« LDG AT-600Proのバージョンアップ | トップページ | eQSLで交信直後にcfm »

2014年4月 6日 (日曜日)

TS-990 ファームウェアVer. 1.06

ペディション追いかけていたら先月の27日にファームウェアがアップデートされていました。以下KENWOODのファームウェアアップデートのお知らせです。

・ Ver.1.05→Ver.1.06 (2014年3月27日)
           
1. 21.5MHz~30MHzでプリアンプをオンにした時のIFゲインを変更し、Sメーターの振れを適正化しました。
(この変更による受信感度への影響はありません。)
2. TXチューニングを開始した直後、一瞬クリック音が聞こえる場合がある現象を修正しました。
3. 背面パネルの主電源スイッチで電源をONにした直後、バンドメモリーの番号が正しく表示されない場合がある不具合を修正しました。

今朝の10mは新しい1.06でワッチしていますが、Sメーターの振れの適正化ってわかりません。もちろん、受信感度らしき聞いた部分も変化なし。
ただ、Logger32のウォーターフォール画面を見ていると、ちょっと変わったようなきがしますけど、ハッキリしません。

2と3については事象の存在も気づいていませんので、よく分かりません。

|

« LDG AT-600Proのバージョンアップ | トップページ | eQSLで交信直後にcfm »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« LDG AT-600Proのバージョンアップ | トップページ | eQSLで交信直後にcfm »