« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月31日 (日曜日)

CQ WW160M CW 2016

土曜日の朝から始まっていますが、関東だと土曜日のグレーラインからスタートって感じです。
今年も全長17mの短縮逆L(Akiスペシャルのデグレード版?)で参加しています。

今年のアンテナ改善点は以下の2点。
1.ラジアル増設
  ・銅テープ20m×1本、10m×2本、屋上の手摺りに貼り付け。
  ・1.5C-2V 41m×1本、芯線と網線ショート済、12m四方の屋上をほぼ一周して設置。
2.エレメント終点高を嵩上げ
  ・昨年までは手摺りに紐で結んでいたエレメントの終端を、手摺りにポールを取り付けて、屋上から4m程高くした。昨年比で3mUP

コンテスト前で運用した感じだと、若干ノイズが増えましたが、飛びの手応えは過去最高。Sメーターが振れない信号でも応答があるようになりました(3.5-7メガ)。

ということで、期待していた本番です。
日暮れ過ぎにアンテナを展開、ワッチしてみると結構なノイズが聴こえます。夕食の準備などで給湯器ノイズも多いし、毎年20時くらいまではノイジーでDXは聴こえません。

夕食後20時を過ぎてからが僕の北米タイムsign01なんですが、ノイズが酷い。

200Hz程度に狭めたフィルターを通してS3~S0が昨年までのノイズレベルなんですが、今回は同じ状態でS5~8です。
Sメーター1目盛り3dBとして、S/Nが6dB以上悪くなっている計算になります。

続きを読む "CQ WW160M CW 2016"

| | コメント (0)

2016年1月30日 (土曜日)

中華マイク2連装

Wp_20160130_11_46_48_pro_li 中華マイクのケースだけ利用して、中身を音創り研究会のリボンマイクキットに入れ換えたBM-800 (水色 右)と、その後に購入したNW-1500(黒色 左)をマイクブームに二連装してみました。

やはりポップガードがあると雰囲気が違いますね。
左側のNW-1500はBLUEのマイクみたいな外見ですけど、こうやって上下逆につるして、実際にマイクに向かって話す時も、マイクボディが目前に迫ってこないので解放感があります。

右側のマイクのように、太いパイプの一体型だと結構圧迫感がありますねぇ・・・。

このマイク2本の購入価格は合計で7千円ちょっと。
気持ちよく使うためには改造が必要とはいえ、非常にコストパフォーマンスが良く、コンデンサーマイクの入門用(と言うには音が良すぎますけど)としては現時点ではベストでしょうね。

続きを読む "中華マイク2連装"

| | コメント (0)

2016年1月26日 (火曜日)

K5P 7/RTTY

サウスサンドイッチはカスリもしませんでしたのでK5Pを追いかけています。まだQRVしていますが、そろそろQRTですね。
今晩は7メガのRTTYでオープン戦、ときどきEUって感じです。

最初は信号が弱かったのですが、リニアを入れたのか、急に強くなってノイズキャンセラーを使っても(信号が10dB程落ちても)フルコピーできるようになりました。
UP2辺りでウロウロしていましたが、どうもQRMMのようですので、UP3辺りにQSYしてコールしていたら応答がありました。

K5PはCW4バンド、RTTY3バンド、SSB1バンド。ローバンドで5QSOと満足です。しかし、ハイバンドのコンディションは悪いですねぇ・・・・。
多少は春の兆しを感じるものの、今年の春はたいしたことなさそう・・・な予感。

| | コメント (0)

2016年1月24日 (日曜日)

モービル基台用引き込みケーブル

Nmmobilembnc50 VUのモビホに接続した同軸の引き込みですが、どうやら室内配線用の5DFBと、自作の隙間ケーブルが悪さをしていることがわかってきました。
自作の引き込みケーブルはSWRが1.6(435MHz)で、50メガ位までが実用的みたいです。Mコネに普通にハンダ付けしているし・・・まぁ、仕方ありません。

シャックへのサッシ窓引き込みは、手持ちのモービル基台用の同軸ケーブルを流用することにしました。
これまた10年前のものです。基台から1m弱は1.5D相当の細い同軸で、途中から5Dになっているケーブルです。

前回懲りたので、事前にモービル基台用の引き込みケーブルのSWRを計測してみて、だめだったら処分しようと思っていました。
計測してみると、430用にチューニングしているかのような特性ではありますが、全体的にSWRが低くてまだ使えそうです。この製品、同軸は藤倉製です。

続きを読む "モービル基台用引き込みケーブル"

| | コメント (2)

2016年1月23日 (土曜日)

K5P 3.5/CW

僕は10メガ以下はスクリュードライバー一本で運用していますが、K5Pは今さっきやっと最後まで残っていた3.5CWでQSOできて、1.8-3.5-7-10と4バンドQSOできました。

今回はエレメントを延長せずに、全長4mのままで1.8も含めてQSOできました。1.8でQSOできたのには驚きましたけどね。T2GCの時とは信号の強さがぜんぜんちがって、今回は弱かったです。

なんとな~く、昨年~先日と秋月で購入した銅テープで手摺りに貼ったラジアル(20m x1 10m x2 )が効いているように感じています。なんか、飛びが良くなった気がするんですよね。

でもK5PNA EU指定の嵐で、オープン戦で5局もやったかと思うと、すぐにNA指定です。数時間粘ったけど、呼んでる時間はわずかです。
サウスサンドイッチも聴こえれば呼びますが、聴こえるのは呼んでる局のみ・・・・聴こえなきゃできませんね~。

| | コメント (5)

Neewer NW-1500

Wp_20160123_16_43_16_pro_li 先日購入した中華マイクの素性が良いと音創り研究会のメンバー間で話題です。僕はケースのみ利用して中身は取り出してしまったので、使えません。
そこで、もう一本購入しました。

同じデザインでは面白くありませんし、ちょうど小型のマイクスタンドも欲しかったので、前回同様アマゾンで売っているNeewer NW-1500プロフェッショナルデスクトップ放送&レコードコンデンサーマイクにしました。

届いたので、分解して基板や配線を確認しましたが、xx-800やxx-700という品番で安価に販売されているコンデンサーマイクと同一のようです。

そこで、中華マイクの改造の定番である、位相変更とツェナーダイオードの抵抗化を行いましたが、いゃぁ、これはスバラシイ。
ベリンガーの安価なマイクなどとは一線を画す音質ですね。

この音なら数万円のマイクと互角の音質なんじゃないでしょうか??
残念ながら手許にはコンデンサーマイクは一本しかありませんで、比較は難しいのですけど、コンデンサーならではの声の表情も良くでているように感じました。

続きを読む "Neewer NW-1500 "

| | コメント (9)

2016年1月17日 (日曜日)

K5P 21/SSB

ウェッジ球の記事を書きながらK5Pを21メガで呼んでいましたが、1時間くらいコールしてゲットできました。
これで前回のペディのCW/RTTYに加えてSSBとやっと3モードです。

12時前から21で追いかけていましたが、午後2~3時くらいが信号が強いとのローカル局の情報通り、この時間が強いですね。
南東には10階建てのマンションがあるのですが、59で聴こえています。マンションなければ59+でしょうね。

| | コメント (0)

T10 LEDウェッジ球

Wp_20160117_12_35_06_pro_li 昨日秋月で部品を選んでいて、自動車用のLEDランプ、T10LEDウェッジ球を見つけました。写真右です。
色も色々(笑)あるようです。
わりと最近になって扱うようになったみたい。

T10ウェッジ球はポジションランプやマップランプ、ナンバー灯や室内灯など、自動車で多用されています。

ピュアホワイトを試しに数個購入して取り付けてみました。発光色もブルー系ではなく、普通の白色でいい感じです。もう少し暖色系の色だと電球色って言えるかな?

写真の左側はいままで使っていたLEDランプですが、明るさはあるものの、発光色が青みが強くて好みではありませんでした。

続きを読む "T10 LEDウェッジ球"

| | コメント (0)

2016年1月16日 (土曜日)

犯人はシャック内の同軸!?

V/UのホイップのSWRの様子が変でしたが、どうやら犯人は室内引き回しの5D-FBのようです。
実は一度あげたモビホ、下ろして入念に調整して再度載せましたが、SWRは相変わらず・・・という状態でした。

給電点から引き込んでいる新調した10D-SFAのシャック側ではご覧のようにマァマァ・・・というか、ホイップアンテナの特性がだいたい再現できています。給電点だと2mは145MHzでSWRが落ちているんですけど、高い方へシフトしちゃっていますね。
10dsfa430
10dsfa144
どうです?
それほど変な特性にはなっていませんよね。ということで、無線機側から同軸を調べていきました。
まずはシャック内を引き回している2.5mの5D-FBです。10年モノですし、安価でした。

続きを読む "犯人はシャック内の同軸!?"

| | コメント (0)

2016年1月15日 (金曜日)

K5P 7/CW

ペディが始まったのは知っていましたが、まじめにワッチしていませんでしたが、そろそろ・・・と思って、帰宅後にローバンドをウロウロ・・・

7メガで待ち伏せしていると、程なく蚊の鳴くような信号でCQ CQ・・・と聴こえてきました。ノイズキャンセラーとかフィルターとかを調整して、集中して聴くと、やはりK5Pです。QSBの谷に入るとチトキツい・・・って感じ。

UP1.6で数回コール、空振り

呼ぶ局が増えるのでヤキモキしながら、今度はUP3辺りでしばらくコール・・・

だめです。
このころには呼ぶ局も増えて、K5Pからの応答に時間がかかるようになりました。QRMMなんでしょうね。

今度はUP4辺りで500Hz程度のクリーンなスポットを発見(僕の耳では・・・ですけどね)。その真ん中でコールした途端に

?A1AN? にコールバックが・・・

続きを読む "K5P 7/CW"

| | コメント (0)

2016年1月11日 (月曜日)

GT→MT管変換ソケット

Wp_20160111_10_14_26_pro_li 真空管は大きいとは言え、技術革新で段々小型化したのは皆さんもご存じだと思います。GT管を小型化して消費電力を減らしたのがMT管です。

ただGT管は大きくて風格があり、見た目も良いと感じる方も多いようですし、音もなんとなくドッシリしているように聴こえます(これはプラシボですね)。

音創り研究会でもDMS-07GTではGT管の6SN7(双三極管)を使っています。

真空管は似たような規格のものに替えると、当然ながら音が微妙に変化しますので、真空管を差し替えて、音の違いを楽しむこともできますが、残念ながらGT管はバリエーションが少なく、MT管のように差し替えて遊ぶには、選択肢があまりありません。

そんな時に便利なのが変換ソケットです。写真はGT管→MT管の変換ソケットでGT管6SN7をMT管6DJ8(9DEタイプ)に変換します。

続きを読む "GT→MT管変換ソケット"

| | コメント (0)

2016年1月 9日 (土曜日)

マイクブームにマイク2本

Wp_20160109_22_36_01_pro_li_2 音創り研究会のリボンマイクキットDRM-01をケーシングしてから毎日使っています。最初はマイクスタンドに取り付けていましたが、キーボードを使うときに邪魔なんです。
やっぱりいつも使っているマイクブームに取り付けることにして、2本マウントに挑戦してみました。

今使っているマイクブームにマイク2本を取り付けできるし、取り付け用のバーは持っています。
以前、マイクブームにマイクを2本(ダイナミックマイクとコンデンサーマイク)取り付けましたが、マイクの重みでマイクブームがお辞儀してしまうのです。

確かに、追加したコンデンサーマイクは大型で重量級でしたが、マイクの重みでマイクブームがお辞儀してしまうと、マイクの位置が低くなって使えません。

また同じように使えないかな?

続きを読む "マイクブームにマイク2本"

| | コメント (2)

TA7DX 7/PSK31

7メガをワッチしていたら久しぶりにTAがプリントできました。CQしていたのでコールすると応答あり。
今日はEU.方面でのQRMもそれほどではないようです。

QSBの谷では文字化けするような感じでしたが、7メガでのTAはバンドニュー。しかもスタートはPSK31と2016年は中々好い感じでスタートです。

| | コメント (0)

2016年1月 2日 (土曜日)

屋根上高50cmと同軸交換の影響

昨年末にHFの2エレ、MA-5Bのマストを取り替えた結果、屋根上高が3mから3.5mへと50cm高くなりました。
また、ローテーターからシャックまでの同軸を10年使った10D-FB10mから8D-SFB/SWS(ダブルシールド特注品) 12mへ変更しました。10D-FBと8D-SFBを比較すると減衰は8D-SFBの方が少し少ないですが、UHFではありませんので50メガで差があるかないか程度ですね。

変更後は50cm高くしただけにしては50メガのビーコンも以前より強く聞こえるし、やはり同軸は定期的に交換した方がいいなと思いました。
念のためにSWRを測って、2015年春に上げた時と比較してみました。
いずれも、シャック側、コモンモードフィルター手前で計測しています。アンテナ近くではなく、同軸込みの計測値です。高さだけではなく、同軸長の影響も含んでのグラフです。

20m2015春
201520m
20m変更後
20151231_ma5b_20m

17m2015春
201517m
17m変更後
20151231_ma5b_17m

15m2015春
201515m
15m変更後
20151231_ma5b_15m

続きを読む "屋根上高50cmと同軸交換の影響"

| | コメント (0)

2016年1月 1日 (金曜日)

2016 今年も宜しくお願いします

明けましておめでとうございます。

昨年は拙い駄文におつきあいいただき、ありがとうございました。

少しでもご覧になっている方がいらっしゃる間は、僕も気の向くままに、今まで通り無線を中心として色々な記事を書きつらねていこうと思っています。

どうぞ宜しくお願いいたします。

| | コメント (8)

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »