« 爆速 RAPIDモード(840 EVO) | トップページ | ダミーロードの製作 »

2014年9月15日 (月曜日)

終端抵抗

AA-600はかなり正確にSWRを計測できるので、シャックにあるダミーロードの特性を測ってみました。

MFJの缶ダミーロード
Mfj
1KWまで使え、最初はサラダオイルを入れていました。その後、トランスオイルに入れ換えました。
購入当初はもう少しSWRが良かった記憶がありますが、無線機のオートチューナーを入れて使っています。200W機でフルパワーで長時間送信音をモニターしても安心です。

M/A COM
3001403300
今年のハムフェアで購入しました。アマチュア的には2.4ギガでも使えるとのことでした。連続20Wで放熱器取り付けて50W程度とのことでした。
四角い金属ブロックをくり抜いたキャビティ構造で、テフロン同軸にNコネが付いていました。申し分のない周波数特性です。

試しにHFの200Wキャリアを入れてみましたが、2分程度で40度になりました。放熱器を取り付ければもう少し行くでしょう。

ダイヤモンド DL-30A
Dl30a_2
100W機でも10秒程度なら使えるようです(自己責任ね)。500メガまでとのことですが、430メガで重宝していました。
特性も良いのですが、耐入力が小さいのでHFで200W機の調整には使えませんね。

BNC終端抵抗
Bnccap
昨年のハムフェアで測定器用に購入した終端抵抗です。特性も良いですね。

|

« 爆速 RAPIDモード(840 EVO) | トップページ | ダミーロードの製作 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 爆速 RAPIDモード(840 EVO) | トップページ | ダミーロードの製作 »