« USBセルフパワー用の6.3V 7Aスイッチング電源 | トップページ | プリアンプ用電源スイッチ その1 »

2015年8月13日 (木曜日)

ELAD_FDMS2_SkimSRV.dll

Elad_skimmer ELAD FDM-S2はELADが販売しているスタンドアロンSDRトランシーバ(PCレスで使える)FDM-DUOの受信機部分相当と考えて良いようです。
ですから、専用ソフトもほぼ共通で、PTTボタンなどが付け加わっただけみたいです。

そんなこともあってMUTE(SEND)など、FDM-S2はアマチュア無線用としては使いやすいSDRなんですが、先日「新しいドライバーとか出ていないかなー」って探しに行ってビックリ。

なんと Skimmerサーバ用のドライバー類が公開されているではありませんかsign03

僕はSkimmerでもRCKskimmerでテジタルモード専門ですので、本家のCW/RTTYのSkimmerサーバーは運用していませんが、FDM-S2でSkimmerサーバーを運用する人、いるんでしょうかね??
もちろん、その方の自由ですし、同時2バンド、各384kHz帯域がとれますので、Q1SRの同時7バンド、各192kHz(実際には180ちょっとらしい)帯域には負けちゃいますが、28メガではビーコンまでフルカバーしようとすると、192ではローエッジが漏れちゃいます。

ただし、FDM-S2の受信性能はすばらしいと思うので、もしかするとQS1Rよりも良い結果を出すことができるかもしれません。

あ、もしかして・・・僕はFDM-S2の専用ソフトでの使い勝手から勝手に想像しましたがSkimmerサーバー用のドライバー類をインストールすると、同時4バンド、各192kHz帯域とかで使えたりして・・・・

どなたかご存じの方、いらっしゃいますかぁ~~~~
(自分で試せ・・って声が聴こえそうですが・・・)

|

« USBセルフパワー用の6.3V 7Aスイッチング電源 | トップページ | プリアンプ用電源スイッチ その1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« USBセルフパワー用の6.3V 7Aスイッチング電源 | トップページ | プリアンプ用電源スイッチ その1 »