« NEUTRIK NC3FRX-B キャノンL型コネクター | トップページ | MFJ-1106 DCディストリビューター »

2016年2月 7日 (日曜日)

NEEWR NW-1500 ソースフォロワー改造

アマゾンで販売されているNeewer NW-1500 は素性が良く、ちょっとした改造で、素晴らしい音を聞かせてくれます。といっても音は見えませんので、音創り研究会のメンバーが改造した結果を録音してYouTubeで公開されています。


なんと、放送用として名高いC38Bに迫る鳴りっぷりです。これを聴いたらソースフォロワー改造までしたくなりました。
改造については「Amazonの超激安コンデンサマイクが高級機に変身する改造(第3編)」に詳しく解説されています。

幸い抵抗は手持ちがありますので、すぐに改造に取りかかりました。FETの足(ソース)を1本だけ浮かせるのは困難でしたので、はんだシュッ太郎 でFETを取り外してから、ソースの足を曲げて、再度取り付けました。

Wp_20160207_14_46_31_rich 回路はこちらにあります。

ご覧のように、取り付けた抵抗は1/4Wですが、チップ部品と比べるとデカイことデカイこと。基板に載せてランドにハンダ付けするのが大変でした。

オリジナルの回路では2.2kの抵抗はドレインには入っていますので、ソース側に一本追加すればいいのですが、ソースとドレイン両方の抵抗値がぴったり同一の方が良さそうだったので、1/4Wに統一しました。

ツェナーの代替として5.6kΩが指定されていますが、手持ちの部品の関係で5.1kΩとなっています。はFETの足さえ処理できれば、あとは比較的簡単な改造でC38Bに変身しちゃうのですから、中華マイクは面白い。

Neewer NW-1500は買いですね。カップリングコンデンサも交換するつもりです。

|

« NEUTRIK NC3FRX-B キャノンL型コネクター | トップページ | MFJ-1106 DCディストリビューター »

コメント

水村さんから聞き、私も仕入れました。
私はリモート運用だけのため、PCにマイクを直結なのでFETのドレンから直接に取り出したいと思います。
基板を見て回路図を起こそうかと思っていたら回路図があり助かりました。くわ

投稿: JA4BUA | 2016年3月22日 (火曜日) 08時51分

BUAさん
コメントに気付くのが遅くなりました。コメントありがとうございます。
なるほど、リモート運用だとAF信号を低いレベルでそのまま取り出して事足りますから、その考え方はアリですね。
僕はラインレベルにしてからA/D変換して・・・って頭が固定化していました。不必要に増幅して歪み増やす必要はありませんね。なるほどぉ~。

投稿: JI1ani/福井 | 2016年3月29日 (火曜日) 01時08分

福井さん 相変わらずご活躍ですね。
VP8S,VKOEK,FT4JAが終わり、一息です。
BM800のマイクUnitとケーブルコネクタ間をFET(2SK596)だけにして、PCのマイク入力に接続して見ました。(Mic-Gate直結、S-コネクタ直結、GND接続)オリジナルだと音量不足でしたが、これでPCのマイクブースト20dBで適度の音量になりました。
内蔵の生基板に2SK596だけ付けて、マイクとコネクタを繋ぐだけ、部品の載っている基板は引退です。
歯切れが良い、すっきりした音で、音の抜けも良いので、DX用に使います。くわ

投稿: JA4BUA/くわ | 2016年4月13日 (水曜日) 13時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« NEUTRIK NC3FRX-B キャノンL型コネクター | トップページ | MFJ-1106 DCディストリビューター »