« フルカラーQSLカード印刷 | トップページ | 160m用短縮Akiスペシャル 再調整 »

2014年10月20日 (月曜日)

VK9DLX 1.8/CW

ロード・ハウ島です。今晩は手すりを鉄骨に接続したスクリュードライバーの調整をしていました。7メガは調整済みですが、1.8メガはLマッチのコイルが足らなくなってしまったので、錫メッキ線を購入して、従来のコイルに巻き足しました。
今晩はSWRのベストポイントにマッチングコイルを調整していました。

調整後に「たまにはPSKで・・・」ということでCQCQしていましたが、当然ですが空振り・・・。
と、1832kHzでVK9LDXがスポット。聴いてみると、聞こえるじゃありませんか? 全長2.5mのスクリュードライバーです。
22とのことですから1822でx2コールしたら、一発で応答がありました。信号は409~529くらい。

それにしても、近場ではありますがイキナリ応答があってビックリしました。SWR1.02まで追い込んだアンテナの威力でしょうかsign02

|

« フルカラーQSLカード印刷 | トップページ | 160m用短縮Akiスペシャル 再調整 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フルカラーQSLカード印刷 | トップページ | 160m用短縮Akiスペシャル 再調整 »