« Panasonic CF-N8の強化 | トップページ | jabra EASYVOICE ブルートゥース対応ヘッドセット »

2014年9月 8日 (月曜日)

コモンモード電流

バーチカルのラジアルを建物の鉄筋に直結しているので、念のためにシャックのコンセントのところでコモンモード電流を測ってみました。

・測定点
シャックのウインドウエアコンの電源ケーブルの部屋のコンセントに近い部分。同じコンセントからコモンモードフィルター経由で無線機用やPCなどの電源を取っています。

・アース
シャックは玄関ドアに近いところで、玄関ドアの鉄枠が鉄筋に落ちています。その鉄筋から平網線(幅15mm程度)で数mシャックまで引き込みました。今回はコモンモード対策はしていません。アースは無線機やPCのアースとして接続しました。

・アンテナ
HB28-50改造の21・50の短縮2エレと、スクリュードライバーを使ったバーチカルで、ラジアルは建物の鉄筋に直結。

※バーチカルのラジアルとアースは建物の鉄筋を通じて直結、また同軸の網線側とも直流的には直結されています。もちろん、同軸ケーブルや無線機にはコモンモード対策を念入りにしてあります。

計測結果
                             アース
アンテナ    バンド    ナシ    アリ
2ele            50       0.012   0.012
2ele            21       0.016   0.017
バーチカル  14       0.092   0.100
バーチカル    7       0.136   0.138
バーチカル  3.5      0.240    0.290

※上記はテスターの表示電圧ですから、コモンモード電流は上記の1/10Aで、50メガのアースの有無を問わずコモンモード電流は1.2mAとなります。

やはりバーチカルアンテナだとアースを接続すると、コモンモードループができるので、値が大きくなりますが、それほど極端な増加ではありません。

アースを取る積極的な理由はノイズ対策以外にはありませんが、アースを使うならコモンモード対策が必要だと思いますが、しばらくはアースを使わないで様子をみることにしました。

また、鉄筋から浮いている2eleのヤギは、商用電源へのコモンモード電流が桁違いに少ないことが判ります。特に目的があって計測したのではなく、現状の記録です。

|

« Panasonic CF-N8の強化 | トップページ | jabra EASYVOICE ブルートゥース対応ヘッドセット »

コメント

自宅が明日完成で引き渡しされます。今回は雷に強い家を目指して等電位ボンディングを施工しました。鉄骨も当然ですが等電位です。アンテナ工事はこれからですが、またルーフタワーです。ルーフタワーまで等電位にするか否か悩むところです。(^^)

投稿: JP1LRT | 2014年9月14日 (日曜日) 22時25分

LRTさん
コメントが遅くなり、失礼しました。
ご新居、おめでとうございます。
新居での生活が始まって、シャックの構築中ではないかと思います。
勝手な言い分ですが、せっかくボンディングされたのであれば、ルーフタワーも等電位にしてみて、様子を見るのが良いのではないでしょうか?
ただ、ルーフタワー~マストが等電位になるということは、避雷針と同じでもあります。
でも、タワーだってアース取りますから、そういう意味では同じですね。

投稿: JI1ANI/福井 | 2014年9月16日 (火曜日) 21時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Panasonic CF-N8の強化 | トップページ | jabra EASYVOICE ブルートゥース対応ヘッドセット »