« FedEx 鬼速! | トップページ | 空冷ダミーロードの改良 最終回 »

2014年11月23日 (日曜日)

空冷ダミーロードの改良 その5

結構良い感じに仕上がってきた自作のダミーロードですが、最後に終端型チップ抵抗のチップ面(セラミック面)をシールドしてみました。
シールドは銅テープを使い、チップ型終端抵抗を覆っただけのお手軽処理です。
Photo
肝心のSWRは望外の435MHz 1.07となり、過去最高sign03
アドバイスいただいたチップ型終端抵抗のチップ面のシールドは効果絶大sign01チップ面のシールドがチップ型終端抵抗を使った場合のキモみたいです。

SWRの計測はAA-600ですし、N型オス-オスのコネクタでダミーロードと直結して計測しているので、ほぼダミーロードの特性がそのまま計測できていると考えています。
250w_600mhz
今回はケース内で同軸を配線しているので、同軸レス構造にするのが一番だと思いますが、N型のパネルジャックタイプのコネクタを使えば、430メガでもSWR 1.1以下にはできることが判りました。

アドバイスいただいたEIJさん、水島さん、HYDさん、ありがとうございました。

|

« FedEx 鬼速! | トップページ | 空冷ダミーロードの改良 最終回 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« FedEx 鬼速! | トップページ | 空冷ダミーロードの改良 最終回 »