« 5V7D 14/CW | トップページ | VK0EK 7/CW »

2016年4月 2日 (土曜日)

TelePost LP-100A

Wp_20160402_22_32_51_pro_li

信頼できる通過形SWR計でリモートセンス可能、しかもPCでのリアルタイム表示(リモート制御・・・かな?)ってSWR計を探していましたが、どうやら条件を満たすSWR計は少なくて、選択の幅はありません。

僕が選んだのはTelePost Inc.のLP-100Aです。2つのセンサーを接続できて、どちらかのアンテナで送信すると自動的に送信中のアンテナのSWRを表示することができて便利です。
つまり、アンテナ2本のSWRを一台で監視できます。

僕みたいに、ローバンドとハイバンドのアンテナ2本の場合にピッタリ。いちいち切り換える必要がありません。

SWRはピーク、アベレージ、TUNE用と3種類から選べますが、やはりピークが便利です。
SWRの他にもベクターモード(ソフトを使うとアンテナアナライザーと同等)、dBm表示、dBm表示の電界強度計、ピークとアベレージレシオ表示ができる便利なSWR計です。

僕の場合、ローバンドはスクリュードライバーを使っていて、同調周波数が可変できるので、SWRの監視は重要でして、もちろん、チューニングも使います。
トランシーバー内蔵のSWR計は目安にはなりますが、誤差が大きくて細かいところはわかりません。

Lp100a_vcp

今回はLP-100Aをアンテナと無線機の間に入れて、アンテナのSWRを常に監視するのが目的です。
無線機のSWR計は無線機のオートチューナーを入れると常にSWR1になってしまって、アンテナのSWRを直視できません。

どこのシャックでも同軸ケーブルは棚の後ろとか手の届きにくい場所に配線すると思います。

そこに通過形のSWR計を入れても良く見えません。ですから、センサーと表示する本体が分離しているタイプが便利です。

LP-100Aは更にRS-232CでPCと接続すると、最短50msごとにサンプリングしたSWR等の情報をPC画面に表示できます。

これがなかなか便利で、PCの画面をみていればアチコチみなくても済みます。特に画面を注視してトランシーバーとか全然見ないデジタルモード時に有効です。

ソフトがあるのでリモート局にピッタリですね。最近の気の利いた周辺機器はみなリモート制御に対応しています。

|

« 5V7D 14/CW | トップページ | VK0EK 7/CW »

コメント

福井さん、初めまして。いつも参考にさせて頂いています。
私も、ずっと欲しかったLP-100Aをとうとう買ってしまいました。
ちょうど昨日、届いたところです。これ、やはり良いですね。
ところで、Larryさんから届いたInvoiceに、どういう訳か
福井さんのメールアドレスが印刷してあり、びっくりしました。
これからもよろしくお願いします。

投稿: JR2QVA/大野 | 2016年4月 3日 (日曜日) 22時40分

大野さん
invoice間違って2通作成したみたいですね。私のは私宛になっていましたヨ。
日本からの注文はそれほど多く無さそうですからね。

いいですよね。コレ。誤差が少ないし、色々できるし、PCにも表示できるので、とても使いやすいです。
ステーションモニターに成長したLP-500を待ってもいいかな?と思いましたが、そこまでの機能は不要に思えてシンプル(?)なLP-100Aにしうました。

投稿: JI1ANI/福井 | 2016年4月 4日 (月曜日) 05時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 5V7D 14/CW | トップページ | VK0EK 7/CW »