« ブレットボードで組むマイクアンプ その2 | トップページ | OD5PY 28/PSK31 »

2014年4月13日 (日曜日)

精密作業用スタンドが役立った

衝動的に購入した精密作業スタンドは「コネクターへのハンダ付け」に使っています。プリント基板と違って、コネクターのハンダ付けにはとっても便利です。

Photo_2 コネクタは丸いことが多いので、コロコロ転がってしまうのですが、ワニ口クリップでしっかり固定できます。

また片腕でコネクター、もう片腕で配線を固定すると、左手を糸ハンダ、右手で半田ごてというシンプルなスタイルで作業できます。

いゃぁ、これは便利です。
以前は重たい工具類でコネクタを押さえたりしてハンダ付けしました。
配線と糸ハンダは左手でコントロールしていましたが、スタンドを使うと左手が楽になります。

また、コネクタの端子に小手先を当ててもコネクターが転がる心配がないので、ハンダ付けする端子にこて先をしっかりあてて熱することができます。ハンダが綺麗に流れて仕上がりがよくなります。
ほんと、役立って良かったです。

|

« ブレットボードで組むマイクアンプ その2 | トップページ | OD5PY 28/PSK31 »

コメント

あ、なるほど・・。

先日も、10個近くコネクタに半田付けをしたのですが、
従来方式というか、ラジペンで挟んだり、上に載せたりだと、
途中で勝手に回転してしまったりで、やりにくかったです。

今度、試してみよう。

de JH1OOD Mike

投稿: Mike | 2014年4月13日 (日曜日) 22時44分

Mikeさん
写真のようなDCジャックとか、DINプラグなどならワニ口クリップで噛ませることができます。
従来方式よりも安定しているので作業が格段に楽になります。お試しください。

投稿: JI1ANI/福井 | 2014年4月13日 (日曜日) 23時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ブレットボードで組むマイクアンプ その2 | トップページ | OD5PY 28/PSK31 »