« CMFが抜けたSFX電源 | トップページ | ELAD SPF-08がやって来た »

2015年7月28日 (火曜日)

SilverStone SFX300W電源 ST30SF

St30sfback CMFが抜けていないSFX電源探し・・・・これは、なかなか難問です。現物見て確認できればいいのですが「すいません~ん、この電源の中にCMF入ってますか?」とかお店で質問するわけにはいきません。

そこで写真でACインレット近くにコイルがある電源という基本条件に、静かな電源という希望を加えてSFX電源の中から探したのコイツ、SilverStone SFX電源 300W SST-ST30SFです。

容量は300Wもイランのですが、まぁ、あるのは仕方ないし、余裕があるのはいいことです。
ACインレットが付いているお洒落なパンチングを通してシッカリとしたコイルが見えます。これなら大丈夫でしょう。

この電源の一番の特徴は内部温度が55度になるまで、ファンが回転しない点です。55度まではファンレスと同じで自然空冷電源として動作します。当然ながらファンの騒音はゼロです。

St30sf34righttop 週末からPCに取り付けて使っていますが、Core i5 4460で動画をエンコードして90%程度の負荷をかけても電源ファンは回転しません。

300W電源ですから連続150Wとかの負荷がないと55度まで温度が上昇しないのかもしれません。夏場でこの状態ですから、室温が下がる冬はほぼファンレス電源として動作するのではないかと想像しています。

写真の通り、とても高級感のある電源です。パンチング越しにみる部品もハンダ付けも綺麗で安心。
ケース付属の電源が部品も基盤やハンダ付けもいかにも「安物」なのに対して、一目で「高級」ってわかるのがうれしいです。

オマケ電源を見た後にST30SFをみると、錆びた中古車とピカピカのベントレーを比べるくらい違いを感じますヨ。

PCケースよりも高価な電源ですが、PCはケースがなくても動作しますが、電源がなくては動作しません。つまり電源はすべての大元で大切なのです。
だから、一番奢ってもいいのではないかと、自分で納得しています。マイクアンプやオーディオ、無線機もリニアアンプも、電気で動くものはみな同じですよね。

でね。コイツに交換したらウォーターフォールの闇が深くなったのです。ほんと、目にみえる効果がありました

|

« CMFが抜けたSFX電源 | トップページ | ELAD SPF-08がやって来た »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« CMFが抜けたSFX電源 | トップページ | ELAD SPF-08がやって来た »