« Lenovo S10e Win7化 | トップページ | マイクアンプのスムースな利得可変 »

2014年4月29日 (火曜日)

色とりどり

That1570_2 ブレットボードに表面実装部品を載せたり、変換基板の足に使いやすいピンヘッダーですが、普通のピンヘッダーはブレットボードには太すぎます。
無理をすれば刺さらないことはありませんが、かなりキツイ。

ブレットボードには細ピンヘッダーを使うと良いです。通常のピンヘッダーよりも細くて、ブレットボードにサクサク刺さる太さです。
今回はQFN16pin→DIP16Pinの変換基板の足に細ピンヘッダーを使ってみました。

激安価格に惹かれて細ピンヘッダー色とりどりセットを購入。さっそく黄色と緑を使ってみましたが・・・・できあがりは想像以上にファンキーな雰囲気です。なんか、出てくる音が軽そう

細ピンヘッダーは普通のバネ式のICソケットには刺さりますが、丸穴ソケットには刺さりません。ご注意ください。

|

« Lenovo S10e Win7化 | トップページ | マイクアンプのスムースな利得可変 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Lenovo S10e Win7化 | トップページ | マイクアンプのスムースな利得可変 »