« 6Y4K 7/RTTY | トップページ | ノイズアンテナ Hi-Q-4/80 RT »

2016年2月20日 (土曜日)

中華マイク BM-800の抵抗交換

Wp_20160220_00_43_57_pro_li

改造した中華マイクは音質的にもプロ向けのマイクにも劣りません。暫く品切れでしたが、コンデンサーマイク の在庫が復活したようです。

見た目と価格と品番が同じだから、中身は一緒といえないのが中華マイクの恐ろしいところです。購入される方は自己責任でお願いします。

ShinさんのPA工作室」で紹介されている中華マイクの改造方法で改造したマイクの音質を更に音質させる方法として部品の交換があります。

抵抗で音が変わるのはマイクアンプで経験済。高精度の抵抗に交換すると、基本的には音の情報量が増えます。理由はよく分かりませんが、高精度抵抗の抵抗体は純度が高いのでしょうかね?

中華マイクの基板をみて、最初に抵抗が気になりました。チップ抵抗は、外見を見ただけではブランドや種別を判断できませんが、どうも、安価な厚膜抵抗みたいです。

そこでセオリー通りに抵抗をVISHAYのMCT高精度薄膜抵抗に交換してみることにしました。MCTシリーズでは種類が不足しましたので、MCTで足らない抵抗値はMELF形金属皮膜抵抗MMAシリーズにしてみました。

MELF形とは円筒形で筒型ヒューズをチップにした感じの抵抗です。円筒形のブランク材に金属皮膜を被せた構造で、どうやら抵抗の大きさに比例して、金属皮膜も薄くなっているようです。
薄い金属膜→金属箔と類似しているわけで、チップ抵抗の中では音質的に期待できる抵抗です。ただMELFは円筒形なので、机の上をコロコロと転がって行方不明になったり、基板の上でもコロコロと扱いづらいのが難点。

僕はマイクアンプでこのVISHAYのMELF形抵抗MMAシリーズを試してみましたが、所謂オーディオ用の抵抗(1/4W)との比較でかなり良い印象がありました。金属皮膜系特有の透明感があって、音の鮮度(ツブツブ?)がとても細かいのです。

今回MCTを初めて使いましたが、MELF形に近い音の良さを感じました。全部を交換しなくても、音の通り道の抵抗だけ交換しても変化が感じられるのではないかと思いますヨ。
VISHYのMCTやMMA抵抗なら、普通の厚膜チップ抵抗と比較すれば、十分透明感のある音になります。
きっと他のメーカーのチップ抵抗でも探せば音質の良いものがみつかるでしょうね。

で、結果ですが、交換は大成功で、音質は更にアップしました。

僕の中華マイクは自分ではC38Bを超えていると思っています。まだ最初の出音ですけど、エージングが進めばエッジが取れるでしょうし、低域も少し伸びそうな雰囲気です。もし、そうなれば本当にC38Bを超えちゃいますから、桁違いどころではなく、二桁違いのマイクと戦えますよ。

大げさだって?いや、僕、この記事を書く前にもう2本、このコンデンサーマイクを追加購入しました。
ホント、改造後の音を聴いたらみんな追加購入すると思うけどなぁ。もちろん、何がいい音かは好みもありますので、僕の場合は・・・ですけどね。

|

« 6Y4K 7/RTTY | トップページ | ノイズアンテナ Hi-Q-4/80 RT »

コメント

福井さん、カーボン抵抗に比べ金皮抵抗はノイズが少ないので、私の自作マイクプリは全て金皮を使っています。
仕事柄色々なサイズのチップ部品を扱っていますが、抵抗は兎も角コンデンサに音響用と言うのを見たことがありません。制御系の部品ばかりなので知らないだけかもしれませんが、ご存知でしたら教えてください。

投稿: JH2AHZ/池田 | 2016年2月20日 (土曜日) 21時15分

池田さん
チップ部品で音響用というのは聞いたことがありませんが、オーディオ系で音質が良いと言われているチップコンはパナソニックのECPUとECHUですね。
抵抗はVISHAYの金属箔でしょう。但し1個の価格がリール価格かと勘違いするほど高価で、ダイヤモンド並(笑)です。
今回も使おうかと思いましたが、チップ抵抗1個で中華マイクが4本購入できるので、さすがにやめました。
ノイズ面では確かススムのチップ抵抗でエラク低ノイズのシリーズがあったような・・・

投稿: JI1ANI/福井 | 2016年2月20日 (土曜日) 23時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 6Y4K 7/RTTY | トップページ | ノイズアンテナ Hi-Q-4/80 RT »