« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月31日 (木曜日)

リボンマイクキットDRM-01のケーシング

Wp_20151231_07_31_54_pro_li 最近、リボンマイクを良く見かけるようになりました。リボンマイクは強力が磁石が必要で、当初は巨大な磁石を使って必要な磁力を得ていましたが、大きくて重たくなってしまうことから、ダイナミックマイクやコンデンサーマイクに取って変わられ、一時は市販品はほとんどみかけない状態にまで衰退しました。

ただ、リボンマイクはまったりしたコンデンサーマイクにも、ダイナミックマイクにもない独特の雰囲気があって、その音色には根強いファンがいました。
ネオジウム磁石という軽くて強力な磁石の登場により、小型のリボンマイクが発売されるようになりました。

音創り研究会ではリボンマイクのキットを販売しています。海外に目を向けてもリボンマイクのキットは数種類しか販売されていません。

キット化する時に僕も試作しました。ただ、手頃なケースがなくて、ダイキャストケースに入れたものの、見栄えがイマイチでした。

音創り研究会のメンバーから、DRM-01のケースになりそうなマイクが安価に販売されている・・・との情報をいただき、購入してみました。
現物併せをしてみると、多少の加工は必要ですが、なんとか収めることができました。

Wp_20151230_18_39_21_pro_li ケース用に購入したマイクはBM-800という品番で中華製のようです。コンデンサーマイク 単一指向性ショックマウント付き価格は3K弱というオドロキの低価格。

この価格で、コンデンサーマイク、ショックマウント、ウィンドガード、ケーブルのフルセットが購入できちゃいます。
別途ファンタム電源を用意すれば、普通にコンデンサーマイクとして使うことができます。

続きを読む "リボンマイクキットDRM-01のケーシング"

| | コメント (0)

2015年12月30日 (水曜日)

ラジアル無しのモービルホイップ

Ss910_435m_mast_top_naradial アンテナマストの先端に取り付けたモービルホイップ、無調整であげてしまいましたが、どうもイマイチなんです。
ロケーションかなぁ・・・とか思っていましたが、

念のためSWRをシャックで測ってみると、430はSWRがバンド内でも安定していません。
アンテナからシャックまでは同軸3本繋ぎなので、シャック側2本を外して、11mの10D-SFAのみで計測しても似たような状態です。

アンテナの不調なのか、そもそもモービル基台を単管マストに取り付けた程度ではノンラジアルと言えどもこんなモンなのかよく分かりません。

IC-7000の内蔵SWR計ではこの状態でもSWRは1.0表示されますが、さすがにSWR2近いものを1.0で表示することはないでしょう・・・とすると、故障しているっぽいですね。
アンテナ単体のSWRを測ってみたいところですが、残念ながら屋根の上ですし、故障ってのは考えにくい。

一番怪しいのが、ラジアルが無いので同軸に波が乗ってしまっている・・・ように推測しています。
やはりアルミ線とかで3本くらいラジアル取り付ければ良かったなぁ~と後悔しています。

| | コメント (8)

2015年12月29日 (火曜日)

10mm幅20m糊付き銅テープが650円

Wp_20151229_14_43_56_pro_li 年内最後になると思いますが、秋葉原に部品を買いに行きました。秋月の部品陳列がマルツ方式(?)になって二回目のお買い物。
年末で店内は混雑していましたが、店内が広くなったせいか、以前よりも人ごみは緩くなったように感じました。

お買い物を済ませて店内を眺めていると、銅テープを発見。普通の糊付きと伝導糊付きの二種類ありましたが、10mm幅の20mの糊付きが650円はお買い得。
早速屋上のアルマイト製の手摺りに張り付けて、ラジアル化するために購入。

そうそう、耐熱絶縁のカプトンテープもお安くなっていました。
ふと棚の反対側の壁をみたら、なんと、日本アルミットのKR-19が置いてあるではありませんかsign03
他にも以前は入手がちょっと面倒な部品もチラホラあって、その品揃えにヤル気を感じました。

続きを読む "10mm幅20m糊付き銅テープが650円"

| | コメント (0)

2015年12月27日 (日曜日)

144/430MHzのアンテナ

Wp_20151227_09_56_31_pro_li V/UHFのアンテナをHFのヤギの上に載せることにしましたが、なるべく軽く、小さくということでモービルホイップを取り付けることにしました。
アンテナマストは足場単管なので、手持ちの大型のモービル基台とUボルトを組み合わせ、全ネジのMコネクタに同軸とアンテナを取り付けました。

写真で分かるかもしれませんが、HFの2エレ(MA-5B)とマストはグラスファイバー製のクロスマウントを使っています。

今回、モービル基台をマストに取り付けましたが、マストからちょっと離れた2エレヤギのブームに取り付けることも可能です。

その場合、アンテナを回転すると、モービルホイップが波長に対して十分長い(1/4~1λ)距離を動くので、信号の強さに変化がでます。

この作用を積極的に利用するか、消極的(アンテナが回転の中心で、回しても相手局との距離は常に一定)にするかです。
今回は設置や同軸のとりまわしが楽なこともあって、マストへの取り付けとなりました。

取り付けたホイップは手持ちのコメット SS910です。購入時に他のアンテナと比較していますが、1m未満のホイップの中では好成績でした。

続きを読む "144/430MHzのアンテナ"

| | コメント (2)

2015年12月26日 (土曜日)

パワーアンプ接続ケーブル

Wp_20151222_23_19_50_pro_li スイフトスポーツは3way(6スピーカー)にしています。3wayを各チャネル毎にパワーアンプを接続するバイアンプで鳴らしています。
カロッツエリアのヘッドユニットDEH-970のプリアウトを6チャンネルパワーアンプに接続していますが、前回は手持ちのケーブルで接続したので1m2本と1.5m1本で接続しています。

チャンネルで長さが違うのは不味いですし、そもそも1mは長くて60cmもあれば届きます。長すぎるケーブルはノイズを拾ったりとロクなことはありません。
そこで、75cmのRCAケーブルを3本作りました。

といっても1m品を短く切って片側にRCAプラグを取り付けただけです。RCAプラグはトモカで色々な種類の中から、金属製で安価で短いものを選びました。長さが揃うことで、音に纏まりがでてくれるといいのですけど・・・・。

今はタイムアライメントで調整していますので、原理的には問題ないハズですけど、やはりケーブルの長さは揃えた方がいいと思います。

| | コメント (0)

2015年12月23日 (水曜日)

同軸引き込みボックス

Wp_20151223_22_15_55_pro_li 以前にウインドウスルーケーブルとして紹介した、同軸引き込みボックスをもう1個作りました。

前回製作したものは、スクリュードライバーとヤギアンテナの同軸引き込み用として現用しています。不具合もありませんし、サッシで挟まれる部分も劣化はないようです。

今回追加で製作したのは、ヤギアンテナのマストに144/430MHzのモービルホイップを取り付けようと考えて、もう一本同軸を通す必要があるためと、ノイズキャンセラー用に1.5C-2Vを2本通していますが、1本にして、50Ωの太めの同軸に交換するためです。

ノイズキャンセルは想像以上に奥が深く、ノイズアンテナはアンテナ以外でノイズを受信するとキャンセル効果が低くなります。
僕の使っている1.5C-2Vは25mですが、ローバンドでもそれなりに減衰があるのと、どうもシールドがスカスカの安物でして、見た目でもシールドに不安があります。

そこで、先日現役を引退した10D-FBをノイズアンテナ用に使うことにして、長さが足りない分は5D-2Vを継ぎ足すことにしました。
5D-2Vではアルミサッシを通せないので、今回の製作となったわけです。

そんなわけで、1本はテフロン同軸(144/430MHz用)で、もう一本は1.5D-2V(ノイズアンテナ用)となっています。
テフロン同軸は室内側では5D-FBで引き回しますが、1.5D-2Vはそのままノイズキャンセラーに接続する予定です。

| | コメント (0)

2015年12月20日 (日曜日)

Wavecor TS030TU02 カー用ツィーター スイフトスポーツZC32S

Wp_20151219_10_54_19_rich_li スイフトスポーツのフロントスピーカーは2Wayで、ツイーターはフロンドアのAピラー側に取り付けてあります。
場所的にはドライバーの斜め前なんですが、ツイーターの向きがほぼ横向きなため、ドライバーのフロントで音像が決まりにくい印象がありました。

まぁ、純正スピーカーじゃなぁ・・・・と思って、カロッツエリアのTS-C1720AⅡのツイーターに交換してみました。
カロのツイーターを純正と交換するためには、取り付け加工が必要ですが、今回はホットボンドでドボドボと取り付けましたcoldsweats01

ホットボンドが固まれば、純正よりもしっかりと・・・いや、二度と取り外せないくらい強固に固定できましたcoldsweats01
交換後はカロッェリアのそれなりのツイーターですから、音もそれなりに良くなりましたが、音像については相変わらず・・・。この純正のツイーターの取り付け場所でやってる限りはダメダメだなと理解しました。

ツイーターの取り付け位置としては、やはりドライバー前方のダッシュボードかAピラーあたりが良さそうです。とはいうものの、カロのツイーターは取り外せません(笑)から、外付けツイーターを物色していました。
埋め込みもスッキリして良いのですが、加工が大変だし、今回はケース付きの外付け用をAピラー根元にポン置きかな?
なんて思っていたら手頃なポン置き・埋め込み兼用のツイーターを見つけました。Wavecor TS030TU02  カー用ツィーターキット(ペア) PS-STW-082です。

続きを読む "Wavecor TS030TU02 カー用ツィーター スイフトスポーツZC32S"

| | コメント (0)

2015年12月19日 (土曜日)

Hamスティックのバーチカル

Wp_20151219_08_03_32_rich_li Hamスティック2本のRDPは悪くはありませんが、設置方法と設置場所が悪かった。強風が怖くて下ろしてしまいました。

ただ、ノイズアンテナとしては優秀でした。垂直アンテナと水平アンテナでも位相を逆にしてノイズがキャンセルできることが分かったのは大きな収穫でした。

2本のHamスティックの1本を普通に屋上の手すりにモービル基台を取り付けてバーチカルとして設置してみました。

スクリュードライバーは写真の左方向10m位のところにあります。
ノイズアンテナとして使いやすいように1/4λほど距離をとりました。
とはいっても同軸の長さ、太さ(?)がメインのスクリュードライバーとは異なるのですけど、適当な距離とするよりは、ノイズキャンセル効果がでやすいようです。

続きを読む "Hamスティックのバーチカル"

| | コメント (0)

2015年12月13日 (日曜日)

同軸交換

MA-5Bには10D-FBを接続していますが、この同軸、かれこれ10年使っています。安価な同軸でしたし、特に不具合は感じていませんが、そろそろ替え時かな?と思って交換することにしました。

以前から交換は考えていましたが、面倒で・・・・今日は雨模様ではありますが、一念発起して雨の止んだ時に交換しました。
交換した同軸は手持ちのダブルシールドの8D-SFB/SWSです。

交換自体はエイヤって頑張るだけですね。でも気力が充実しないと面倒なことは確かです。
ローテーター部分は5D-2Wにしていますが、今回は交換しませんでした。

交換後はプラシボ効果もあって(?)交換前よりも良く聴こえるような気がします。50メガで東京ビーコンを受信するとSが針一本分くらい強く受信できます。
まぁ、今日は雨ですので、建物が濡れて良く反射しますので、額面通りには受け取れませんが、以前より悪くはなっていないことは確認できましたbleah

ダブルシールドの「ノイズが少ない」のは・・・・わかりませんね。ただいつもは色々なビートが聴こえる50メガで結構静かになりましたが、雨のせいかも知れませんので、しばらく様子をみることにします。

■12月14日追記■
やはりワッチしてて、静かになった印象がありますが、スペクトラムスコープみていないと気付かないようなレベル。1dB前後じゃないかなぁ・・・。
50メガのビーコンも相変わらず過去最高のS5弱で聴こえるので、良くなったのは確か。

| | コメント (2)

2015年12月12日 (土曜日)

Hamスティック2本のRDP

Wp_20151212_12_36_21_rich_li_3 給電部を製作しましたので、モービルホイップ2本のRDP完成させてみました。

ハムスティックは2.5mありますのでホイップとしては長めですが、波長40mの7メガではかなり短縮アンテナとなります。
でも、全長1.2m程度のショートホイップと比較すれば、Hamスティックはかなりマトモなアンテナです。

本当はMA-5Bの上にバンザイであげるのがスジではあるのですが、トップヘビーのためやめた方が良いと判断して、MA-5Bの下側にしました。
本当は下向きバンザイにする予定でしたが、写真だと上向きバンザイに見えますが、ステンレスエレメントまで含めて考えると、水平ダイポールになっています。

今回はシャックからRDPの給電点までは1.5C-2Vを25m程使っています。今回のように1m上にはヤギのブーム、2.5m下には屋上・・・みたいな環境では、もっとSWRが悪化して不安定なアンテナになると想像していましたが、そんなことはありませんでした。

続きを読む "Hamスティック2本のRDP"

| | コメント (0)

2015年12月 6日 (日曜日)

E51XGI 21/RTTY

EU向けてワッチしていると、弱くRTTYの信号が聴こえました。そのまま調整してデコードするとE51IXGIでした。
アンテナを向けると569程度と、南クック諸島からの信号としては強いです。僕の場合、その方向には10階建てのマンションがありますからね。
マンション越えの信号としては強力です。マンションなければ599かな??

UP指定でした。ただ、結構呼ばれているらしくUP1では全然コールパックが無く、UP1.7で数回コールするとコールバックがありました。

| | コメント (0)

TX90IARU 18/RTTY

この週末はTARAとARRL160mと二つのコンテストがありますが、昨日両方とも10QSO程度となっています。
また、IARUの90周年記念局がとてもアクティブにQRVしていて、普段あまり聞かないバンド&モードで出てくることが多いように感じます。

TX90IARUはどうやらニューカレドニアのようです。調べるまでは本土ではないにしても、どこだかサッパリわかりませんでした。
18メガのニューカレドニアは今回のRTTYで、CW/SSB/RTTY/PSKと4モード完了(僕の場合は・・・)です。

| | コメント (0)

2015年12月 5日 (土曜日)

マストベアリングの追加

Pc052164 アンテナはアパートの屋上にあったテレビの共同試聴用アンテナマスト固定金具を使って、単管を固定、マストにワカマツのマストベアリング台とローテーター台を取り付けています。

アンテナを上げ下ろしする時には、毎回マストクランプを緩めて下ろしていました。もう一個マストベアリングを追加すれば、上部2個のマストベアリングでアンテナマストを保持して、ローテーターを外して、アンテナマスト毎下ろす・・・という方法ができます。

この方法は高所での作業も減って、安全に作業ができるようになります。アンテナ付きのマストを「エイヤッ」って持ち上げるのが大変ですが、MA-5B程度なら重量も問題ありません。

ただ、一時的とはいえ、マストを保持する2個のマストベアリングの間隔は1m近くは欲しいところです。
でも現在のアンテナマストは2mなので、2個のマストベアリングの間隔を十分取ると、アンテナの位置が下がってしまいます。

続きを読む "マストベアリングの追加"

| | コメント (0)

2015年12月 4日 (金曜日)

V63DX 1.8/CW

久しぶりのバンドNewです。前から時々聴こえていたものの、週末が多くパイルアップも厚めでした。
今日は金曜日、V63DXがCQ出すと数局がコールしますが、あとが続きません。また、信号も559と過去一番です。

22WPMで普通にコールすると、普通にコールバックがありました。やはり平日は空いてますね。これでV6のCWは1.8~50までオールバンドWKDです。

| | コメント (0)

2015年12月 2日 (水曜日)

MA-5B+6m その後

アンテナの給電点が50cmばかり高くなり、トップにモービルホイップが付いて、同軸も10mの10D-FBから12mの8D-SFBダブルシールド(特注品)に変わりましたので、SWR特性を計測してみました。
計測方法はシャック側で、上に記載事項以外は同一条件です。

20m今回
20151231_ma5b_20m
20m当初
201520m

17m今回
20151231_ma5b_17m
17m当初
201517m

15m今回
20151231_ma5b_15m
15m当初
201515m

続きを読む "MA-5B+6m その後"

| | コメント (0)

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »