« 空冷ダミーロードの改良 その5 | トップページ | CQ WW DX CW コンディションはまずまずみたい・・ »

2014年11月24日 (月曜日)

空冷ダミーロードの改良 最終回

250w_600mhz_2 チップ型終端抵抗のチップ面のシールドが有効ならば、やはり給電点の同軸の芯線が露出している部分もシールドすれば・・・と類推して、銅テープで処理してみました。

写真はありませんが、前回の記事に銅テープを足した感じです。

芯線のシールドは思った通りの効果がありました。SWRは更に下がって435MHzで1.02まで下がりましたが、VHF帯ではSWR 1.04とほんの少し悪化しています。
でも、トータルではいい感じに仕上がっていると思っています。
AA-600の限界の600MHzでもSWR 1.18と、今回密かに自分の中で目標としていたSWR1.2を下回ることができて大満足です。

もともとのチップ型終端抵抗の周波数特性はギカHzまでSWRが下がっているものの、パネルジャック型コネクタや給電点の外皮ベタハンダなど、少し高周波の扱いが上手になったように感じています。

|

« 空冷ダミーロードの改良 その5 | トップページ | CQ WW DX CW コンディションはまずまずみたい・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 空冷ダミーロードの改良 その5 | トップページ | CQ WW DX CW コンディションはまずまずみたい・・ »