« Neewer NW-1500 | トップページ | モービル基台用引き込みケーブル »

2016年1月23日 (土曜日)

K5P 3.5/CW

僕は10メガ以下はスクリュードライバー一本で運用していますが、K5Pは今さっきやっと最後まで残っていた3.5CWでQSOできて、1.8-3.5-7-10と4バンドQSOできました。

今回はエレメントを延長せずに、全長4mのままで1.8も含めてQSOできました。1.8でQSOできたのには驚きましたけどね。T2GCの時とは信号の強さがぜんぜんちがって、今回は弱かったです。

なんとな~く、昨年~先日と秋月で購入した銅テープで手摺りに貼ったラジアル(20m x1 10m x2 )が効いているように感じています。なんか、飛びが良くなった気がするんですよね。

でもK5PNA EU指定の嵐で、オープン戦で5局もやったかと思うと、すぐにNA指定です。数時間粘ったけど、呼んでる時間はわずかです。
サウスサンドイッチも聴こえれば呼びますが、聴こえるのは呼んでる局のみ・・・・聴こえなきゃできませんね~。

|

« Neewer NW-1500 | トップページ | モービル基台用引き込みケーブル »

コメント

福井さん、こんにちは。 Hi-Qの短いエレメントでも、1.8がそこまで飛ぶというのはあらためて驚きです。凄いですね!こちらの方もタワーの上にHi-Qを上げる準備をしています。基本的にはHi-Q-6を考えていますが、Hi-Q-5は-3dBで設計されているということで、こちらの方も若干視野に入れています。(WebページのHi-Q-5のデーターは誤記でHi-Q-4のデータだそうです。Hi-Q社からの回答です。) 転勤族のためremoteRIG経由でリモート運用したいのですが、remoteRIGの先のRIGとHi-Qの間に入るアンテナリモートコントローラ "TurboTUNER2"はHi-Q-5/6では動作せず、Hi-Q-4までしか適合していないそうです。どうやらHi-Q-5/6の過電流保護回路がその原因のようです。リモート運用を優先してHi-Q-4に甘んじるか、年に数日だけ帰省する時だけに運用する形でHI-Q-5/6にするか悩みどころです。おそらくタワーのある場所に帰省する機会は年間とおして5日あるかないかですのでちょっと悩みどころです。現在、Hi-Q社にHi-Q-5/6をTurboTUNERで使えるようにしてもらえないかという事と、Hi-Q-4の回路はそのままとしてサイズアップ版が特注出来ないかを問い合わせています。せっかく建てたタワーですので、トップにはできるだけ大きなHi-Qを上げたいものです。話は変わりますがVP8は我が家のベランダアンテナ(ATU+4メートルのアルミパイプ)では、一度だけ30mで419くらいまで振って来ましたので、記念でパイルに参加しました(笑)

投稿: 岡田 | 2016年1月27日 (水曜日) 11時18分

スクリュードライバーをリモート運用するのであれば"TurboTUNER2"のような自律調整装置が必須だと思います。
マニュアルではUP/DOWNスイッチをチョン押しして調整が必要ですが、このチョン押しをリモートで実現するのは難しいかと思います。
運用計画からすると、信頼性を重視する必要があるかと思います。私も2年ほどリモート局を設置したことがありますが、単純で自律的な構成にしてリモート制御部分を極力減らすことがポイントだと感じました。
たとえば、チューニング中にリモート回線が強制切断することを想定すると、リモート操作のチューナーではフェールセイフ回路が必要になりますが"TurboTUNER2"なら、回線が切れてもチューニングが終了してスタンバイ状態で待機しているので、何も問題はありません。
リモートチューニングですと、最悪チューニング送信中でモーター回転中に回線が切断されると、電波出っぱなしでモーターは過電流検出装置で止まるまで回転することになります。
Hi-Q-5/6でオートチューナーが使えるようになるといいですね。

投稿: JI1ANI/福井 | 2016年1月27日 (水曜日) 23時07分

今後、サイクル低迷期を迎えるにあたってローバンド~ミドルバンド重視ということを考えますと、Hi-Q-4よりはHi-Q-6がベスト、最低でもHi-Q-5だろうと考えています。おっしゃるとおり回線切断等の不具合発生時を想定した構築をしなければならないと強く感じている次第です。

メインの相棒、FTDX5000は転居先ごとに持ち歩き、リモートはIC7100>>>remoteRIG(ITT-1)>>>TurboTUNER2>>>Hi-Qというセットアップを考えています。これならばかなりシンプルで信頼性も高いと考えています。このフローの最終段であるHi-QがHi-Q-5/6になれば言う事はありませんね(^^) やはり福井さんのところのHi-Q-6のローバンドでの動作状況を伺うと、できることならHi-Q-4には落ち着きたくないのが本音です(笑)

投稿: 岡田 | 2016年1月29日 (金曜日) 11時05分

岡田さん
なるほど。確かに3.5や1.8では6と4では飛びの差をハッキリ感じるレベルの差があると思います。
6でターボチューナーが動作すればいいのですけどね。

投稿: JI1ANI/福井 | 2016年1月31日 (日曜日) 00時29分

福井さんのHi-Q-6での運用実績からは、まだ使っていない私にも6と4の差がハッキリと伝わってきます。やはり6でしょうね。まずはHi-Q社からの回答を待ってみたいと思います。

投稿: 岡田 | 2016年1月31日 (日曜日) 08時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Neewer NW-1500 | トップページ | モービル基台用引き込みケーブル »