんように・・・と祈るような気持ちでリードに合わせてステップ踏んでみました。
勝因は小判鮫が一匹だった・・・・それに尽きます。

| | コメント (3)

2014年2月 2日 (日曜日)

TS-990 QST Product Review

QST 2月号にTS-990のレビューが掲載されました。QSTのレビューは歴史があり、参考にしている方も多いと思います。レビューする時のデータの取り方やデータの見方なども広く公開されていて、別冊CQ ham radio QEXjapan No3で日本語の解説を読むことができます。
僕の印象では、QSTのレビューは時代に合わせて変更していて、ある意味QSTレビュー向けのチャンピオンマシンを許さないような姿勢を感じています。

もう一つ有名なのは受信機評価のSherwood Engineeringでしょう。無線機も受信機能で評価されています。こちらは辛口happy01で有名です。
TS-990も、この二つのレビューが出揃って、他の無線機と比較されています。

Sherwood Engineeringの評価一覧はこちら。TS-990の詳細なレポートはこちらです。

QSTの評価一覧はこちら。TS-990の詳細なレポートはこちら(2014 Feb. ARRL会員のみに公開)です。

どちらが正しいというよりも、それぞれの定めた同一条件下で較べると・・・・という見方で楽しむと面白いと思っています。
僕の環境では、とにかく外来ノイズが多く、無線機自身のノイズフロアが低くても、実際にはかなり底上げされちゃいます。

でも、やっぱり自分が使っている無線機のポテンシャルは気になりますので、無線機が発売されるといつも両者のレビューを見比べて楽しんでいます。

続きを読む "TS-990 QST Product Review"

| | コメント (1)

2014年2月 1日 (土曜日)

FT5ZM 18/CW

15年ぶりということは、1999年からHFにカムバックした僕にとってはAll Newエンティティーです。
ドキドキしながらQRVを待っていましたが、予想した通りの怒濤のパイルアップ!!

いゃぁ久しぶりの15kHz幅のパイルアップですね。しかもぶ厚い。こりゃぁ当分出番ないわ。でもパスが良いのか、おしなべて信号が強い。
スクリュードライバーでも599とかで聞こえてきます。弱くても529とかでメーター振ります。

呼んでも無理そうだなぁ・・・と思いつつ、各バンドでの入感状況をチェックしていると、18メガはパイルが小さめ。でも599で聞こえています。
これならスクリュドライバーでもイケるかも・・・と、コールしていると程なくコールバックがありました。17mのQSOは11Z頃で、その後も聞こえる時はこの時間が良く聞こえます。

その翌日から帰宅後にワッチしても、最初の頃より信号が弱くなっています。帰宅後のハイバンドは基本的にはEuやNA向けの運用時間のようですから、アンテナがそっぽ向いてる影響でしょうね。

続きを読む "FT5ZM 18/CW"

| | コメント (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »